ピクシブ百科事典

ロックス・D・ジーベック

ろっくすでぃーじーべっく

ロックス・D・ジーベックとは、漫画「ONE PIECE」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

約40年前に存在したとされる『ロックス海賊団』の船長。
海賊王ゴール・D・ロジャーが現れるまでは、全海賊達の覇権を握っていたとされる伝説の大海賊。
ワンピース世界では珍しく、ただ『ロックス』とファミリーネームで呼ばれていた。
このロックスを打ち取ったことが、海軍中将モンキー・D・ガープの『英雄伝説』の始まりともされている。

約40年前、海賊島ハチノスにて1つの儲け話のために海賊たちを束ね、ロックス海賊団を結成する。
その後、『世界の王』になるという野望の元、テロリストのように世界政府に牙を剥き、政府に揉み消されるほどの事件を数多く引き起こした(センゴク曰く、『世界の禁忌(タブー)に触れ過ぎた』とのこと)。

しかし38年前、『ゴッドバレー』という島で起きた「ゴッドバレー事件」にて、「天竜人とその奴隷たちを守る」ために、その場に居合わせたロジャーと暫定的な同盟を結んだガープとの戦いの末に敗れ、ロックス海賊団は壊滅した。
その後、そのニュースは世界中に報道され、ゴッドバレーも跡形もなく消滅したという。

しかし、起こした事件が政府に揉み消されていたことや、仲間殺しが絶えないほど船員同士の仲が非常に悪かったことから、壊滅後も語り継ぐ者が殆どおらず、歴史の影に身を潜めたとされている(ただし、当時の海賊や海兵の耳には、その脅威だけが伝わっていたという)。

現在は故人だが、ヒナ曰く「船長を失っても力は増している」とのこと。ガープからも「復活すれば脅威」とまで評され、ロックス海賊団への懸念は未だに続いている。

容姿

シルエットのみだが、逆立った髪が特徴で、若き日の白ひげたちと比べて小柄な身長であった模様。また、コートのようなものを着用し、腰にを帯刀していた。

性格

『世界の王』になろうと数多く事件を起こしていたことから、非常に好戦的で凶暴であった模様。また、粗暴な海賊たちをまとめ上げていたことから、高いカリスマ性や統率力を有していたとも考えられる。

戦闘能力

詳しい戦闘描写はないが、センゴクに「ロジャーの最初にして最強の敵」と評されるほどの実力者。

部下

後に『四皇』と呼ばれる白ひげビッグ・マム百獣のカイドウ(当時は見習い)を始め、金獅子“銀斧”キャプテン・ジョン“王直”など、後に名を馳せる伝説の海賊たちが所属していた。

また、40年ほど前に海賊から足を洗ったシャクヤク、40年近く前に白ひげと同じ船に乗っていたとされているミス・バッキン、ビック・マムの保護者ともいえるシュトロイゼン黒炭オロチワノ国の将軍にまで導いた黒炭ひぐらしも、ロックスとの関係が示唆されている。

余談

黒ひげ海賊団の船は「サーベルオブジーベック号」であることや、黒ひげは現在ハチノスの元締めを担っていることから、黒ひげはロックスの関係者、もしくはロックスをリスペクトしてると思われる。

皮肉にも、宿敵ガープの息子であるモンキー・D・ドラゴンは、髪型と、世界政府を狙うという立場が似ている。

ちなみに、『ジーベック(xebec)』とは現実世界において16~19世紀に使用された船の種類の名称である。

関連タグ

ONEPIECE
ゴール・D・ロジャー モンキー・D・ガープ
四皇 エドワード・ニューゲート シャーロット・リンリン カイドウ
シャクヤク ミス・バッキン

関連記事

親記事

ロックス海賊団 ろっくすかいぞくだん

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロックス・D・ジーベック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3093

コメント