ピクシブ百科事典

マーケット・ガーデン作戦

まーけっとがーでんさくせん

マーケット・ガーデン作戦とは、第二次世界大戦中に行われた連合軍の作戦である。
目次[非表示]

概要

1944年6月にノルマンディー上陸作戦を果たし、ファレーズの戦いでドイツ西方総軍主力を壊滅させ、さらにフランスの首都パリを解放するなど、破竹の勢いで進撃を続けてきた連合国軍であったが、9月になってその勢いが鈍化することになった。

原因は補給であった。快進撃の結果補給港から前線までの距離が長くなり、物資が届かなくなるという事態が起きたのである。それでは前線に近い港を占領すればいいではないかということになるが、ヒトラー総統の出した死守命令により、前線に近いフランス東部やベルギーの港湾都市にドイツ軍が立てこもる事態になったのである。

事態を憂慮したイギリス第21軍集団司令官のバーナード・モントゴメリー元帥は、ベルギー・オランダ方面に戦力を集中させ、ドイツへ進攻することが一番であると主張した。そうすればベルギー最大の港湾都市アントワープなどの港が完全に確保され補給の問題も解決するばかりか、そのままドイツの心臓部であるルール工業地帯に進撃する事も夢ではなく戦争も終わらせられるという言い分だった。一方上官である連合国軍最高司令官ドワイト・アイゼンハワー米大将は西部戦線のみならず、東部戦線でも同時に攻勢をかけるのが一番であると主張し、双方の意見は平行線を辿った。

その状況を一変させたのは、9月8日ロンドンV2ロケットが撃ち込まれたことであった。V2ロケットは超音速で飛来するため、当時の技術では迎撃不可能であった。そのため発射基地と目されたオランダを制圧する以外に、ロケット発射を阻止するすべはないとの結論に至り、連合軍の予備戦力であるルイス・ブレアトン米空軍中将の第1連合空挺軍によるオランダの橋梁確保「マーケット作戦」と陸上部隊によるオランダ進攻「ガーデン作戦」が立案された。

計画

マーケット作戦

第1連合空挺軍の副司令官も兼任するフレデリック・ブローニング中将の第1英空挺軍団に属する米軍の第82個空挺師団、第101空挺師団、英軍第1空挺師団、さらにポーランド第1パラシュート旅団からなるマーケット作戦部隊はガーデン作戦部隊の進行路となるアイントホーフェン・ナイメーヘン・アルンヘムの橋頭堡確保を目的としている。
この作戦の為に初日には2023機の輸送機・グライダーが動員されたが、流石にそれらをもってしても全部隊を初日に降下させる事は出来ず、ポーランド旅団や英第4空挺旅団、米軍のグライダー連隊等は後日に空輸される事となっていた。

ガーデン作戦

英軍の近衛機甲師団、第43歩兵師団、第50歩兵師団、第8機甲旅団、自由オランダ軍イレーヌ王女旅団からなる英軍第30軍団によるガーデン作戦部隊は4日間で上記3都市へ約100kmの道のりを進撃し、空挺部隊と交代することを目的とした。

連合国軍司令部の考え

元来空挺部隊は軽装備の部隊であり、対戦車装備も十分に用意できないことから敵中に4日間も留まることは無謀だと考えられていた。しかし、連合国軍は既にドイツ軍の主力は壊滅し、オランダに部隊を送ることは不可能だと考えていた。そして第9SS装甲師団の動向を暗号解読で掴んでいたにも関らず、これを過小評価して第1空挺師団に知らせる事すらせず、これらの情報から作戦の中止・変更を進言した情報将校ブライアン・ウルカーハート少佐はブローニング中将に解任される始末であった。

その油断が空挺兵を死地に追いやるとも知らずに…

ドイツ軍

一方のドイツ軍は西方総軍司令官ゲルト・フォン・ルントシュテット元帥と配下のB軍集団司令官ヴァルター・モーデル元帥の指揮のもと、オランダ防衛の準備を進めていった。確かにファレーズでドイツ軍の主力は大損害を受けたものの、敗残部隊はこの時期に来て順次撤退を完了していたのである。その部隊は大半が重火器を喪失した歩兵部隊であったが、そのうち強力な部隊が2つ存在していたのである。

