ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避


CV:飯塚昭三

概要

電子戦隊デンジマン』第18話『南海に咲くロマン』登場
バックルのナンバーは「19
(後から登場したガマラーは「17」、ハチドクラーは「18」となっている。撮影順と放送順が逆になったのかどうかは不明)

ホネガイ貝殻を模した右半身をしている。
かつて海を支配し、今は地上人に紛れているという水棲人・海彦一族の末裔を覚醒させて、ベーダー一族の手足として破壊工作に利用しようとする。
持っている笛で潮騒の音を奏でて海彦一族を覚醒させて操り、相手を金縛りにしたり火炎放射をはなつこともできる。
他に錨型の槍を所持する。
また体は水圧に耐えられる程に硬く、口から高圧の毒潮を吐き出すことも可能。

デンジピンク/桃井あきらの幼なじみ洋太郎を含めた4人の海彦一族を覚醒させるも、3人はコンビナート爆破に向かわせようとして水質汚染で死亡してしまい、残った洋太郎を執拗に狙った。

デンジマンの新必殺技「デンジ稲妻落とし」を受けて巨大化するもダイデンジンの前に散った。

カイガラーが倒されても洋太郎は元に戻ることはなく、以前から夢見ていた「南の海でひっそり暮らす」ことを果たそうとあきらの前から姿を消した。

海彦一族

かつて海を支配していたと言われる、水棲人。両手足には水かき、頬にも鱗が生え、背中からは背びれが生えているといった姿をしていた。
その末裔たちは、人間と変わらぬ姿で社会に溶け込んでいる。中には、自分たちが海彦一族であった事に気付かぬ者もいる様子。その苗字には「海」の字が入っている者が多い。
カイガラーの笛の音により、海彦一族の姿に戻された。そしてカイガラーに操られてコンビナートを襲おうとしたが、現代の汚染された大気と海水には耐えられず、洋太郎以外は途中で全員が死んでしまった。


関連タグ

ベーダー怪物
深きもの:「半魚人の一族」「末裔が人間社会に入り込んでいる」といった点が似ている。

関連記事

親記事

ベーダー怪物 べーだーかいぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カイガラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました