ピクシブ百科事典

目次[非表示]

機体データ

型式番号RGM-111
所属アナハイム・エレクトロニクス社
建造アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態試作機(量産型テストベッド機)
頭頂高15.9m
本体重量9.8t
全備重量24.1t
出力3,540kW
推力19,920kg×3、9,980kg×4
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
武装
  • バルカン砲×2
  • メガマシンキャノン×2
  • 3連グレネードラック×2
  • ビームサーベル
  • ビームライフル
  • ダブルビームガン×2
  • ビームランチャー
  • シールド


概要

アナハイム・エレクトロニクスが『シルエットフォーミュラ計画』に於いて開発したモビルスーツ。
ヘビーガンのカスタム機で、当初は「RGM-109II ヘビーガン・カスタム」であったが改称されている。
主なパイロットはケビン・フォレスト。

アナハイムは、F71 Gキャノンの製造に起因するサナリィとの確執から、F70 キャノンガンダムのデータを完全な形で得られる事が出来なかった。そこで、Gキャノンの設計時に開示されたデータの中で先進的な技術を吸収する事でその模倣を行おうとしたのが本機である。
Gキャノンのオリジナルたるキャノンガンダムの模倣機とも言える機体であり、GキャノンのOEM生産によって得られたキャノンガンダムの技術とキャノンガンダム開発当時の支援機としては過剰かつ不要だった汎用機としての性能仕様を、オリジナルに限りなく近い状態でアナハイム製モビルスーツに反映させる目的で開発された。

主機にはサナリィから得られたデータを基に開発した新型の小型熱核反応炉を採用・搭載しており、機動力はベース機たるヘビーガンを凌駕する。

宇宙世紀0122年12月24日、連邦軍第17MS小隊がオーストラリア北東部の旧ネオジオン残党のアジトを急襲。
アジト内に潜伏中していた非戦闘員を含む全員が死亡。
これは歩兵相手にも容赦なく背中のビーム・ランチャーを使用した為である。
事件は公表されず,RGM-111の実戦記録も抹消される。

ヒロイックな外見とケビン・フォレストの活躍に反して、多くの任務において非人道的な行為で使われている印象が強くなってしまっている。

武装

ビーム・ライフル

ヘビーガンに装備されたものと同型のビーム・ライフル。

ビーム・サーベル

近接戦闘用の装備。バックパックに1基のみ装備される。

ビーム・ランチャー

ハーディガン


簡易ヴェスバーとも言える威力と高命中精度を誇る大口径ビーム兵器。当初より対モビルスーツ戦闘を主観に置いて開発されてきたハーディガンが有する最大の射撃兵装。
長距離狙撃仕様であるF90Lタイプの「ロングレンジライフル」を比較対象にして射撃精度で劣る物とされているが、裏を返せば長距離狙撃特化機を除いた機体の中では高い精度を持つ事を物語っている。
使用しない際や近接戦闘時には接続しているアームを使ってリアスカートにセットされる。

ハードポイント

多数のハードポイントが搭載されている事から拡張性も高く、ある意味ではアナハイム版F90とも言える存在であり、F90と同じく数多くのバリエーションが存在する。
補修の際にはベース機のヘビーガンのパーツを流用する事が容易な上、ヘビーガン用オプション装備(パワードウェポン装備等)の換装が可能。この機能を利用して、ケビン機は戦闘時に損傷した肩部スラスターブロックをヘビーガンの肩部スラスターブロックで代用している。
前身となるへビーガンⅡのアップデートモデルがミッションパックに対応していたが、ハーディガンにも対応しているかは不明。バリエーションのブリッツクリークとナイトレイドを見る限りでは、混戦装備には対応しているk事が窺える。

バリエーション

ハーディガン ブリッツクリーク

C87ゲスト絵


1/100 ネオガンダム付属冊子『モビルスーツハンドブック』にてプラモデル作例が掲載。色は黄色が中心。
サイド1のコロニー、24バンチにおける反地球連邦政府運動によるゲリラ活動鎮圧の為に出撃した、第106守護中隊が電撃作戦仕様にカスタマイズした機体。
フォーミュラ計画のデータ供与によって、ヘビーガンより数倍上の性能を持つ。
連邦のMSとしては、珍しく槍状の装備を使う。

ハーディガン ナイトレイド

ハーディガンとか


※表示されているのは通常のハーディガンで、ナイトレイドはリンク先の二枚目を参照。
1/100 ネオガンダム付属冊子『モビルスーツハンドブック』にてプラモデル作例が掲載。頭部に装備したスカウターのようなセンサーが特徴。
地球圏インド地方で起こった、旧ネオ・ジオン派の反地球連邦政府組織による内乱鎮圧の為に出撃した夜襲降下作戦タイプ。
この鎮圧作戦を指揮したのはバズ・ガレムソン中佐である。

Gカスタム

機動戦士ガンダムF90FF』に登場するハーディガンの先行試作タイプ。
アナハイムの意向を受けてF90の実戦投入を監視し情報収集し、AEの関わった証拠の隠滅も行う部隊ウジャトアイズに2機配備されている。
バックパックにはMSA-0120と同型のブースターが増設されており、有線で繋がった腰部のパーツにはビームマグナムのものと同型と思われるカートリッジが収められている。(Eパックカートリッジを利用したメガブーストの為か?)
2機のうち1機のパイロットはコンペ時にMSA-0120のパイロットであったヴェロニカ・ヴァーノン中尉。
名前から後述のへビーガン・カスタムの可能性もあるが、関連性は不明。

ヘビーガン・カスタム

ハーディガンの前身となるヘビーガンのカスタム機。形式番号RGM-109Ⅱ

ヘビーガンⅡ

ヘビーガンのマイナーチェンジモデル。形式番号RGM-111X
性能は不明だが、へビーガンからさほど劇的な変化が無かったとされている。
へビーガンをベースに、頭部のアンテナや肩の「HGⅡ」のマーキングがハーディガンの物となっている。

ヘビーガンⅡ(0116年仕様)
サナリィから盗用したF70の技術によって底上げされたヘビーガンⅡ。
ハードポイントにF90のミッションパックが装着可能となっている。

余談

こちらは、大将軍列伝に登場した鵬猟角である。



スーパーロボット大戦Wの主人公一家のアーディガンの名は初期設定ではハーディガンだったことをうますぎWAVE内の過去のスパロボを寺田Pが振り返るコーナー『スパロボメモリーズ』でWが採り上げられた際に語った。

関連項目

シルエットフォーミュラ91 機動戦士ガンダムF90FF
Gキャノン ヘビーガン シルエットフォーミュラ計画

関連記事

親記事

シルエットフォーミュラ計画 しるえっとふぉーみゅらけいかく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハーディガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16268

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました