ピクシブ百科事典

リミテッドモデル

りみてっどもでる

リミテッドモデル(通称・LM)とは、かつてバンダイより発売されたプラモデルシリーズである。

概要

バンダイが1995年から1997年にかけて展開したプラモデルシリーズ。
大量生産しても収益が見込めないとされたものを限定(リミテッド)生産させるというコンセプトであることや、生産及び管理にコストがかかる金型ではなく簡易金型を用いた簡易インジェクションキットであり、プラモデルというよりは大手企業生産による廉価のガレージキットキャストキット)の側面もあった。
アサフレックスと言う軟質樹脂で作られていたために曲面造形ではプラモデルに勝ったものの、シャープさには欠ける他、改造もしづらい。更にはガシャポン並みの可動域で、色分けも一切ない。その出来は当時の目線でも割高としか言えなかったが、発売されただけでも有り難いと言えるラインナップなので仕方がなかったとも言える(そもそも、そういうシリーズである)。
※当時のバンダイは『機動戦士Vガンダム』でVガンダムV2ガンダム)以外のモビルスーツが売れなかった事から、ガンダム以外のMSのプラモ化に及び腰であった。その結果登場したのが全機がガンダムの『機動武闘伝Gガンダム』である。

ラインナップはロボット作品だけでなく、漫画作品のキャラクタープラモデルもあり、その辺においても後に色々と影響を与えている。

展開されたもの

関連記事

親記事

キャラクタープラモデル きゃらくたーぷらもでる

兄弟記事

コメント