ピクシブ百科事典

怪獣娘(黒)〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜

かいじゅうがーるずぶらっくうるとらかいじゅうぎじんかけいかく

ウルトラシリーズのアニメ作品の新作で、2016年および2018年に配信・放送された『怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』の劇場版。ウルトラシリーズのアニメ作品としては久々の映画作品でもある。
目次[非表示]

概要

2018年3月24日に開催された「AnimeJapan(アニメジャパン) 2018」のポニーキャニオンブースにおけるイベントおよび、同日に公式HPにて突如発表された『ウルトラ怪獣擬人化計画』の新作アニメーション作品。

この時は「新作アニメーション制作決定! 新たなる侵略が始まる…!」というキャッチコピーと、メインビジュアルに擬人化されたブラック指令およびペガッサ星人シルバーブルーメノーバの原型シルエットが映し出されていること以外は(展開時期も含めて)一切の詳細が明かされず、ファンの間では大きな話題を呼んだ。
『怪獣娘』と絵柄が大きく変わっており、キャラクターがデフォルメされていない等身で描かれている点も大きな特徴であり、これまでとは全く異なった雰囲気の作品になるのではないかという憶測もある。

アニメ怪獣娘2期のラストを台無しにしてみた


ただし、『怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』第2期の最終回において、ブラック指令が登場し、怪しげな笑みを浮かべているシーンが挿入され、「to be continued…」というテロップが表示されていた事から、少なくとも設定・世界観は『怪獣娘』に準拠したものになると思われる

タイトルに「黒」という言葉が用いられていること、キャッチコピーに「侵略」というフレーズが使われていること、『怪獣娘』2期最終話における演出などから、悪役の動向をメインとした作品になるのではないかという憶測もあるが、果たして…?

その後、2018年6月17日開催の『怪獣娘’s FES Ⅱ』に併せて2つ目のキービジュアルと共に詳細が発表され、本作がテレビアニメではなく劇場版アニメであること2018年11月23日から特定の映画館にて期間限定上映されることが発表された。

登場キャラクター

現時点でキービジュアルに描かれている者のみ。太字は新キャラクター。


※ キービジュアルの背後に、擬人化されていないガタノゾーアのシルエットも描かれている。

余談

最初のキービジュアルに描かれているキャラクターは、全員爆天童氏がリデザインを手がけたという共通点がある。

いろいろ落書き


また、ブラック指令・ノーバ・シルバーブルーメの3名は漫画『ギャラクシー☆デイズ』の番外編にて、いつの日か漫画若しくはアニメ出演のオファーが来ることを願いながら様々な販促活動を行っていたのだがが、今回アニメへの出演が決定したことで遂にその大願を成就したことになる

ウルトラシリーズのアニメ映画が制作されるのはかなり久々のことであり、(短編作品の『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』を除けば)1999年公開の『ウルトラマン M78劇場 Love & Peace』以来、およそ19年ぶりとなる。
また、本作は21世紀最初のウルトラシリーズのアニメ映画ということにもなる。

関連項目

ウルトラシリーズ ウルトラ怪獣 ウルトラ怪獣擬人化計画 アニトラマン 劇場版ウルトラマン
アスキー・メディアワークス 電撃G'sマガジン

ブラックスター 円盤生物

ウルトラマンR/B - ほぼ同時期に展開される本編シリーズ作品
SSSS.GRIDMANULTRAMAN - ほぼ同時期に展開される(と思われる)円谷プロ原作のアニメ作品

pixivに投稿された作品 pixivで「怪獣娘(黒)〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5405

コメント