ピクシブ百科事典

ガラパゴス

がらぱごす

東太平洋上の赤道下にあるエクアドル領の諸島、ガラパゴス諸島(正式名称:コロン諸島、2万3千人が居住し、主要言語はスペイン語とのこと)。およびその諸島の特徴から分岐した意味を持つ。
目次[非表示]

島の詳細

ガラパゴス諸島は123の島(主な島は19)から出来た諸島であり、これらの島は火山活動により出来たとされる。
この島は南米大陸のエクアドルより約900kmにしに存在し、大陸から隔絶されており、16世紀にスペイン人により発見された(ただし、原住民が一時的に居住した形跡は存在する)。

特徴

この島はその成り行き上大陸から隔絶された状態で存在したため、その島に在住する生物はのような翼を持つものか、海を渡って漂流した生物に限られていた。
またその影響により人間により持ち込まれるまでは両生類および陸生の哺乳類はこの島には存在せず、爬虫類(亀およびとかげ)および鳥類、水生の哺乳類(アシカ、オットセイ)などの固有種が生態系を構築している。

特徴的な動物

  • ガラパゴスゾウガメ
  • ガラパゴスペンギン
  • ガラパゴスリクイグアナ
  • ウミイグアナ
  • ガラパゴスオットセイ

世界自然遺産

1978年にはこの島固有の動植物の貴重さと生物相から世界遺産に登録されている。

他の意味

この島の動植物の植生より、「他と隔離された環境における独自進化」を表す言葉としてこの言葉は用いられている。小笠原諸島が該当する。
また、ビジネス用語(ガラパゴス化、ガラパゴス現象とも)においてはそれに加え、「独自進化により他の国および地域との互換性が失われ、競争力を失う」ということのたとえとして用いられている。この例としては日本におけるパソコンケータイや、アメリカにおけるSUV等が上げられる。
ちなみにシャープから発売されたタブレット端末はgalapagosである。

関連項目

進化 孤島

pixivに投稿された作品 pixivで「ガラパゴス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5441

コメント