一つはドイツ空挺部隊の生みの親、クルト・シュトゥデント上級大将が率いる凡そ2万名からなる第1降下猟兵軍である。所属する部隊は大部分は書類上の存在か、第85歩兵師団長クルト・チル中将率いる「チル戦闘団」のように先の敗残部隊の寄せ集めであったが、3000名とはいえ歴戦の第6降下猟兵連隊、フォン・ホフマン降下猟兵連隊なども加わっており、連合軍空挺部隊の脅威となる存在であった。

もう一つがウィルヘルム・ビットリヒSS中将率いる第2SS装甲軍団(所属:第9SS装甲師団、第10SS装甲師団)である。この部隊はノルマンディーからファレーズまでの戦いで大損害を受けて戦力は定数の20%にまで低下し、特に第9SS装甲師団はマーケット・ガーデン作戦当日に稼動したものは戦車3両・駆逐戦車2両に過ぎず、満足な機械化部隊は第9SS装甲偵察大隊のみの状態で兵力は2000名程であった。もっとも第10SS装甲師団も機械化部隊は第9SS装甲師団に比べましなものの兵力は3500名ほどで、そのため再編成でたまたまオランダに配備されていたのだが、この部隊も数こそ少ないものの機械化部隊を持つことで連合軍空挺部隊に脅威を与えることになる。

連合国軍の楽観的な判断とは裏腹に、ドイツ軍は曲がりなりにも迎撃態勢を整えていたのである…

戦闘

マーケット・ガーデン作戦開始

1944年9月17日。作戦は予定通り開始され、空挺部隊はオランダの3都市へ一斉に降下を開始した。この時点ではドイツ軍は連合国軍の作戦目的を図りかねており、指示が後手に回ってしまっていた。
しかしながら連合国軍側の旗色は良いとは言えなかった。

南のアイントホーフェン方面では米第101空挺師団は降下地点周辺を征圧し、ヴェッヘル橋の確保に成功したもののソン橋は確保前に爆破され、ベスト橋では撃退されていた。

ナイメーヘン方面では米第82空挺師団はグラーヴェ橋は確保したもののドイツ軍の執拗な抵抗でナイメーヘン橋南東の森の丘に達する事しか出来なかった。

最北のアーネム方面ではオーステルべークの橋は爆破されたものの英第1空挺師団第1空挺旅団のジョン・フロスト中佐率いる第2空挺大隊が浸透してアーネム橋北側の確保に成功したが、他の英第1空挺師団はシュピンドラー戦闘団(独第9SS装甲師団)や第16SS教育装甲大隊、フォン・テッタウ戦闘団との交戦で釘付けとなっていた。
またガーデン作戦でも第30軍団はリヒター戦闘団(第10SS装甲師団)・降下猟兵の抵抗でアイントホーフェンの南15キロまでしか進軍できず、遅れを見せることになった。

連合国軍の苦戦

9月18日、アーネム方面では英第1空挺師団はシュピンドラー戦闘団、フォン・テッタウ戦闘団の反撃を撃退。フロスト中佐の第2空挺大隊も第9SS装甲偵察大隊の反撃を迎撃してこれを壊滅させていたが、午後に空から英第四空挺旅団の増援を得ての師団の大隊との連結の試みは失敗し、断続的にドイツ軍の攻撃を受ける第2空挺大隊は孤立の度合いを深める事となった。また師団長ロバート・アーカート少将は第1空挺旅団長ジェラルド・ラスベリー准将と共に偵察中にドイツ軍部隊に囲まれた建物内で身動きできなくなるアクシデントに見舞われ、状況を更に悪化させていた。

ナイメーヘン方面では第82空挺師団が第10SS装甲師団や臨時に編成された4個戦闘団などの攻撃でナイメーヘン橋に近付く事は出来なかったが、午後に空よりの砲兵・工兵の増援を得て攻撃を撃退していた。

