ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
初期型ジム
1

初期型ジム

1

しょきがたじむ

初期型ジムは、アニメ『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場する地球連邦軍のモビルスーツ(MS)。

機体データ

型式番号RGM-79[E](RGM-79E)
所属地球連邦軍
開発地球連邦軍ルナツー工廠
生産形態先行量産機
全高18.0m
頭頂高18.0m
固定武装バルカン砲×2
携行武装90mmブルパップ・マシンガン、他

概要

型式番号RGM-79[E]

アニメ『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場。


地球連邦軍が初期に開発した量産型モビルスーツ(MS)のひとつで、ルナツーで生産されたジムの「先行量産型」の一種。

同じく先行量産型ジムと呼ばれる陸戦型ジムとは開発元が異なる別系統の機体であり、宇宙空間における戦闘に主眼を置いていたことから「宇宙用ジム」とも呼ばれる。

外観は後期生産型のジム改(C型)とよく似ているが、これは本機がジム改を含む後期生産型(C型系列)の開発母体であるため。最初期に開発されたジムでありながら、直系の機体は一年戦争末期の後期生産型であり、ジムと言えば真っ先に思い浮かぶ前期生産型とはあまり関係が無い。

ただし、機体設計自体は計画中の前期生産型の仕様をベースとしつつ推進器の増設や装甲形状の変更を行ったものとなっている。

急造機だったためにビーム・サーベルなどの固定武装は一切装備されていないともされるが、ビーム兵器が使用不能なのかまでは不明瞭であり、漫画『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 U.C.0079+α』ではアニメ版とは異なりビーム・サーベル(とシールド)を装備している他、ゲーム『機動戦士ガンダムオンライン』ではビーム・ライフルを使用している。


『第08MS小隊』の第1話(宇宙世紀0079年10月)において、第7艦隊機械化混成大隊に属するMS実験部隊「コバイユ部隊」所属機がジオン公国軍高機動試作型ザク(あるいはアプサラス0)と交戦。中破したテリー・サンダースJr.軍曹の機体を残して全滅している。

なお、サンダースJr.軍曹はこの時点で本機でザクⅡを6機撃墜しており、連邦軍の数少ないエース・パイロットだった。

宇宙用に配備された本機だが、宇宙がすでにジオンの勢力圏だったためその後の活躍の機会は乏しく、少数が生産されたのみで正式採用モデルのジムに取って代わられたともされる。


アニメ『機動戦士ガンダム』の作中にて、サイド7から逃げてきたホワイトベースがルナツーから厄介者扱いされ難民受け入れを拒否されたのは、連邦の最高機密だった将来的にMSを本格的に量産可能な設備、つまり本機の量産設備の存在を追撃するジオン軍部隊から秘匿するためだった。

また、寄港時にホワイトベース隊の面々を拘束したのも、量産設備の存在を彼らに知らせぬままガンダムの実戦データを入手し、本機にフィードバックするためだったとも言われる。


バリエーション

E型

型式番号RGM-79E

書籍『マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79 ジム Vol.1』に文字設定のみ登場。

ルナツーでの生産が計画されていたジムシリーズの量産機。初期型ジムはこれの先行量産機に当たる。

原型である初期型ジムの名前通りに、E型はジムシリーズの中でも最初期から開発が進められていた機体だが、G型であるジム・コマンドの開発が予想以上に早く進展したため、開発は中止されてしまった。

結果として量産には至らなかったものの、E型向けに開発中だった宇宙用高機動ランドセルはGS型(ジム・コマンド宇宙戦仕様)に、機体本体の設計はC型(ジム改)にそれぞれ転用されている。

なお、初期型ジムの型式番号もRGM-79Eだとする連邦軍の内部資料も見られるが、これは表記の混同によるものとされる。また、型式番号RGM-79Eはジム・スカウトと重複している。


余談

設定の変遷

初登場時には設定が固まっておらず、一時期は陸戦型ジムの宇宙戦仕様である先行量産型ジム宇宙用と同一の機体ともとれる設定が見られた。型式番号が同じRGM-79[E]なのもその名残である。

初期型ジムの名称と独立した別系統の機体である旨の設定は2005年頃から定着したものと思われるが、現在も両者の関係性ははっきりしていない。


ゲーム『機動戦士ガンダム0079カードビルダー』ではビーム・サーベルなどの固定武装を搭載していない点や本機の配備が少なかったという記述があり、ガンプラ「MG 1/100 RGM-79C ジム改(スタンダードカラー)」ではジム改との関係が語られ、ホワイトベース寄港時の説明や稼働時期の明言が行われた。

『マスターアーカイブ』では、前期生産型やジム・コマンドとの技術的関連性、量産型であるE型の存在などが設定されている。


以上のように、本項目の内容は資料元がある程度わかるレベルとなっている。

カードビルダーやガンプラ(特にこの時期のMGの記述)は設定資料としてみると正確性に疑問が残る場合もあり、また、MGの説明書では型式番号についての記載がなく「これはRGM-79[E](RGM-79E)についての設定である」と明言されている訳ではない

また、マスターアーカイブシリーズは作品内で発行された書籍という設定であり、関係者も公式に関わっており設定の逆輸入も見られるが、シリーズ内の書籍によっては「公式設定」ではないと断りを入れているなど参考資料としては難があるものである。

初期型ジムはこれらの資料を主な出典にしなければ記述できない程度に固まっていない、劇中の乏しい活躍と合わせていまだ謎が多い機体とも言える。


また、『第08MS小隊』小説版と『第08MS小隊 U.C.0079+α』では、所属部隊についても異なる設定がなされている。


関連動画


関連タグ

機動戦士ガンダム第08MS小隊

ジム(MS) ジム改 先行量産型ジム

機体データ

型式番号RGM-79[E](RGM-79E)
所属地球連邦軍
開発地球連邦軍ルナツー工廠
生産形態先行量産機
全高18.0m
頭頂高18.0m
固定武装バルカン砲×2
携行武装90mmブルパップ・マシンガン、他

