ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「帰れ! クズ!! その程度の懸賞金でおれの傘下に入ろうとは片腹痛い!」


概要

離散した麦わらの一味が再集結したシャボンディ諸島で“麦わらのルフィ”を名乗り仲間を募っていた海賊である。


プロフィール

本名デマロ・ブラック
異名三枚舌のデマロ・ブラック
年齢36歳
身長245cm
懸賞金2600万ベリー
所属ニセ麦わらの一味船長
出身地東の海
誕生日5月5日
星座おうし座
血液型S型
好物ビール唐揚げ
初登場単行本61巻 第598話『2年後』
CV粗忽屋

性格

姑息な性格であり、正体がバレるとすぐさま逃げ出す。

本物と異なり一般人相手に危害を平気で加える残虐さをもち、仲間に対しても薄情


能力

それなりの巨漢だが肥満体であり、これといって身体能力が高い訳でもなく、攻撃スタイルも普通の拳銃を撃つだけ。ゴムゴムの実の能力者ですらない。


『三枚舌』という通り名や、堂々としたの貫きっぷりからも分かる通り、以前から名のある海賊の名を騙ったハッタリ頼りで生き抜いてきた事が窺える。

そんな経験から、もっともらしい詭弁で集団を形成したり煽動する能力だけには長けている。


それでも、その懸賞金額は偉大なる航路基準でなければ決して低いものではなく、自身を含むメンバー全員の出身である東の海からシャボンディ諸島まで辿り着いており、船長を務めていることからも、それなりには強い……のかもしれない。

一応パシフィスタにもデータは登録されており、海軍にも正体や通称を含めて把握されている程度の名は上げているようである。


活躍

2年後のシャボンディ諸島で海賊“麦わらのルフィ”を名乗り懸賞金7000万ベリー以上の仲間を集め、一時は超新星リップ・“サービス”・ドウティ深手の・アルビオンカリブー海賊団濡れ髪のカリブー返り血のコリブーなどを傘下にした大海賊団を作り上げたが、戦桃丸率いるパシフィスタ2体を含む海軍の攻撃で海賊団は壊滅。


すぐさま逃げようとするが運悪く戦桃丸に鉢合わせしてしまい、往生際悪くルフィの背景を並べ立ててビビらそうとするが、そんなことが彼に通用する筈もなく「”麦わら”はおめェみてェなカスじゃねェよ!!!!」で叩き潰され、そのまま失神した。


その後は戦桃丸達が海軍基地に麦わらの一味に関する報告を行っている傍らで、他の大量の海賊と共に縛られて放置されていた。

ワンピース展の手配書や下記の『ワンピースパーティー』から鑑みると、シャボンディ諸島での一連の事件後は逮捕されてインペルダウン行きになったと思われる。


余談

  • 名前の由来

名前の由来は恐らくブラジルコーヒー豆を持ち込んだポルトガル沿岸警備隊中尉フランシスコ・デマロ・パルヘッタ+「デマ」+「ブラックブラックコーヒー本性腹黒い事のダブルミーニング)」と思われる。これらの由来からか、自身を含めニセ麦わらの一味のメンバーはコーヒーチョコレートが由来の名前となっている。


カリブー海賊団の加入目的は麦わらの一味を内部から壊滅させることであり、例え海軍から逃げおおせたとしても彼に始末されていたと思われる。実際に、仲間の一部である偽サンジ(ドリップ)偽ゾロ(マンジャロウ)などはカリブーに捕まっている。


  • 声優

彼を含めたニセ麦わらの一味のCVは全員、(ニコ・ロビン役の山口由里子を除き)元の麦わらの一味を演じた声優があべこべに入れ替わって演じている(粗忽屋名義)。



アラバスタ編の裏話が語られている第6話に勝手に登場している。

また、ウソップインペルダウン脱獄回である第31話ではドンキホーテ・ドフラミンゴと共に脱獄を図るも、途中で足をくじいてしまい捕まってしまう。同話ではルフィやクロコダイルのパロディも披露している


関連イラスト

ワンピースのらくがき。二年後・・偽・麦わらの一味


関連タグ

ONEPIECE 海賊

ニセ麦わらの一味 モンキー・D・ルフィ 粗忽屋

詐欺師 小物 嘘松

関連記事

親記事

ニセ麦わらの一味 にせむぎわらのいちみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 967116

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました