ピクシブ百科事典

ペル

ぺる

ペルとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する人物である。
目次[非表示]

「ビビ様 私は… あなた方ネフェルタリ家に仕えられた事を 心より 誇らしく思います」

概要

CV:野島健児

アラバスタ王国護衛隊副官。トリトリの実モデルの能力者で、その能力から『ハヤブサのペル』と呼ばれ、「アラバスタ最強の戦士」として知られる。

「守るために強くあろうとする」武人でもあり、ネフェルタリ・ビビから幼少の頃より慕われていた。

来歴

ビビが幼少の頃から王国に使える戦士で、同時に臣下では特に彼女のことをよく知る人物。
ビビがペルの入隊記念日を祝うために花火を作ろうとして火薬庫で事故から軽いけがを負った際は、彼女の身を案じてあえて平手打ちまでして叱咤するなど、立派な人格者。

帰還した王女ビビを守るためバロックワークスNo.2のミス・オールサンデー相手に戦いを挑むも、能力による遠距離からの関節技を扱う彼女に空を飛べるという自身の長所を潰され敗北した。

その後、オールサンデーを追いかけたところ、砂漠にてバロックワークス社長サー・クロコダイルに負け瀕死の重傷を負っていたルフィを発見し保護、ルフィの命を救った。かくしてルフィを救い出したペルは、クロコダイルにより王宮から突き落とされたビビを救い出し、アラバスタの反乱を止めクロコダイルを倒そうとする麦わらの一味と共闘する。

そしてアラバスタ編最終盤、クロコダイルによりしかけられた巨大爆弾の爆発から王国を守るため、自身の身を犠牲にして爆弾を抱えて空高く飛び上がりアラバスタ上空で爆発に巻き込まれた。

誰もが彼の死を悲しんだ…のだが、実は胸に大怪我を負いながらもなんとか生存し、麦わらの一味の出立後無事王宮に帰還した。

2年後は世界会議に向けて色々と準備をしている。

能力

名前トリトリの実モデル(ファルコン)
解説体を隼に変化させる
種類ゾオン(動物)系


隼に変身し、自由に空を飛び回れる「隼人間」。
世界でも僅か5つしか確認されていない飛行能力を持つ悪魔の実の能力者。隼らしい目にも留まらぬ猛スピードでの飛行が可能であり、その飛翔速度は秒速500m以上(マッハ1.47!!)に及ぶ(※1)。パワーにも優れ、一人か二人なら人間を乗せながら飛行する事もできる。さらに遥か上空からでも地上の様子を確認できる驚異の視力を持ち、戦闘から偵察まで幅広く活躍できる。

獣人型ではが隼の足のように変化し、その鋭いを武器として振るう事も可能。また、剣やガトリングガンなどの武器の扱いにも長けており、空を飛びながらそれらの武器を駆使し、瞬く間に敵を殲滅する。アラバスタ王国最強の戦士という肩書は伊達ではない。

ちなみにアラバスタではハヤブサはジャッカルと共に王家の敵を打ち滅ぼす守護神として崇められる存在である。

※1 残り5秒で爆発する超大型の1t以上ありそうな爆弾を抱えた上で、2.5㎞上空まで運んでいる描写から。

飛爪(とびづめ)
風の如く素早く敵の合間を縫うように飛び、すれ違った者を鋭い爪で刈り取る。

人気について

本来味方の副官キャラというのは、脇役としてその編が終われば忘れ去られるか、影が薄くなりがち。しかしペルの場合、精悍な顔立ち、珍しい飛行能力を持った能力者、ビビとの過去の描写、短期間とはいえ麦わらの一味と協力する、爆弾を抱えて飛び上がり自己犠牲で国を守った等、作中でインパクトを読者に残しているため、現在でもペルのファンは多い。

また、爆弾を抱えて国を守った後、読者はおろか作中の人物達もその死亡を疑わなかった(お墓まで作られた)にも係わらず生還している事から、“不殺主義のONEPIECE”を語る上でよくネタにされるキャラでもある。

関連項目

ワンピース ONEPIECE アラバスタ王国
ネフェルタリ・ビビ ネフェルタリ・コブラ
イガラム チャカ

pixivに投稿された作品 pixivで「ペル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272235

コメント