アイントホーフェン方面では第101空挺師団は独第59歩兵師団の反撃を撃退し、ベスト橋攻防戦では橋を爆破されたが、アイントホーフェンを占領し、空からのグライダー連隊の増援も得、更に英第30軍団と手を繋ぐ事にも成功したが、戦闘のほかオランダ市民の熱烈な歓迎でも時間をとられ近衛機甲師団のアイントホーフェン到着は19時頃となっており、この時点で既に予定より36時間もの大幅な遅れが発生していた。

翌19日、アーネム方面では英第一空挺師団によるフロスト中佐の第2空挺大隊救出の為の必死の攻撃が行われたが残り800mで多大な損害を受け挫折していた。
隠れ家から脱出し師団本部に戻ったアーカート師団長は、師団の甚大な損害に後方への撤退を命ぜざるを得なかった。
悪天候のなか、ポーランド第1パラシュート旅団先遣部隊がアーネムへの空挺降下を開始したものの、不運にもドイツ軍の布陣する地点近くに降下してしまい部隊は多大な損害を受けた。
またフロスト中佐の第2空挺大隊は、前日から戦線を第9SS装甲師団から引き継いだ第10SS装甲師団などの攻撃を受け着実に掃射されていた。

アイントホーフェン方面ではソンで仮設橋が完成し第30軍団は前進を再開した。
第101空挺師団はベストでの攻防戦で第8機甲旅団の支援も受けようやく勝利をおさめていた。
そして悪天候ではあったが空からの増援で第327グライダー連隊と少数の砲兵が到着していた。
その一方で師団は回廊を寸断しようとする独第107装甲旅団、第59歩兵師団の攻撃も受けていた。

ナイメーヘン方面では第30軍団はグラーヴェ橋に到着し、第82空挺師団長ジェームズ・ギャビン准将、第1英空挺軍団長ブローニング中将、第30軍団長ブライアン・ホロックス中将の会議でワール川を空挺部隊に渡河させ、橋を両端から攻める事が決まった。その下準備としてナイメーヘン橋南方への攻撃が近衛機甲師団の支援のもと空挺部隊によってなされ、夕方には橋付近までに進出したが、渡河攻撃を待って前進は停められた。
また悪天候の為に敵軍の攻撃に晒される第82空挺師団が欲していた歩兵戦力である第325グライダー連隊の増援は中止されていた。

翌日の20日、アーネム方面では防御体制に移行していた英第1空挺師団は弾薬・補給不足に陥り、その為の空からの補給物資も悪天候の為に殆どはドイツ軍陣地に投下されていた。
そして未だ奮戦するフロスト大隊もドイツ軍に押し込まれ風前の灯となっていた。

アイントホーフェン方面では第101空挺師団は再び第107装甲旅団の攻撃を受けたが英第8機甲旅団の支援を受けて撃退した。だが更にチル戦闘団(第85歩兵師団)の攻撃も受けていた。
空中からの補給は悪天候の為にアーネム方面の英軍と同様にその大部分はドイツ軍陣地へと投下されていた。

ナイメーヘン方面ではナイメーヘン橋攻略に戦力を集中した為に手薄となった東側面から第406歩兵師団の3個戦闘団の攻撃を受け、第82空挺師団はその進出を許したが、英近衛機甲師団の支援を受けてそれを阻止した。
そして本命のナイメーヘン橋への攻撃はボートの到着が遅れワーレ川渡河は15時になり渡河では多大な犠牲を出したものの攻撃は成功し、ナイメーヘン橋は陥落した。

降伏・壊滅

21日、アイントホーフェン方面では第101空挺師団が積極的に回廊より前進して残存ドイツ軍を掃射していた。

アーネム方面では悪天候の為に半数の輸送機は辿りつけなかったもののポーランド第1パラシュート部隊がライン川南部のドーリル村に降下し、英第1空挺師団とフェリーで連絡を取ることを可能にしたものの、第1空挺師団はドイツ軍の攻撃に圧迫され、ポーランド部隊と連絡をとりあえた渡し場を占拠されていた。そして孤軍奮戦を続け、アーネム橋をドイツ軍が渡るのを阻止してきたフロスト中佐の第2空挺大隊も遂に突破され、夕方には降伏していた。

