ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「──で 誰が助けると言った?海賊共……!!!」


「わしァ 政府に雇われた しがない”天才科学者”」


Dr.ベガパンクじゃ!!!」


概要じゃ!!

少年漫画ONEPIECE』に登場する天才科学者・ベガパンクが発明した驚異の活動方式〝猫(サテライト)〟で自己へ施した複製(クローン)」により誕生した存在の1人。

ナンバリングはPUNK-02で、名は「」を冠して「リリス」と呼ばれる。


プロフィールじゃ!!

本名PUNK-02「悪(リリス)」
通称Dr.ベガパンク
年齢不明
身長不明
所属海軍特殊科学班(SSG)
出身地不明
種族猫(サテライト)
誕生日不明
星座不明
血液型不明
好物不明
笑い声ひひひ
初登場単行本105巻 第1061話『未来島エッグヘッド』
CV平野綾

人物像じゃ!!

容姿

ワンンピ

前髪で右目が隠れた、オレンジ髪でボーイッシュ系の巨乳美少女。

初登場時は寒冷の海域でロボットへ搭乗していたからか、ボディスーツにジャケットを羽織っていた。左の胸元には「PUNK 02」の数字がある。またゴーグル付きのヘルメット着用し、耳には通信機と思われる機械を着けている。


性格

語尾に「じゃ」を付けるといった老人口調の女性。

名前に「」を冠しているからか、一味から金品を強奪しようとするなど、あくどい行為に躊躇いがない。

またセラフィムの製作費用が高額とはいえ、半ば正当防衛でその1体に攻撃した一味に対して 「頭部もいでやろうか!!」 と怒るなど、攻撃的な面もある。


しかし、その悪性が災いして戦いに関する頭の使い方も「悪い」のか、かなり油断しがちで、PUNK-01〝正(シャカ)〟に諭されるまでロロノア・ゾロニコ・ロビンが臨戦体勢になっていた事に気づかなかった。


性格に問題はあるが仲間想いであり、エジソンが無事と知った時には涙を流して喜んでいた。

そして他のサテライトが死んだと判明した際は涙を流して悲しんだ。


生み出されてから現在まで島を出たことがないようで、訳あってエッグヘッドを脱出しなければならなくなった際は「この島を出るの初めてなんじゃ!!」と大興奮していた。


戦闘能力じゃ!!

目立った戦闘シーンは無いがアトラスと並んでかなり好戦的で、侵入者を確認した際は即座に武器を構えて臨戦態勢に入っていた。

海のエネルギーを有するシャボン玉のような物質を発射する攻防一体の武器「バブルガン」を愛用しており、パシフィスタセラフィムに頼らずともある程度の自衛が可能。


活躍じゃ!!

エッグヘッド

エッグヘッドの海域にて、ベガフォース01に搭乗してメカシャークを筆頭とした海獣兵器(シービーストウェポン)の実験をしていたところ、麦わらの一味の船と遭遇。船はメカシャークにより転覆したが、リリスは船から金品を奪うために船を一度引きあげる。その際、多くの海獣兵器で船を包囲することで優位にたったと思われたが、ゾロロビンには脅しが一切通用せず、通信で状況を把握していたシャカに諭されたことで自身が不利になっていることを悟る。


その後、シャカの指示を受けたことで一味をエッグヘッドまで誘導。研究所に帰還すると新兵器セラフィムの実験のチャンスと捉えたエジソンピタゴラスに協力し、一味とS-シャークを交戦させる。


ロブ・ルッチ率いるCP‐0が研究所をセラフィムに襲撃させた際には、威権順位の仕組みを利用してセラフィムを止めるべくエジソンと共に出撃した。


セラフィムが停止し、本体が麦わらの一味と研究所を脱出できると思いきや、今度は本体が謎の失踪をしてしまい、同時に研究所を守るフロンティアドームが制御不可になったことで脱出が出来なくなってしまう。

リリスは本体を探すべくウソップフランキーヨークと共に研究所内を捜索するが、道中ベガパンクと同等以上の威権順位に位置する何者かの命令を受けたS-スネークの襲撃に遭う。携えていたバブルガンを使用して一度は優位に立つも、S-スネークの能力に翻弄され、石化してしまう。


その後は石化を解かれ麦わらの一味とベガパンク達と合流し、本体と生き残ったサテライト達が騒動の黒幕によって暗証コードを掛けられたフロンティアドームの解除を行っている間、自身はルフィ達と共に(ベガフォース01の飛行システムとサニー号の風来バーストを使った二段ロケット方式での)脱出作戦の第一の要であるベガフォース01の元へ向かう。

無事に搭乗に成功したが、それに気付いた黄猿によってベガフォース01が破壊されてしまい、作戦は失敗。


しかし、黄泉の冷気で凍らせた島雲の上をサニー号で滑り降り、裏口へ向かうというブルックの機転によってなんとか持ち直す。

このアイデアには天才科学者であるリリスも感心していた。


「最後はどうやって止まるんじゃ?」


「あ!! 考えてませんね


「落ちるじゃろうがーっ!!!」


なおブルックが滑り降りた後の事を一切考えていなかったという特大のボケをかましたため、一転してツッコミに回った(最終的に船はウソップのサポートによって止まった)。

その後は無事サニー号に乗り込み、仲間の到着を待っている。


余談じゃ!!

名前の由来はおそらく、聖書において悪霊として登場するリリス


読者基準では初めて「ベガパンク」として現れたキャラクターであり、男性と思っていたのに女性だったことなど衝撃は大きかった。

また、スピンオフ作品『恋するワンピース』にて「“ベガパンクの妹”」というコイツを予見していたかのような設定が出ていたこともあり一時期話題となった。


しかし外見や人格は女性でも根本はベガパンク(男性)なので、作中では非常に珍しい男のロマンが分かる女性キャラクターである。


1番「海賊チック」じゃ!!

主人公ルフィを筆頭に海賊がメインで活躍するワンピースでは、海賊相手に身ぐるみを剥ぎ取るところはサテライトの中でわかりやすい「海賊」気質といえる。

しかし、作中ではシャカの指摘通り、シャカが制止しなければゾロとロビンに返り討ちされており、正直ルフィ以前の四皇相手によく生きていられたなとツッコみたくなるツメの甘さも感じる。

なお、リリスはサテライトの中で表向きにはわかりやすい海賊気質だが、実は謀略面でリリスとは別の意味でヤバい海賊気質が(リンク先ネタバレ注意)…。


関連イラストじゃ!!

ONEPIECEキャラクターズ リリスvegapunk

センシティブな作品One Piece: Lilith


関連動画じゃ!!

エッグヘッド編の予告映像。

0:19からリリスが登場しており、他のベガパンクに先んじてボイスを流していたため、視聴者の大半は正式なCV発表前から平野女史が担当することに気づいていた。


関連タグじゃ!!

ONEPIECE エッグヘッド

ベガパンク


〝猫(サテライト)〟

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2764195

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました