ピクシブ百科事典

ブラックスターズ

ぶらっくすたーず

「ブラックスターズ」とは、アニメ『怪獣娘(黒)~ウルトラ怪獣擬人化計画~』に登場する悪の組織である。
目次[非表示]

概要

その名の通り、原典『ウルトラマンレオ』に登場したブラックスター出身の怪獣たち(の魂を受け継いだ怪獣娘)を中心に構成される、世界征服を企む悪の組織

ウルトラシリーズでは、これまでにも首魁宇宙人怪獣たちを従えて構成される組織(ヤプール一味や、ベリアル軍グア軍団等)が数多く登場してきたが、どちらかといえばその実態は軍事組織に近く、等身大ヒーローもののような“悪の組織”と銘打って行動する秘密結社的な組織はこれまで殆ど登場してこなかった。それだけにシリーズ全体を見ても極めて異色の悪人集団と言え、等身大のキャラクターたちが活躍する本作だからこそ登場させることのできた要素であるとも言える。

とはいえ、現段階で公開されているPV等を見る限りでは、拠点がアパートの一室だったり、現時点で所属しているメンバーが(リーダーも含めて)4人しかいない小規模集団だったりと、一般的にイメージされる悪の組織とはほど遠く、その実態は“悪の組織”というよりかはストリートギャングに近いものがある。
それでも、メンバー全員が常人離れした身体能力を持つ怪獣娘であることから、一般人が相手どるには非常に厄介極まりない存在であることに間違いはないとは思われる。

メンバー

サツキ以外は、人間として暮らしている時の本名は現時点では公開されておらず不明となっている(悪人である以上自分の身元を明かさないのはある意味当然とも考えられるが…)。

ブラック指令
声 - 新田ひより

ブラック指令ちゃん(アニメ版)


ブラックスターズの首領格。
自己中心的かつ自信過剰な性格の持ち主で、配下の怪獣娘たちを率いて地球侵略を企み暗躍している(怪獣娘の持つ能力を悪用していることが明言されたのは何気に彼女が初である)。
また、超能力の持ち主でもあり、手にした水晶玉も駆使して様々な能力を発現するという。
カイジュウソウルに目覚めて途方に暮れていたペガッサ星人こと平賀サツキにも接触するようだが…。

BLACK STARS


また、『怪獣娘』2期最終話のクライマックスにて、先行登場と言う形でサプライズ出演しており人間態から怪獣娘の姿に変身しながら不敵な笑みを浮かべていた(登場シーンは原典の『レオ』で初登場したシーンへのオマージュとなっている)。

アニメ怪獣娘2期のラストを台無しにしてみた


ちなみに、人間態は長い黒髪ポニーテールに結わえたスーツ姿の女性。

シルバーブルーメ
声 - 高橋未奈美

シルバーブルーメちゃん


ブラックスターズのムードメーカー的存在(演じる高橋曰く“クレイジーガール”)。
一応ブラック指令の部下という立ち位置ではあるが、本人は地球の侵略には全く興味がなく、常にSNSで面白そうなことを探しているという、良くも悪くも今時の女の子として描かれている(ブラック指令の仲間になったのも、単に面白そうだからと言う安直な理由で参加しただけの可能性が高い)。
その一方で、腕からは何でも溶かす溶解液を発射できるなど、戦闘力も決して侮れないものを持っている。
また、原作『レオ』での展開を反映してか、本作の彼女は底抜けの食欲を持つ食いしん坊キャラのようである。

ノーバ
声 - 石原夏織

twitter8月 怪獣娘


ブラックスターズの切り込み隊長。
本人曰く、趣味はゲーム(実際、PV等でもゲームに勤しんでいるシーンが多い)で、特技は暗殺人を狂わせるガスを出すこと。

その経歴や素性に関しては不明な点が多く、スカウトしたブラック指令ですらよく知らないことも多いらしい。かつては凄腕の暗殺者だったとも、某国の特殊部隊に所属していたとも、ただのゲーマーとも噂される。

なお、『怪獣娘』の小説版である「始まりの物語」にもGIRLSの戦闘部隊に所属するノーバが登場しているが、同一人物かは不明。現段階では素性も経歴もはっきりわかっていないため、今のところはどちらとも解釈できると言えるだろう。
果たして、劇場版本編でこの辺りが掘り下げられることはあるのだろうか…。

平賀サツキペガッサ星人
声 - 八木侑紀

ペガッサさん


ブラックスターズの新メンバー。
元々はごく普通の女子高生であったが、ある日何らかの理由でペガッサ星人の力に覚醒してしまう。
その際、意図せず発生させてしまった『ダーク・ゾーン』に吸い込まれかけていた所を、ブラック指令たちに助けられた(直後に誘拐されてしまうが)ことで、彼女の運命が大きく動き出すことになる。

性格は大人しく真面目な委員長タイプであり、周りに流されやすい一方で、真面目すぎるために融通がきかないところもあるとのこと(これは漫画『ギャラクシー☆デイズ』に登場するペガッサ星人に近いキャラクター設定である)。
また、前述のように、周囲のものを闇の空間へ引きずり込むダーク・ゾーンを発生させられるが、それが結果としてあるとてつもない大物を呼び寄せる事になってしまい……。

なお、小説版に登場する沢中イズミとは別人である(また、このことから全くの赤の他人であっても同じ怪獣の魂が宿るケースがあるということが明らかになったことになる)。

余談


関連項目

ウルトラ怪獣擬人化計画 怪獣娘(黒)〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜
ブラックスター 円盤生物

トリオ三馬鹿 四馬鹿 憎めない悪役

三悪 ムコニャ - 似たような立ち位置の人たち

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックスターズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2635

コメント