2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

リミテッドモデル

りみてっどもでる

リミテッドモデル(通称・LM)とは、かつてバンダイより発売されたプラモデルシリーズである。
目次[非表示]

概要

バンダイが1995年から1997年にかけて展開したプラモデルシリーズ。
大量生産しても収益が見込めないとされたものを限定(リミテッド)生産させるというコンセプトであることや、生産及び管理にコストがかかる金型ではなく簡易金型を用いた簡易インジェクションキットであり、プラモデルというよりは大手企業生産による廉価のガレージキットキャストキット)の側面もあった。
一部の商品はアサフレックスと言う軟質樹脂で作られていたために曲面造形ではプラモデルに勝ったものの、シャープさには欠ける他、改造もしづらい。更にはガシャポン並みの可動域で、色分けも一切ない。その出来は当時の目線でも割高としか言えなかったが、発売されただけでも有り難いと言えるラインナップなので仕方がなかったとも言える※(そもそも、そういうシリーズとして誕生したもの)。
※当時のバンダイは『機動戦士Vガンダム』でVガンダムV2ガンダム)以外のモビルスーツが売れなかった事から、ガンダム以外のMSのプラモ化に及び腰であった。その結果登場したのが全機がガンダムの『機動武闘伝Gガンダム』である。

とはいえ、パーツの精度などは同様に簡易インジェクションを採用した海外製のスケールモデルなどよりは優れており、最低限バンダイの技術力の面目は保っている……のかもしれない。

ラインナップはロボット作品だけでなく、漫画作品のキャラクタープラモデルもあり、その辺においても後に色々と影響を与えている。

なお、簡易インジェクションは当時のボークスウェーブコトブキヤも行っており、中でもボークスではバンダイでも発売していた「エヴァンゲリオン」各機を発売していた。

ラインナップ


関連タグ

バンダイ プラモデル ガレージキット

ポセイドンX:こちらはタミヤ製の限定ミニ四駆。こちらもリミテッドモデルと同じ軟質樹脂を金型に使用したため限られた生産数しかなく、幻のモデルと化している(かつてはプロトエンペラーも同様の扱いだった)。

関連記事

親記事

キャラクタープラモデル きゃらくたーぷらもでる

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました