ピクシブ百科事典

ハーディガン

はーでぃがん

RGM-111ハーディガンとはシルエットフォーミュラ91に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

概要

アナハイム・エレクトロニクスがシルエット・フォーミュラ・プロジェクトに於いて開発したヘビーガンのカスタム機。当初は「RGM-109II ヘビーガン・カスタム」であったが改称されている。
Gキャノンのオリジナルたるキャノンガンダムの模倣機とも言える機体であり、GキャノンのOEM生産によって得られたキャノンガンダムの技術を、オリジナルに限りなく近い状態でアナハイム製モビルスーツに反映させる目的で開発された。
主なパイロットはケビン・フォレスト。

アナハイムは、Gキャノン開発に起因するサナリィとの確執から、キャノンガンダムのデータを完全な形で得られる事が出来なかった。
そこで、Gキャノンの設計時に開示されたデータの中で先進的な技術を吸収する事でその模倣を行おうとしたのが本機である。

主機にはサナリィから得られたデータを基に開発した新型の小型熱核反応炉を採用・搭載ており、機動力はベース機たるヘビーガンを凌駕する。
火器についても簡易ヴェスバーとも言えるビーム・ランチャーを装備している点が挙げられ、当初より対モビルスーツ戦闘を主観に置いて開発されている事から、総合的な戦闘能力は同時期に開発されたGキャノン・マグナを上回る。
また、多数のハードポイントが搭載されている事から拡張性も高く、ある意味ではアナハイム版F90とも言える存在であり、F90と同じく数多くのバリエーションが存在する。
ヘビーガンがベースである為、補修の際にそちらのパーツを流用する事が可能。ケビン機の損傷した肩部をヘビーガンの肩パーツで代用する一幕もある。

機体データ

型式番号RGM-111
所属アナハイム・エレクトロニクス社
建造アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態試作機
頭頂高15.9m
本体重量9.8t
全備重量24.1t
出力3,540kW
推力19,920kg×3、9,980kg×4
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
武装
  • バルカン砲×2
  • メガマシンキャノン×2
  • 3連グレネードラック×2
  • ビームサーベル
  • ダブルビームガン×2
  • ビームランチャー
  • シールド


関連項目

シルエットフォーミュラ91
Gキャノン Gキャノン・マグナ ヘビーガン

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーディガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5409

コメント