ピクシブ百科事典

ドートレス

どーとれす

「機動新世紀ガンダムX」に登場する量産型モビルスーツ。
目次[非表示]

概要

旧地球連邦軍が開発した量産型モビルスーツ
宇宙世紀におけるジムに相当する機体。
三つ目の頭部が特徴。
本機は高い汎用性を誇り中でも機体構造はノーザンベル制圧戦の際には高空からの降下をパラシュートなしで行い無事着地、そのまま作戦を続行可能という驚異的な頑丈さを誇る。
バルチャーが使う機体の多くは戦前に製造されたものだが、新連邦や後述のアルタネイティブ社では新品が製造されている。武装は90mmマシンガンとシールドがメインで新連邦の正規機体にはビームサーベルとバズーカが装備に有り、また第七次宇宙戦争時の回想ではエアマスターのバスターライフルに外見が似たビームライフル(エアマスターの設定から考えるに旧連邦の「通常型ビームライフル」と考えるのが妥当)を装備している。

バリエーション

DT-6800 ドートレス

基本となる機体。
バリエント等新型機が配備されるまでは新連邦でも一線機体を務めていたが現在は二線機体。
僻地等新型を要しない場所ではまだ主力の場合も有る。
重量7.5t

DT-6800W ドートレス・ウェポン

右肩(正確には背部ハードポイント右)に500mmキャノンを装備した支援用の機体。
機動性がやや低下している。
胸部のカラーリングは紺色。
重量7.3t(アルタネイティブ社仕様機体)。

DT-6800C ドートレス・コマンド

通信機能を強化した指揮官機。
頭部の形状が異なり、アンテナが2基に増設されている以外は一般機と変わらない。
胸部のカラーリングは深緑。
重量7.1t。(アルタネイティブ社仕様機体)

DT-6800F ドートレス・フライヤー

飛行用追加バックパックユニットを装備した機体。
機動性などに難はあったが、戦後の地球では航空兵器がほとんど失われていた為それなりの戦果を挙げた。
カラーリングは胴体中央部が灰色、他は橘色。
登場したのが海上戦だった為携帯式(ボックスランチャー型)の魚雷発射機を持つ機体も登場している。

DT-6800HM DHMファイヤーワラビー

ザコット一味が使用した機体。
頭部は通常のドートレスに近いデザインであり、ホバリング専用スラスターを増設し極端に大型化した推力増強型の脚部が特徴的。
フレームの見直しから改良が行われているため全体的に元のドートレスより重厚だが重量そのものの増加はそれ程多くはない。Gビットと共通の胸部デティールがある為関連が有ると推測出来るジェネレーター等は共通の物ではないかとも言われている。
戦術的利用価値が高く旧連邦時代からパイロットに人気が有った。
カラーリングはブラウン系。
オプション武装として背部ハードポイントに火炎放射器を装備する事もある。

DT-6800HMC DHMCワイズワラビー

陸上での機動性向上を目的に開発された機体。
高機動指揮官機でファイヤーワラビーの上位機。
違いは頭部が性能向上型に換装されている事。
カラーリングは青。
劇中に登場したのは青いエニル機のみで、これが正式カラーかどうかは不明。なおワラビー系はビームサーベルを標準装備としている。
背部にハードーポイントが有り作中ではファイアーワラビーと共にパーツ回収用のコンテナを装備していた。

NRX-0018-2 ドートレス・ネオ

戦後に開発された直系の新型機。単機での飛行能力を有しており、開発にはガンダムヴァサーゴのデータも転用されており両前腕に装備された「ワイヤードビームライフル」という特徴的な装備を持つ。これは篭手状に装備されたユニットで遠距離攻撃時には名称通りの射撃火器として使用するが近接白兵戦時には砲口からビーム刃を形成し相手を切り裂く。新機軸の武器の為使い方によっては相手を欺く(実際劇中で近接兵器しか持っていないかの様に見せた)事も出来た。 劇中で登場したのは終盤で、しかも量産化の最終テスト段階であったので実戦配備はフロスト兄弟親衛隊にのみ行われており、また件のワイヤードビームライフルも調整が済んでないのでごく一部の機体しか使用しておらず、他の機体はバリエントと同じビームライフル(色だけが違う)とビームサーベルを使用している。

ドートレス改

バルチャーが改造を施したドートレス。
旧宇宙革命軍の機体であるジェニスのパーツを使用するなど、様々な機体や自作と思しきパーツによりカスタマイズされている為、機体毎に姿が異なる。

ドートレス・タンク

ドートレスの上半身と戦車の車体を組み合わせた機体。
頭頂高は10.3mと下がっている。
ジャンクパーツから再生した機体であり、正規のバリエーションではない。
両前腕が70mmガトリング砲に変更されており、背中ハードポイントにはドートレス・ウェポン用のキャノン砲が追加可能。
重量6.3t

アルタネイティブ社仕様

旧連邦の技術士官フォン・アルタネイティヴが有する北米の都市セントランジュ郊外にある
軍事企業アルタネイテイブ社で生産された言わば「戦後生産型ドートレス」の一種。
放棄された旧連邦の軍事施設を接収しており、旧連邦の機体の再生産を行っている。
形式番号が通常型のみDT-6800Aと末尾にアルタネイティブ社の頭文字が付く。
外見はカラーリング以外は旧連邦仕様と変わらない。
そのまま再生産するのではなく、独自の仕様として軽量化(重量が7.0tに)などを施している。
前述のウェポン・コマンド仕様は重量設定が当社仕様機体の物を基準にしている為、連邦本来の
ドートレスのスペックより軽量という矛盾が生じてしまっているが連邦本来のコマンド・ウェポン仕様の重量が資料に記載された事は無い(一応標準仕様の7.5t+αになると考えるのが妥当ではある)。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX モビルスーツ 量産型
ジム

pixivに投稿された作品 pixivで「ドートレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4111

コメント