概要

型式番号RGM-79[E]

アニメ『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場。


地球連邦軍が初期に開発した量産型モビルスーツ(MS)のひとつで、ルナツーで生産されたジムの「先行量産型」の一種。

同じく先行量産型ジムと呼ばれる陸戦型ジムとは開発元が異なる別系統の機体であり、宇宙空間における戦闘に主眼を置いていたことから「宇宙用ジム」とも呼ばれる。

外観は後期生産型のジム改(C型)とよく似ているが、これは本機がジム改を含む後期生産型(C型系列)の開発母体であるため。最初期に開発されたジムでありながら、直系の機体は一年戦争末期の後期生産型であり、ジムと言えば真っ先に思い浮かぶ前期生産型とはあまり関係が無い。

ただし、機体設計自体は計画中の前期生産型の仕様をベースとしつつ推進器の増設や装甲形状の変更を行ったものとなっている。

急造機だったためにビーム・サーベルなどの固定武装は一切装備されていないともされるが、ビーム兵器が使用不能なのかまでは不明瞭であり、漫画『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 U.C.0079+α』ではアニメ版とは異なりビーム・サーベル(とシールド)を装備している他、ゲーム『機動戦士ガンダムオンライン』ではビーム・ライフルを使用している。


『第08MS小隊』の第1話(宇宙世紀0079年10月)において、第7艦隊機械化混成大隊に属するMS実験部隊「コバイユ部隊」所属機がジオン公国軍高機動試作型ザク(あるいはアプサラス0)と交戦。中破したテリー・サンダースJr.軍曹の機体を残して全滅している。

なお、サンダースJr.軍曹はこの時点で本機でザクⅡを6機撃墜しており、連邦軍の数少ないエース・パイロットだった。

宇宙用に配備された本機だが、宇宙がすでにジオンの勢力圏だったためその後の活躍の機会は乏しく、少数が生産されたのみで正式採用モデルのジムに取って代わられたともされる。


アニメ『機動戦士ガンダム』の作中にて、サイド7から逃げてきたホワイトベースがルナツーから厄介者扱いされ難民受け入れを拒否されたのは、連邦の最高機密だった将来的にMSを本格的に量産可能な設備、つまり本機の量産設備の存在を追撃するジオン軍部隊から秘匿するためだった。

また、寄港時にホワイトベース隊の面々を拘束したのも、量産設備の存在を彼らに知らせぬままガンダムの実戦データを入手し、本機にフィードバックするためだったとも言われる。


バリエーション

E型

型式番号RGM-79E

書籍『マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79 ジム Vol.1』に文字設定のみ登場。

ルナツーでの生産が計画されていたジムシリーズの量産機。初期型ジムはこれの先行量産機に当たる。

原型である初期型ジムの名前通りに、E型はジムシリーズの中でも最初期から開発が進められていた機体だが、G型であるジム・コマンドの開発が予想以上に早く進展したため、開発は中止されてしまった。

結果として量産には至らなかったものの、E型向けに開発中だった宇宙用高機動ランドセルはGS型(ジム・コマンド宇宙戦仕様)に、機体本体の設計はC型(ジム改)にそれぞれ転用されている。

なお、初期型ジムの型式番号もRGM-79Eだとする連邦軍の内部資料も見られるが、これは表記の混同によるものとされる。また、型式番号RGM-79Eはジム・スカウトと重複している。


余談

設定の変遷

初登場時には設定が固まっておらず、一時期は陸戦型ジムの宇宙戦仕様である先行量産型ジム宇宙用と同一の機体ともとれる設定が見られた。型式番号が同じRGM-79[E]なのもその名残である。

初期型ジムの名称と独立した別系統の機体である旨の設定は2005年頃から定着したものと思われるが、現在も両者の関係性ははっきりしていない。


ゲーム『機動戦士ガンダム0079カードビルダー』ではビーム・サーベルなどの固定武装を搭載していない点や本機の配備が少なかったという記述があり、ガンプラ「MG 1/100 RGM-79C ジム改(スタンダードカラー)」ではジム改との関係が語られ、ホワイトベース寄港時の説明や稼働時期の明言が行われた。

『マスターアーカイブ』では、前期生産型やジム・コマンドとの技術的関連性、量産型であるE型の存在などが設定されている。


以上のように、本項目の内容は資料元がある程度わかるレベルとなっている。

カードビルダーやガンプラ(特にこの時期のMGの記述)は設定資料としてみると正確性に疑問が残る場合もあり、また、MGの説明書では型式番号についての記載がなく「これはRGM-79[E](RGM-79E)についての設定である」と明言されている訳ではない

また、マスターアーカイブシリーズは作品内で発行された書籍という設定であり、関係者も公式に関わっており設定の逆輸入も見られるが、シリーズ内の書籍によっては「公式設定」ではないと断りを入れているなど参考資料としては難があるものである。

初期型ジムはこれらの資料を主な出典にしなければ記述できない程度に固まっていない、劇中の乏しい活躍と合わせていまだ謎が多い機体とも言える。


また、『第08MS小隊』小説版と『第08MS小隊 U.C.0079+α』では、所属部隊についても異なる設定がなされている。


関連動画


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    和間そばえ

    読む
  3. 3

    原作:当麻リコ・櫻田りん・鬱沢色素・雨傘ヒョウゴ 漫画:春木ハル・根子真依・小森タヲ・麻呂ねこ

    読む

pixivision

カテゴリー