ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

この島に”未来”は見えるか?」


「例えば……このエッグヘッドのような…」


「高い文明を持つ『王国』が”900年前に実在していた”と言ったら…信じられるか?」


概要

少年漫画ONE PIECE』に登場する天才科学者・ベガパンクが発明した驚異の活動方式〝猫(サテライト)〟で自己へ施した複製クローン)」により誕生した存在の1人。


ナンバリングはPUNK-01で、名は「」を冠して「シャカ」と呼ばれる。


プロフィール

本名PUNK-01「正(シャカ)」
通称Dr.ベガパンク
年齢不明
身長不明
所属海軍特殊科学班SSG
出身地不明
種族猫(サテライト)
誕生日不明
星座不明
血液型不明
好物不明
初登場単行本105巻 第1062話『科学の国の冒険』
CV阪口周平

人物像

容姿

正

「01」と描かれたフルフェイスマスクを被っており、体型からおそらく男性。

ロングコートや厚めの手袋などで肌を完全に隠している。

服の隙間から僅かに見える首の色は人間の肌の色に近いため、おそらくリリスアトラスヨークと同じ人間型のサテライトと思われる。


性格

一人称は私。口調はまともで、猫たちのリーダー的な立ち位置を果たしている。自分たちはあくまでもベガパンク本体を補佐する存在であり、自分たちの命が危険に晒されようと本体の安全、意向を最優先すべきという考えを持つ。


またPUNK-02〝悪(リリス)〟に対して「科学者プライド」を説いたり、研究所を訪れた麦わらの一味に対して手荒な歓迎をした〝悪〟とPUNK-03〝想(エジソン)〟とPUNK-04〝知(ピタゴラス)〟を静止するなど、名前通り(彼?なりの)正義感を重んじている。


活躍

エッグヘッド

リリスがエッグヘッドの海域にて麦わらの一味と遭遇したことを知ると、通信で彼女の立場と現在不利になっている状況を諭し、一味をエッグヘッドに連れてくるよう指示を出す。


一味が研究所に到着すると、リリスとエジソンピタゴラスによる新兵器セラフィムの実験を区切りが着くまでは黙認し、フランキーの攻撃を最後に実験を終わらせる。そして一味の足を拘束させたうえでエッグヘッドという島が遥か昔に存在した文明の再現であること、そしてオハラの学者たちが最期に遺した文献の行方と現在モンキー・D・ドラゴンが率いる革命軍の結成の経緯を明かした。


ベガパンク全員を抹殺するため島に上陸したロブ・ルッチ率いるCP‐0を一味と協力して拘束した後は、突如として失踪したベガパンク本体を捜索するべく、研究所内にいる全員の指揮を執る。

コントロールルームに残ったシャカは研究所内の映像を確認していたが、突如として映像がすべて切れてしまい、更にベガパンクと同等以上の威権順位を持つ何者かの命令を受けたS-ベアS-ホークの襲撃を受ける。そこでシャカは研究所内にいる何者かが所内にいる全員の抹殺を目論んでいることを察した。

セラフィム襲撃の際に目を覚ましたルッチとカクが一時共闘を申し込んできた際には彼らの任務を確認し、そしてルフィに判断を任せた。


その後、本体の居場所を予想したシャカは1人で行動し、研究所の地下にある部屋で軟禁された本体とサイファーポールの構成員たちを発見する。しかし、直後に今回の事件の黒幕と思われる人物に狙撃され頭部を撃抜かれてしまう。


黒幕からは「死んだ」と言われており、1090話ではリリスが同じく死亡したピタゴラスと共にシャカの死を悲しんでいた事から死亡は確定となってしまった

ちなみに一味と会う前にドラゴンとの通信で自分の死を予期しており、思わぬ形であったが見事に当たってしまった。


関連タグ

ONEPIECE エッグヘッド

ベガパンク


〝猫(サテライト)〟

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55504

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました