ピクシブ百科事典

ジュークボックス

じゅーくぼっくす

自動販売機の一種。 音楽機器が内蔵されており、既定の料金を支払うことで、登録された楽曲の中から好きな一曲を演奏してくれる。
目次[非表示]

解説

ジュークボックスとは、音楽自動販売機である、19世紀末のアメリカで発明された。
【Juke】とは、ガラ語(アメリカ系アフリカ民による方言的英語)で『騒々しい、野蛮』といった意味を持つ。

当初は蓄音器を改造したもので、人を驚かすことを目的とした発明品だった。
蓄音器の普及により一旦は姿を消すものの、電気録音技術とアンプの登場により、再び脚光を浴びる機会を得る。

アナログレコードの登場により、その活躍の幅は一気に広がり、1960年代のアメリカのレコード収益の実に3/4がジュークボックスに使用するためのものだったという。当時を象徴するアイテムの一つとしても認知されている。

その後、カセットテープウォークマンの普及、有線放送による音楽提供など、音楽を楽しむための環境が進化していったことで、次第に片隅に追いやられていくことになった。
だが現在でも、ジュークボックスは時代に合わせて進化し続けており、電子化による最新ヒット曲への対応や、個人向けの小型の筺体などが出現しており、今でもその魅力をもって人々を楽しませている。

構造

一般的に想起されるものは、カラフルなアーチ状の上部と電飾を持ったタイプ。
構造は製造元によってまちまちだが、おおよそは上部にレコーダーと販売ボタン・下部にアンプというのが一般的。

指定された金額の貨幣を投入し、その後選曲ボタンを押すことで演奏を開始する。

初期のものは自動演奏するピアノやオルゴールといったものが多かったが、レコード再生の機構を取り入れてからは、内部で自動でレコードを取り替え、曲目を変える方式になった。

現在では音源の電子化によって小型が可能になり、再生までのタイムラグも解消されている。

関連イラスト

【ネコとお酒と音楽】


関連タグ

音楽 自動販売機
レコード

  • 杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン
    • 『アニゲラジュークボックス』という、杉田智和が替え歌を歌うコーナーがある。
  • 艦隊これくしょん
    • ゲーム内の母港(メニュー)画面を装飾する「家具」として登場。「家具コイン」を消費することで、登録されている好きな艦これ楽曲を視聴できる。また母港・編成の二つの画面のBGMとして選んだ曲を固定することも可能。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュークボックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18967

コメント