ピクシブ百科事典

オマツリ男爵と秘密の島

おまつりだんしゃくとひみつのしま

2005年に公開された劇場版ONEPIECE第6作目。
目次[非表示]

概要

2005年に公開されたONE PIECEの映画シリーズの第6作目。

監督は後に『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』などで知られる細田守が担当。また、細田自身としては初の長編アニメ映画となった。

細田の独特の最小限の影やCGの駆使、カメラワークのアングルなどが本作で散りばめられ、さらに、終盤のトラウマ級の展開と描写によって、ファンに強い印象と与えた。
それにより、ONE PIECEシリーズの異色作となったため、現在でも、かなりの賛否両論となっている(まぁこれには、細田監督自身が、シリーズの事をほとんど知らない状態でオファーを受けたという理由もあるのだが・・・)
興行収入は12億円。この時点で、すでに、当時の最高記録である「ねじまき島の冒険(30億円)」を、半分以上も下回っていた。それ以来、4年後に公開されたSTRONG WORLDが、48億円という大ヒットを記録するまで、映画シリーズの新作の興行収入は、10億円以上を記録する事はなかった。
製作に当たって、細田監督自身の苦い過去が大きく影響しており、『ハウルの動く城』制作が人事問題で失敗に終わり、その挫折と絶望の中、新たな仲間が集まった経験が元となっている。

ストーリー

ゴールドラインを進む麦わらの一味。彼らはパラダイスのような島「オマツリ島」の存在記した地図を手に入れ、永久指針をその島に向け進路を定めた。
着いてみるとその島の主と名乗るオマツリ男爵から、勝利すれば宝物をやると言って無茶苦茶な試練を次々に出され、男爵の手下たちと戦う羽目になり、パラダイスとは名ばかりのとんでもない島だった。しかも次第にウソップナミゾロサンジの間に軋みが生じ、仲間割れが起こってしまう。
一方、ルフィは男爵に抵抗するチョビヒゲ海賊団船長・ブリーフと出会い、彼から男爵は仲間を壊そうとしていると忠告を受ける。ロビンはこの島の固有種の花・リリー・カーネーションの存在を知る。チョッパーはお茶の間海賊団船長・お茶の間パパとその子供たちと出会い、この島の違和感に気付くことができた。
果たしてオマツリ男爵の真の目的とは?島に隠された秘密とは?次々とバラバラになる仲間達にルフィはどうするのか?

ゲストキャラクター

オマツリ男爵とその一味

オマツリ男爵(CV.大塚明夫
リリー・カーネーション(CV.渡辺美佐
ムチゴロウ(CV.草尾毅
ケロジイ(CV.青野武
ケロショット(CV.佐藤正治
ケロデーク(CV.八奈見乗児
ケロコ(CV.山本圭子
DJガッパ(CV.池松壮亮
コテツ(CV.氣志団綾小路翔

お茶の間海賊団

お茶の間パパ(CV.国本武春
ローザ(CV.大本眞基子
リック(CV.阪口大助
デイジー(CV.永井杏

チョビヒゲ海賊団

ブリーフ(CV.安原義人

関連タグ

ONEPIECE 劇場版ONEPIECE 細田守 仲間割れ 賛否両論

pixivに投稿された作品 pixivで「オマツリ男爵と秘密の島」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26749

コメント