ピクシブ百科事典

俺の後ろに立つな

おれのうしろにたつな

←立つとこうなります。
目次[非表示]

概要

劇画『ゴルゴ13』の主人公・ゴルゴ13ことデューク・東郷のクセ(?)。

闇社会でも一流の狙撃手であるゴルゴ13は、厳めしい風体とは逆に臆病とさえ言えるほどに慎重な人間である。しかしその臆病さゆえに、細心の注意の下に不可能な依頼さえ成し遂げてしまう。当人もこの性格は自認している。

なので彼は(後述する例外を除けば)絶対に他人に背後を取らせない
彼にとって『自分の死角となる背後を取られる=』だからである。饒舌だった初期には「後ろに立たれるだけでも嫌」と認めている。

もし他人が背後に近づいた場合には、敵はもちろん、依頼人だろうと問答無用で殴り飛ばす
その威力については、普段からステゴロでも凄まじい強さを発揮する彼の実力から推して知るべし。
また、室内で依頼人からの話を聞くときなどに、ゴルゴが決まって壁を背にしているのもこれが理由である。
しかもこれを記念すべき第一話で早速披露した。というか初登場シーンが一夜を共にした美女を、この癖のせいでぶん殴ってしまうというものであった。

これはもはやほぼ無意識で行ってしまう条件反射のレベルにまで高められた行動であり、殴ってから敵ではないと気づくこともしばしばで、寧ろこの癖をうっかり発動させたせいで傷害・暴行罪で警察に捕まったり、敵に利用されて危機に陥ることもあった。
ただ、列に並んでいるなどの理由で止むを得ず後ろに人が立たなければならない場合は、ちゃんと意識してこの行動を抑えることはできる
彼がこの行動に及ぶのは不用意な接近を許した時のみである(例えば第一話についても女のほうがちょっと茶目っ気を出して彼を後ろから驚かそうとしたのが原因だった)。

このように、彼の「背後を譲らない」ことへの執着はいささか滑稽ですらあり、ゴルゴを象徴する行動様式のひとつとして認知されている。

が、実は「俺の後ろに立つな」という台詞はない。星一徹のちゃぶ台返しのようなもので、実際には存在しないがそのキャラを象徴する要素として認知されてしまったネタといったところである。
もっとも、「俺の後ろに音もたてずに立つようなまねをするな」「俺の背後に立つな」など、近いセリフはたくさんある。

最近では、ゴルゴが自らこの癖について発言することは少ない。
知らずに背後から接近して一発もらった依頼人が「そうだ、ゴルゴ13は警戒心が強いあまりに、背後をとられることを何より嫌うと聞いたことがある!」などとひとりでに気づいて自省するといったようなパターンが多い。

モデル

作者であるさいとう・たかをの兄が映画館から出て突然後ろの人を殴ったことに由来する。
兄曰く「俺の足踏みよったからどついたった」のこと。
…ゴルゴ13は作者の身内にいた。

使用例

Pixivにはこれをネタにしたイラストが散見される。

関連タグ

ゴルゴ13 デューク・東郷
リサ(PSO2):背後に立たれるのは嫌い、というセリフがある

pixivに投稿された作品 pixivで「俺の後ろに立つな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117679

コメント