ピクシブ百科事典

ジェルマ66

じぇるまだぶるしっくす

ジェルマ66とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する軍隊の名前である。
目次[非表示]

概要

北の海の海遊国家「ジェルマ王国」が保有する科学戦闘部隊。別名を戦争屋。総帥を務めるのは麦わらの一味のコック・サンジの父親で、ジェルマ王国の国王であるヴィンスモーク・ジャッジ。彼の子供である4姉弟が組織の主戦力級を務める。

科学力に長けており、空中に生身の人間が立てる謎の靴など興味深いアイテムを一部の構成員は持っている。

世界経済新聞に掲載された絵物語「海の戦士ソラ」に敵役として登場しており、世間一般では「空想上の悪の軍隊」だと認識されている。
国民の大半が男性で兵隊であり、勝利のためであれば好き好んで命を差し出すなど、異常なまでに士気と忠誠心が高い。

というのも、ジェルマ66の兵隊は、かつてジャッジともに兵器の研究を行っていたベガパンクの発見した血統因子(DNAのようなもの)の研究を、ジャッジが引き継いで突き進めた成果として生み出された複製(クローン)であり、「ヴィンスモーク家の命令に従順に従いそのためならば死も恐れない」ようにプログラミングされたためである。

クローン一体が完成するまでに5年かかり、5年で20歳の兵士として機能するようになっている。

クローン元は数名の優秀な強者から作られているため、ヴィンスモーク家以外の兵隊の容姿が酷似しているのもそれが原因である。また、兵隊たちは自分達がクローンであることを知らない。

強くて従順、死を恐れないなどの要素からヨンジは「ジェルマ66は世界中から恐れられてあこがれる存在」と評し、クローンが死んでもまた作り直せばいいという考えがヴィンスモーク家に根付いていることが「盾」と部下に命じ使い捨てることに躊躇がない要因と思われる。

また、ジャッジの子供達もとある理由で失敗したサンジを除き血統因子の応用により強化されて誕生しており、体が鉄のような強度を誇る外骨格などをはじめ高い身体能力が子供の頃から発現、加えてそれぞれが『毒を操る』『姿を消す』など特殊な技能を身につけている。
更に、血統因子の操作の影響で、イチジ・ニジ・ヨンジは慈悲・優しさ・思いやりといった人間らしい善い感情が欠落している。これは敵に勝ち、ジェルマ帝国復活を果たすというジャッジの狙いによるもの。
しかし、自分の身を守るために不可欠な「恐怖」という感情すら欠落しているため、拘束され確実に命を絶たれる状況に置かれても無抵抗のままあっさり諦めてしまうという生物学的見地から言って致命的な欠陥がある(悲しみという感情すらないため、父ジャッジの慟哭に対しても理解できず、あっさり死を受け入れて普段と同じように談笑するほどである)。

主要構成員

総帥

幹部


関連項目

ONEPIECE ヴィンスモーク サンジ ビッグ・マム海賊団
悪の組織 ベガパンク

ナチス…紋章や科学力に秀でた面など元ネタと思われる。ちなみに「ジェルマ」の綴りは「Germ」…おや誰か来たようだ
ショッカー秘密結社イーグル:「心までは改造されなかった失敗作が脱走して蹴り技で闘う」「五人で五色、黄色はグルメ」「レイドスーツ(アイテム)を腰につけて変身」など、変身ヒーローの要素がモデルかと思われる。

クローントルーパー・・・・創作作品では特に著名なクローン兵。「オーダー66」という関連用語があることからこちらもモデルになっていると思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェルマ66」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272732

コメント