ピクシブ百科事典

チャールズ・ダーウィン

ちゃーるずだーうぃん

イギリスの自然科学者・地質学者・生物学者。主著に『種の起源』『ビーグル号航海記』など。自然選択説を提唱。
目次[非表示]

概要

チャールズ・ロバート・ダーウィン(1809年2月12日~1882年4月19日)
イングランド自然科学者地質学者生物学者。自らは地質学者を名乗っていた。
主著に『種の起源』『ビーグル号航海記』など。

略歴

1809年2月12日、シュロップシャーシュルーズベリー(イングランド)に生まれる。父ロバートは医師で投資家、母スザンナは陶芸家・企業家として知られるジョサイア・ウェッジウッドの娘で、非常に裕福な家庭で育った。
1825年、医師になるべくエディンバラ大学に進学するが、血を見るのがダメで医師の道は諦める。エディンバラ大学でラマルク進化論に触れた。
1827年、牧師になるべくケンブリッジ大学で神学、古典、数学を学ぶ。

1831年、大学卒業後、イギリス海軍の測量船ビーグル号に乗船し世界を一周。航海中訪れたガラパゴス諸島で、誕生から歴史の浅い島の生物の多様性に驚く。
1836年、イギリスに帰国。ビーグル号での航海中に集めた標本を整理しつつ、航海記を執筆。
1839年、従姉のエマ・ウェッジウッドと結婚。『ビーグル号航海の動物学』の出版が始まる(~1843年)。
1842年、『ビーグル号航海の地質学』を出版。

1856年、アルフレッド・ウォレスとほぼ同時に自然選択説に到達。
1859年、『種の起源』を出版。学術の世界を超えた大きな反響を呼ぶ。
1877年、ケンブリッジ大学から名誉博士号を贈られる。
1882年4月19日、ケント州ダウン村の自宅で死去。

ダーウィンにちなんだ命名

ダーウィン市 チャールズ・ダーウィン大学 ダーウィン・フィンチ ダーウィン山
ダーウィン賞 ダーウィンが来た! 教えてダーウィン ダーウィン・ビートル

フィクションにおけるモチーフ

ダーウィンマリー&ガリー
ダーウィン(妖怪ウォッチ)妖怪ウォッチ
ダーウィン魂仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間

余談

  • 自然選択説に基づく進化論を提唱し、生物学・社会科学および一般思想界にも影響を与えた。
  • フジツボの分類、珊瑚礁の形成、ハトの飼育品種の改良、ミミズによる土壌形成などの研究でも業績を残している。
  • 2000年にイギリスの10ポンド紙幣に肖像が描かれた。
  • 偽ダーウィンの発言:「進化では強いものではなく、適応(変化)するものが生き残る」という趣旨なのだが、もちろんダーウィンはそのようなことは言っていない。詳細は進化論の記事を参照。
  • 自然選択説を曲解した『社会ダーウィニズム』は自由市場の発展に関する適者生存の概念、人種差別的な進化観などに使用された。
  • 2020年6月、自由民主党の広報twitterアカウントに投稿された憲法改正漫画(リンク)において、社会ダーウィニズムと偽ダーウィンの発言(上記参照)とそれを改憲にこじつける斜め上の主張の3連コンボが繰り出され、ネット民を騒然とさせた。研究者たちも反応し、6月27日、日本人間行動進化学会 (HBES-J) 理事会から声明が出されるに到った(「ダーウィンの進化論」に関して流布する言説についての声明」)。


関連タグ

ダーウィン 自然科学 進化論 イギリス ガラパゴス

外部リンク

ダーウィンは「変化に最も対応できる生き物が生き残る」と言ったか?

関連記事

親記事

科学者 かがくしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チャールズ・ダーウィン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 846

コメント