ピクシブ百科事典

モゲドン

もげどん

モゲドンとは『ウルトラマンダイナ』に登場する怪獣。 なお、ここでは同話に登場するチャダビン星人についても解説する。
目次[非表示]

データ

登場作品『ウルトラマンダイナ
第48話「ンダモシテX」登場

別名:地底怪獣
身長:55メートル
体重:5万トン
出身地:多摩丘陵の地底

概要

多摩丘陵の地下に生息していた大人しい性格の地底怪獣
頭頂部からの両脇あたりにがあるように見えるが、それはデゴイで、本当の目は頭部にある小さな赤い部分である。

ある日、ふとしたことからチャダビン星人が持ち込んだ惑星破壊爆弾『ンダモシテX』を誤って飲み込んでしまい、それが喉に詰まって取れなくなっために、興奮して彼が務める花火工場の倉庫付近に現れ、暴れ出してしまった(前にもこんなヤツがいたような…)。

地中を素早く掘り進み、複数の穴をほってモグラ叩きのモグラの如く素早く移動するのが得意で、猫だましの様なフェイントに弱い。

その暴走っぷりは凄まじくガッツイーグルの放った電磁ネットを難なく振り払ってしまった程のものであったが、ダイナと戦っている間に、『ンダモシテX』をハヤテ隊長とチャダビン星人に無事に取り除いてもらい、星人から事情を聴いたダイナによって猫だましで怯んだ隙に、宇宙へと連れていかれ、新たな新天地へと旅立っていった。

ウルトラ怪獣擬人化計画

センシティブな作品


『ウルトラマンダイナ』のBlu-rayコンプリートボックスの発売と連動した企画として、ガラオンと共に発表された。デザイン担当は、漫画版の執筆も担当している爆天童氏。

見た目は、モゲドンの被り物をしているお姉さんといったところ。
大人しい怪獣だったためなのか、それほど攻撃的な印象を与えないデザインになっている。

アニメ版

本編には未登場だが、前日単である小説『始まりの物語』では、モゲドンのカイジュウソウルを受け継いだ少女:下舘マドカとして登場する。
GIRLSの隊員の1人で、自慢の掘削能力を用いて豪雨災害に見舞われていた地域で救助活動を行っていたが、悪化し続ける天候には敵わず、遂には自らも孤立・遭難してしまう(その後詳細な描写はなかったが、救援に駆け付けた別動隊により被災者と共に辛くも救助されたらしいことが語られている)。

劇場版ではノイズラーザンドリアスのバンド活動にモゲドンの怪獣娘が参加している様子が確認できる(小説版に登場した下舘マドカかは不明)。ちなみに、ポジションはドラム
ちなみに、モゲドンが選ばれたのはキャラクターデザインを手がけたこまごま氏の好みによるもの。ただ、同氏は、「ベースを弾いているメカギラスを『80』つながりで出したので、ドラムをホーにして『80』の怪獣で統一したかった」とも述べている(作業中はまだホーが擬人化されるとは知らなかったらしい)。

もしもホーの発表がもう少し早ければ、モゲドンの映画出演はなかったかもしれない。
若しくは、今後続編が制作された際にはドラムのポジションにホーが就いており、モゲドンはいなくなっているということも考えられる。

チャダビン星人

変心宇宙人 チャダビン星人


データ

登場作品『ウルトラマンダイナ
第48話『ンダモシテX』登場

別名:変心宇宙人
身長:180センチメートル
体重:100キログラム
出身地:チャダビン星
CV(星人時代)遠藤守哉
演(人間体、ムサシ・ホウサク)赤井英和

概要

多数存在する侵略を企てる宇宙人の中でも惑星を爆弾を使って跡形も無く、破壊し回っていることから「銀河系で3本の指に入るほどの凶悪な宇宙人」としてその名を轟かせた宇宙人…なのだが、地球に侵入してきたチャダビン星人は、ドジでおっちょこちょいで尚且つ、人が良すぎるくらいのお人好しであるため、とてもそうは見えない。
結論をいうととっても良い人

それもそのはず、地球へとやって来た人物は、そのお人好しの性格を上層部のお偉いさん方に利用され、惑星破壊兵器『ンダモシテX』の実験を生命が存在しないと聞かされた地球で行なおうと上層部連中に騙されてやってきた人物であった…(しかも彼は自分たちのことをただの実験好きと信じ切って以下模様…)。

透視能力のほか、他の知的生命体へと変身する能力を持っており、また、彼の搭乗する宇宙船には機密保持機能が備わっており、チャダビン星人以外の知的生命体が触れると自爆する機能が備わっている。

実験を行おうとした際、偶然居合わせた、居ない筈(と思い込んでいた)地球人の男性の花火工場職員「ムサシ・ホウサク」と出会ってしまい、その時、事故で彼を死なせてしまったため自責の念に駆られ、罪滅ぼしとして彼に成り変わって彼の家族と共に地球で生活をしていた。

しかし、『ンダモシテX』を飲み込んでしまった怪獣モゲドンが出現したため、死なせてしまった地球人(ムサシ)と長年共に暮らす内に愛してしまった家族のために、彼らを長い間追い続けていたハヤテ隊長と共にそれの除去に挑む(そんな物騒なものを何故そのままにしていたのかというと、彼の性格上、うっかり処分するのを忘れていたものと推測される)。

事前に上層部から『ンダモシテX』の解除方法を教えられていたが、ハヤテ隊長に「上層部に捨て駒にされているのではないか」と指摘された事から(まさかとは思いつつも)、今までの状況証拠から心変わりし、教わっていたのとは別の解除方法を試し見事に成功‼

その後、ダイナに怪獣が本当は大人しい怪獣で、暴れていたのも『ンダモシテX』が喉に詰まった為、興奮しいただけだと伝え、怪獣の命までをも救った(本当に良い人、いや宇宙人だ)。

ちなみに、これらの行動により、勤めている花火会社の倉庫を守ったとして、スミダガワ会社社長直々に三階級特進を言い渡された彼は部長へと出世したのだった。

そして、事件解決後も地球人ムサシ・ホウサクとして家族や工場の人たちと共に幸せ元気いっぱいな幸せな日々を送っている模様。

なお、太陽系には彼以外に同僚が2名やって来ていたがハヤテ隊長により射殺されている。

また、本人は気づいてはいないが、ムサシの妻『ヒサコ』は彼の正体にうすうす感づいているようだ。

余談

デザインはコミカルさの中に不気味さを加えている。

京本政樹による原案では『赤井英和が演じる月面基地の隊長と京本が演じるハヤテが、2人で協力して宇宙人と戦う』という内容であり、これを元にプロットも決定していた。しかし赤井の役が立っていないとの意見もあり、脚本を担当した右田昌万はシナリオ提出の段階で内容を変更した。

モゲドンの準備稿での名称は「モグレガー」

チャダビン星人を演じた赤井秀和氏は、後に映画『ウルトラマンコスモスTHE_FIRST_CONTACT』で春野ムサシの義理の父親である春野勇次郎を演じている。また、声を演じた遠藤守哉は『コスモス』のギギの声を演じている。

当初は「ダイナに倒されて大爆発を起こし、破片が花火工場の屋根に落ちる」という展開だったが、「地中を掘るのが好きな怪獣なのだから、『いつまでも掘り続けて良い星』にダイナが連れて行ったことにするのはどうか」という武上純希のアイデアにより完成作品の展開になった。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

ウルトラマンダイナ うるとらまんだいな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モゲドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29505

コメント