ナイメーヘン方面では、戦力を集中させていたナイメーヘン橋を陥落させ、兵力に余裕の出来た第82空挺師団が手薄となっていた東側面にあるドイツ軍を掃射する為に部隊を回していた。
一方、ナイメーヘンを確保した第30軍団の近衛機甲師団は前進するも、第9SS装甲偵察大隊によりその進撃は停止することになった。アーネムへの道は周囲が湿地帯となっており、逃げ場がない一本道なのである。そのため渋滞に巻き込まれ遅延している後続の第43歩兵師団の援護が必要であり、それが到着するまで足止めを喰らう羽目になっていた。

22日、アイントホーフェン方面では着実に制圧地域を増やす第101空挺師団に対してフーバー戦闘団(第59歩兵師団)、ヴァルター戦闘団(第180歩兵師団、第10SS装甲師団、第107装甲旅団、ケルット降下猟兵大隊など)の攻撃が行われ、フーバー戦闘団は壊滅し、ヴァルター戦闘団も多大な犠牲を出し、目標のヴェッヘル橋の占拠もならなかったもののドイツ側は遂に回廊の連絡線の寸断に成功した。この危機に第30軍団は第32近衛旅団を派遣する事となった。

ナイトメーヘン方面ではようやく第43歩兵師団が到着し、前進してポーランド第1パラシュート旅団と連絡を取り合うことに成功していた。だが近衛機甲師団の攻撃は第10SS装甲師団に阻止されていた。

アーネム方面ではシュピンドラー戦闘団、フォン・テッタウ戦闘団、ブルーンス戦闘団から英第1空挺師団は猛攻を受けていた。

23日、アイントホーフェン方面では第101空挺師団とドイツ軍の戦闘が続けられていたが、ようやく天候が回復して第101空挺師団は空より残りの増援を得ることが出来、反撃に転じて第107装甲旅団を包囲寸前にまで追い込むなどヴァルター戦闘団に痛打を与え、戦闘団は後方に英第8軍団が進出してきた事もあり後退し、再び連絡線は回復していた。

ナイトメーヘン方面では待望の第325グライダー連隊が増援としてポーランド第1パラシュート旅団の残りと共に到着し、師団は進出してきた第190歩兵師団などのドイツ軍兵力に対抗できるカードを手にすることが出来た。
だが第43歩兵師団の第1空挺師団救出の渡河は工兵の遅れやドイツ軍の活性化で中止となっていた。

24日、アイントホーフェン方面では独第559重装甲駆逐大隊のヤークトパンター数両の支援を受けたユングヴィアト戦闘団(第59歩兵師団)・第6降下猟兵連隊が第101空挺師団を攻撃し、再びヴェッヘルの南で連絡線の寸断に成功していた。

ナイトメーヘン方面では第82空挺師団は独第190歩兵師団と激闘を演じていた。
そして第30軍団では近衛機甲師団の攻撃はまたもや第10SS装甲師団に阻止され、第43歩兵師団とポーランド第1パラシュート旅団から第1空挺師団救出の為の渡河は未だに工兵が渋滞に巻き込まれ到着しない為にまたも中止となっていた。

9月25日、マーケット・ガーデン作戦は中止が決定され、英第1空挺師団は25~26日にかけてライン川下流を下って撤退を開始したものの、作戦に参加した部隊人員1万人のうち、最終的に収容できたのはわずか2000名のみであった。

結果

連合国軍(特にモントゴメリーの)楽観から始まった作戦は完全な失敗に終わり、ドイツ軍に6000名弱の損失を与えた代償に連合軍は総計11000名以上の損害を受け、英第1空挺師団は壊滅した。これにより西部戦線は膠着状態に陥り、オランダの解放は第二次世界大戦の終戦を待たねばならなかった。これを好機と見たヒトラーは同年12月にバルジの戦いに踏み切ることになる。

余談

●大規模な空挺降下作戦で突如大空に大量の白いパラシュートが開いた様子には、一瞬季節はずれの雪と見間違えたドイツ将兵もいたという。

●イギリス軍の長距離無線機は積み込む水晶を誤った為にその周波数は部隊の使用しないものであり、旅団の短距離無線機は出力不足や周波数設定の誤りで使用できない状態となっており、各旅団間の連絡は困難となった。

●マーケット・ガーデンに対して予備兵力が不足していたドイツ軍はありとあらゆる兵力を投入した。例えばフォン・テッタウ戦闘団は、在オランダ教育軍司令官ハンス・フォン・テッタウ中将が司令部周辺の雑多な部隊を寄せ集めて編成した部隊であり、SS下士官学校生、海軍歩兵なども含まれていた。
ディレーン飛行場のレーダー基地テーローゼⅡでは第213空軍通信連隊第Ⅳ大隊のヴィリ・ヴェーバー空軍大尉が部下の通信兵90名でヴェーバー戦闘団を編成して戦闘に参加したが役に立たなかっただけでなく、本土防空戦の航空管制に支障を生じさせたとも言う。

●B軍集団司令官ヴァルター・モーデル元帥は、当初は自身の司令部近くに降下してきた連合軍の意図を自身の身柄拘束の為と誤認していたという。その後、元帥は持ち前のアグレッシブさを発揮して部隊の指揮を執るが、それが高じてアーネム・ナイメーヘンの橋を爆破すれば連合軍の意図を挫けるとの意見にはこちらの反撃に必要と拒否し、それは陥落しそうなナイトメーヘン橋からの爆破要請にも同じであった。(ビットリヒ中将の独断で橋の爆破が命じられたが不首尾に終わった)

●マーケット・ガーデン作戦は初日で墜落したグライダーから作戦計画の書類が回収され、シュトゥデント上級大将の司令部に届けられており、ドイツ軍は早い段階で連合軍の意図を知っていた。

●第9SS装甲師団の第9SS装甲偵察大隊はマーケット・ガーデン作戦開始時にはドイツ本国に輸送の為に列車に積み込まれている状態であり、急遽降ろされてアーネム・ナイメーヘン方面の偵察を命じられた。そして大隊がナイメーヘンに向かう為に07時前にアーネム橋を渡った一時間後にフロスト中佐の第2空挺大隊がアーネム橋北側を占拠している。
ナイメーヘン橋付近には未だ敵影は見えないことを確認した大隊はアーネム橋北側が占拠されたことを知り、一部を残して引き返して9月18日の09時30分頃にフロスト大隊を奇襲した。
橋に設置された地雷を大隊のハーフトラックは避けて見せるなど精鋭であったと思われるが、防御陣地に対する狭い橋からの一方通行の攻撃は無謀であり、先頭の数両は突破に成功したものの、その後列からは猛反撃を受け22両中12両、そして大隊長で昨日騎士十字章を受勲したばかりのフィクトーア=エーベアハート・グレープナーSS大尉を失い撃退された。この敗因は大尉が先日、無事に橋を渡っていた事から敵兵力を過小評価した為とも言われる。
この戦いはアーネム橋を巡る攻防戦では有名であり、映画「遠すぎた橋」でも見せ場となっている。

●モントゴメリーはこの作戦を90%は成功しており、もっと充分な人員・物資さえあれば成功していたと自己弁護した。

関連タグ

作戦 第二次世界大戦 連合国 空挺 空挺部隊

遠すぎた橋 … 本作戦を描いたイギリス・アメリカ共同制作の映画。

バンド・オブ・ブラザース …アメリカ・イギリス共同制作のドラマ。第4話「補充兵(Replacements)」にて本作戦が描かれている。

舞い降りた赤いイグアン … 80年代に小学館より発売された旧ゾイドシリーズの書籍物『ゾイドバトルストーリー』内のエピソード。本作戦がモチーフとなっており、舞台となる作戦地域の名も「ナイメーヘン」をもじった「アルメーヘン」なのだが、実行したのはドイツ軍に相当する勢力である。空挺部隊は全滅したものの、その後に到着した援軍の巻き返しにより作戦自体は成功している。

pixivに投稿された作品 pixivで「マーケット・ガーデン作戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2228

コメント