ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゴルヘックス

ごるへっくす

ゴルヘックスとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の名称。ちっちゃいゴルドス。
目次 [非表示]

スペック編集

機体名ゴルヘックス
番号
所属
分類ステゴサウルス
全長14.8m
全高7.2m
重量58.8t
最高速度120km/h
乗員人数1名
武装※名称が変わったものは「(旧) → (新&フューザーズ)」で表記
  • 2連装ビーム砲AZ 250mm 2連装ビーム砲 (頸の上)
  • 2連装ミサイル ×2 → AZ 2連装ミサイルランチャー ×2 (尾の左右)
  • ミサイルポッド ×4 → 全天候3Dアンテナ ×4 (尾の棘)
  • クリスタルレーダーユニットクリスタルレーダーフィン ×12 (背鰭)
  • 全方位型コックピット (旧・頭部)
  • 超音波駆動エンジン (旧・後ろ脚)
  • デルタボックスフレーム (旧・胴体)
  • 地対地2連装ミサイルポッド (新以降・腹)
  • パトランプ (フューザーズ・背中)

概要編集

ヘリック共和国軍のステゴサウルス型電子戦ゾイド。

サイズは中型ゾイドに相当し、ゴルドスの後継機として開発された。

大型ゾイドであるため狙われやすいゴルドスと比べて小型化・軽量化されており、迅速な作戦行動および遂行が出来る。


また、機体構造に頑強な新型フレーム(デルタフレーム)を使用しているため、当時としては最新鋭の電子機器を大量に搭載する事ができ、何よりそのシステムにはガラス状のアンテナプレートを使用した「クリスタルレーダー」と呼ばれる独自の技術を採用し、より正確な電波探査が可能になっている。

そのため、共和国軍ゾイド史上最高の電子戦ゾイドと評されており、ゲーターは愚かディメトロドンにも負けないレベルである。


ゴルヘックス

一時期は隕石落下の大異変のせいでクリスタルレーダーの製造技術が失われてしまったため再生産が不可能になっていたが、後にCRの技術復興が叶ったことで復活に成功。同時に電子戦能力と機体出力が更に強化された事によりネオゼネバス帝国軍の強力な電子戦ゾイド・ダークスパイナーの妨害電波ジャミングウェーブを無効化出来るようになった。

ダークスパイナーのジャミングウェーブは共和国のあらゆるゾイドを完封してデスザウラー以上に共和国に恐れられており、誇張抜きで無敵のゾイドとして君臨していた。そんなダークスパイナーの妨害電波を無力化できるのは画期的であった。

ダークスパイナーの妨害電波に耐性があるのは他にゴジュラスギガがいるのだが、ゴジュラスギガは特殊な事情で大量配備できず、戦局を左右するほどのゾイドではなかった。そのため、単純な戦闘能力は極めて低いものの、ある意味ではゴジュラスギガよりもずっと共和国に貢献した機体である。単機でダークスパイナーデスザウラーに対抗できるゴジュラスギガと、本機の大量配備により共和国は帝国を押し返すきっかけを作り出すことが出来た。


後継機はブロックスゾイドディメトロプテラで、TB8機構により飛行タイプのプテラノドン型と電子戦タイプのディメトロドン型に変形可能となっている。


アニメゾイドフューザーズ』では治安局の機体として登場。背部にはパトランプが取り付けられており、アロザウラーと共にゴジュラスギガの僚機として活躍した。

盗賊団の機体として通常仕様の機体も登場し、治安局機と直接対決を繰り広げた事もある。


関連タグ編集

ゾイド ZOIDS ヘリック共和国 恐竜 ステゴサウルス ゴルドス

関連記事

親記事

ヘリック共和国 へりっくきょうわこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6130

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました