2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「史上最大の笑劇!!」

概要

作品名ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島
監督細田守
脚本伊藤正宏
作画監督すしお山下高明久保田誓
ゲスト綾小路翔
主題歌氣志團「夢見る頃を過ぎても」
公開日2005年3月5日
上映時間91分
興行収入12億円
前作ONE PIECE 呪われた聖剣
次作ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵


2005年に公開されたONE PIECEの映画シリーズの第6作目。

監督は後にオリジナル長編アニメーション監督として著名となる細田守が担当。また、細田自身としては本作が初の長編アニメ監督作品となった。

広告や映画ポスターには「今度の映画、もれなく笑いがついてくる!!」「史上最大の笑劇!」と底抜けに明るい雰囲気であったため本作はコメディ作品だと想像されていた。

…しかし蓋を開けてみれば慣れ親しんだテレビアニメ版の作画とは異なる細田作品特有の細い線と薄い色彩、独特の最小限の影やCGの駆使、カメラワークなどが本作で散りばめられ、終盤のトラウマ級の展開と描写によって、ファンに衝撃を与えた。
ダークなストーリーは劇場版シリーズ屈指の異色作となり、挑戦的な作風は現在でも好みの分かれる賛否両論を呼ぶ作品となっている。

この映画の作風が『ONE PIECE』の雰囲気からかけ離れたものとなった理由は、細田自身の苦い過去が大きく影響しており、この数年前に彼はある長編映画の監督に内定されるも最終的に降板に至っており(制作での人事問題の失敗からと言われている)、「もう業界にはいられないかも」と悩むほど追い詰められた。今作はそんな紆余曲折の末に氏がようやくつかんだ初めての長編映画監督のチャンスであり、挫折と絶望の中、新たな仲間が集まり希望を取り戻せたという経験を反映させたのだという。

現在においては、細田の個性が良くも悪くも最大限に凝縮された作品として、よく話題に上がる作品となっている。

あらすじ

グランドラインを進む麦わらの一味。彼らはパラダイスのような島「オマツリ島」の存在記した地図を手に入れ、永久指針をその島に向け進路を定めた。
着いてみるとその島の主と名乗るオマツリ男爵から、勝利すれば宝物をやると言って無茶苦茶な試練を次々に出され、男爵の手下たちと戦う羽目になり、パラダイスとは名ばかりのとんでもない島だった。しかも次第にウソップナミゾロサンジの間に軋みが生じ、仲間割れが起こってしまう。
一方、ルフィは男爵に抵抗するチョビヒゲ海賊団船長・ブリーフと出会い、彼から男爵は仲間を壊そうとしていると忠告を受ける。ロビンはこの島の固有種の花・リリー・カーネーションの存在を知る。チョッパーはお茶の間海賊団船長・お茶の間パパとその子供たちと出会い、この島の違和感に気付くことができた。
果たしてオマツリ男爵の真の目的とは?島に隠された秘密とは?次々とバラバラになる仲間達にルフィはどうするのか?

ゲストキャラクター

レッドアローズ海賊団

オマツリ島の主でありレッドアローズ海賊団船長。
秘密の宝物を賭けて、島を訪れた海賊団に「地獄の試練」という名のアトラクションへの参加を持ち掛けてくる。結束力の強い海賊団を憎悪しており、海賊が仲間割れする様子を見ることを好み、試練を通して彼らが仲間割れするように仕向ける。自身の海賊団に対しては仲間想いな性格で、部下たちからも慕われていた。
弓矢の名手で、標的を自動追尾する矢や爆発する矢など、様々な矢を使いこなして一味を追い詰めていく。

オマツリ男爵の肩に乗っている、人語を喋る小さな花。オマツリ島の固有種。
不思議な力を持っており、大ダメージを受けると…?

オマツリ男爵の部下。第1の試練「金魚すくい」に登場。
超巨大金魚「ロザリオちゃん」をペットにしている。とても純粋な性格で嘘や尋問に弱くベラベラ喋ってしまう。

オマツリ男爵の部下。第2の試練「輪投げ」に登場。
ケロショット、ケロデーク、ケロコとの4人におけるリーダー的存在。

オマツリ男爵の部下。第2の試練「輪投げ」に登場。
攻撃の要。

オマツリ男爵の部下。第2の試練「輪投げ」に登場。
修理が得意。

オマツリ男爵の部下。第2の試練「輪投げ」に登場。
最年少で紅一点。

オマツリ男爵の部下。第3の試練「射的」に登場。
話すとき語尾に「プ」をつける。頭の皿が爆弾になっており、それを投擲して戦う。

オマツリ男爵の部下。コック。
晩餐会でサンジと鉄板焼き対決をして特製焼きそばを調理するが、焼きそばをサンジに奪われモダン焼きにされた。

お茶の間海賊団

  • お茶の間パパ(CV.国本武春)

お茶の間海賊団船長。
家族は全員お茶の間海賊団船員。妻はオマツリ男爵の手にかかり死去している。とても頼りない性格だが、子ども達のために日々奮闘している。

お茶の間パパの長女。あまり父親を信用していない。

お茶の間パパの長男。メガネをかけた少年。

  • デイジー(CV.永井杏)
お茶の間パパの次女。
ローザと違い、父親を慕っている。母親譲りの優れた聴覚を持っており(描写から見聞色の覇気を生まれつき体得している可能性がある)、助けを求めるチョッパーたちの微かな声をルフィに届けた。

チョビヒゲ海賊団

チョビヒゲ海賊団船長。
チョビヒゲを生やした男。ヤギを連れている。彼以外の団員は全員オマツリ男爵に殺されてしまった。オマツリ男爵の支配に対し反旗を翻し、秘密基地を築いてレジスタンス運動を展開しており、島中にトンネルや抜け道などの秘密ルートを作っている。麦わらの一味のチームワークを見込み、ルフィを援護した。

余談

賛否両論の内容としては(終盤敵の仕込みと判明するが)「誤って戦線離脱してしまったウソップが、ギリギリで復帰して逆転勝ちする要因となったのを目撃したはずなのに敵前逃亡として叱責するナミ」「サンジがナミに暴言を吐く」レベルのキャラ崩壊が平然と起こる多大な解釈違いが主になっている。
その敵の仕込みの判明も若干雑であるため納得がいかない視聴者が多かったのだろう。

当初のプロットの段階では本作は麦わらの一味がバラエティ番組のように色々な試練に挑戦していくドタバタコメディ作で、ブリーフは説明役、お茶の間海賊団は出オチ担当として登場する予定だったのだが、実際に出されたのは「常時ウソップとの決闘直前の空気で進行する麦わら海賊団」であったため、「もれなく笑いがついてくる!!」「史上最大の笑劇!」どころか、引き攣った笑みすら浮かべる余裕がなくなってしまう。

原作者である尾田栄一郎が激怒した…という噂が流れるほどの作品で監督は脚本に黙って内容を大きく変えたという逸話も残っている。

関連タグ

ONEPIECE 劇場版ONEPIECE 細田守 みんなのトラウマ

外部リンク

『ONE PIECE―オマツリ男爵と秘密の島―』細田守インタビュー

関連記事

親記事

劇場版ONEPIECE げきじょうばんわんぴーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「オマツリ男爵と秘密の島」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「オマツリ男爵と秘密の島」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96377

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました