ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドラえもん百科

どらえもんひゃっか

藤子プロ公認(重要)の、『コロコロコミック』に連載されていた方倉陽二によるギャグ漫画。みんな知ってるね。
目次 [非表示]

概要

藤子・F・不二雄アシスタントである方倉陽二が『月刊コロコロコミック』で連載していた漫画。

てんとう虫コミックスから全2巻で発売されたが、未収録のエピソードもある。現在は絶版だが、方倉の故郷・豊後高田市の市立図書館では読むことが出来る。


これが始まってから間もなくして、『ドラえもん』はテレビ朝日でアニメ化が内定し、過去の事実から思いっきり目を背けながら、刊行されて間もない『コロコロコミック』は『ドラえもん』の宣伝に明け暮れていた。

しかし当時2000万部を超える児童誌最大のヒットを飛ばしていた『ドラえもん』であったが、作者の多忙や並行連載の弊害などから、作品設定が初見には伝わりづらい所もあった。小学校に入ったばかりの読者は「なぜドラえもんのび太の家にいるのか」「なぜドラえもんはネコ型ロボットなのに耳が無いのか」といった、現代では常識とも言える知識すら持たないまま読み始めていたのである。

そこで本作ではSF考証(『空想科学読本』のような科学考証ではない)を行い、ドラえもんの基礎設定に関して解説している。


…のだが、この解説は方倉の持つスラップスティックすぎる悪乗りが多分に含まれており、現在「『ドラえもん百科』に書いてあることが全て藤子プロの認定した公式設定である」とは言えない状況にある。

本作では徹底的に「ドラえもんが主役。のび太はそれに巻き込まれる脇役」というドラえもん黎明期のスタンスで描かれている(ただし連載中期~後期に藤子・F・不二雄が「ドラえもんが主人公でのび太は副主人公」と明言している為、見方によっては作者が定めた設定に忠実と捉えることも出来るが)。そこには我々が知る「ドラえもんはいつだってのび太のドジを諫め優しく導く保護者」みたいな視点は無いに等しく(ただし原作版中期~後期のエピソードでも、ドラえもんがのび太と同じようにひみつ道具で調子に乗ったり、のび太と共に周囲に騒ぎを引き起こす場面が度々描かれているが)、Q太郎ウメ星デンカのようなコミカルなトラブルメーカーとして描かれている。

殊にドラミの解説が始まった後半からは極端なまでにドラえもんをDisりドラミを持ち上げるような扱いをしており、作中でも「ドラえもんはドラミのことを愛しているから、このように道化を演じているのです」とまで書かれていたほどである。それが加速し…(後述)

他にも急に劇画風になってドラえもんが八頭身になったり、当時の時事ネタとして王貞治口裂け女、更には○ッキー○ウスが登場したり、ヤバいネタは盛りだくさんである。初見で本書を笑わずに読める人はそうはいないだろう。


このような作風の為、現在では本作や、それを基にした方倉設定は一部が流用されるにとどまり、全肯定されているとは言いづらい状況にある。更に、本書はあくまで「原作版『ドラえもん』」の解説の為、大山のぶ代版アニメ、まして水田わさび版アニメなどの解説ではない点にも注意が必要である。


なお、本作ではギャグ要因としてネズミが『トムとジェリー』のようにしゃべりまくる。方倉はよっぽどドラえもんVSネズミの構図が好きだったのか、コロタン文庫などで描かれたひみつ道具解説の際にもよくしゃべるネズミを登場させている。


方倉設定

公式設定として取り入れられ、現在も踏襲されているもの

  • ドラえもんの足の裏には「重力反発装置」が搭載されている。その為、常時3㎜浮いており、裸足で外出しても家の中が汚れる心配は無い。また、この装置と同質の技術「極微反重力特殊コーティング」が身体の表面にも施されている為、どれだけ身体が汚れても布で軽く拭き取るだけで綺麗になる。
  • ドラえもんは短足だが「伸縮マシーン」という装置が搭載されており、この装置のお陰で正座をすることが出来る(当初は後期の「ドラミはドラえもんより絶対的に優秀」という方針のため、「ドラミは正座できるがドラえもんは胡座しかできない」と発表。しかしこれ以前に本編にてドラえもんの正座は披露されていたため、日本中の読者が「一番ドラえもんに関わった筈の編集者が嘘を流すなんて!」「所詮大人はドラえもんを真面目に読んでないのか!!」と大激怒し抗議の手紙を送る、俗に言うドラえもん正座事件が発生。これを受けてドラえもんが作者の片倉氏をハンマーで2発ぶん殴り「やかましい、ボケ!!」「わかったか、おろかもの。」と散々にこき下ろし訂正させると言う形でこの件は丸くおさまった)。
  • ドラミは量産機ではなくオンリーワン(ただし『ドラえもん道具カタログ』では、ドラえもんと同様にドラミも量産型の市販品として扱われている)。
  • ドラえもんとドラミは同じ缶に入ったオイルを使用しており、ドラえもんの方が薄い上澄み液を、ドラミの方が下の濃いオイルを使った為に、ドラミの方が高性能になった(大山版及び水田版アニメ共に採用されている)。
  • ドラミの好物メロンパン
  • ドラミの「タイムマシン」はチューリップ型(『決定版ドラえもん大事典』にて「チューリップ号」、水田版アニメにて「時空間チューリップ号」という名称が設定された)。
  • ドラミの眼には「必殺ウインク光線」を放つ機能がある(『映画アニメドラえもん「のび太の日本誕生」』、『ドラえもん最新ひみつ百科1』、『決定版ドラえもん大事典』、『ドラえもんひみつ大百科』)。

公式でスルーされているもの

  • ドラえもんは自分の名前を戸籍に書こうとして「え」のカタカナが思い出せなかったのでうっかり「えもん」をひらがなで書いて登録してしまった。
  • ドラえもんの役職は特定意思薄弱児童監視指導員
  • ドラミはボーイフレンドが4人(出てこないものも含めると15人)いて、彼らを家に集めてホームパーティーするくらいのリア充(の登場によりこの設定はほぼなかったことにされた)。他にもドラミまわりの設定は新素粒子を発見しただの展覧会で金賞受賞だの長編小説執筆だのと、露骨にヨイショしていることが多い。

この他に「のび太がハナクソダーツのギネス級記録保持者」等、公式でスルーされているどうでもいい設定が山ほどあるが、ここには書ききれないので自分で確認してください。


公式で明確に否定されたもの

  • ドラえもんの故障している機能を取り換えるにはネズミを特定の数だけ捕まえる必要があるので、事実上壊れっぱなしである(大長編及び映画アニマル惑星』の設定と矛盾する)。

余談


関連イラスト

ネコ型見本ロボットペルシャ君

.


関連項目

ドラえもん 方倉陽二

公式が病気 ギャグ パロディ 腹筋崩壊


みんな知ってるね本作の一コマで使われた台詞。


怪物くん:このマンガの次回作として『怪物くん百科』(さいとうはるお)が始まったがこちらは未単行本化。


2112年ドラえもん誕生:本作に対する藤子プロ側の設定再認識とも取れる映画。原作者もこの作品における設定を「ドラえもん誕生の決定版」と述べているが、水田版アニメではこの作品の設定を採用しているエピソード(「ドラえもんが生まれ変わる日」『ドラチャン☆ドラヂオ第15回』)と、上記の方倉設定を採用しているエピソード(「走れドラえもん!銀河グランプリ」「ドラえもんの100年タイムカプセル」)が存在する。

関連記事

親記事

方倉陽二 かたくらようじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6118

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました