ピクシブ百科事典

ジム・ガードカスタム

じむがーどかすたむ

ジム・ガードカスタムとは、業務用ゲーム『戦場の絆』、及び企画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD』に登場する架空の兵器。
目次[非表示]

機体解説

RGM-79HC ジム・ガードカスタムは、ジム・スナイパーカスタムをベースに開発された、防衛任務向けのジム系統MS。
機動力に特化したインターセプトカスタムとは対照的に防御力を重視しており、MS程の大きさをもつ巨大な盾「ガーディアン・シールド」を専用する。このガーディアン・シールドは、4種の合金の5層構造に対ビームコーティングを施され、その上前面にバルカン砲を2門備えており、機体が盾に隠れた状態でシールド・バルカンによる攻撃が可能。この他に、スナイパーカスタム系列用に再設計されたビーム・スプレーガン、近接格闘用としてボックスタイプのビーム・サーベル・ユニットやビーム・ダガーを装備する。頭部のバイザーには複合センサーを搭載し、左基部に2本のロッドアンテナを備える。

開発コンセプト通り、軍事拠点の防衛、艦隊の護衛にあてられた。一部の部隊では敵艦からの砲撃をも防いだという。おそらく盾に依るものだろうが、この機体は扱いが難しく、比較的練度の高いパイロットにが手配されたこと、機体の防御力の高さ等の要因で、一年戦争後の機体残存数が多かった。

元々は『MSV』のジム・スナイパーカスタムのプラモデルの解説書に名前だけが登場し、画稿は存在していなかったが、2009年に『戦場の絆』への出演にあたって新規デザインされた。2010年には雑誌「ガンダムエース」の企画『MSV-R』において、大河原邦男による画稿が公開され、設定が追加された。

THE ORIGIN』世界観におけるMSDでは、肩部バルカンがない、ビームスプレーガンが専用ではなくジムと同じもの、バックパックがビームサーベルをオミットしたRX-78-2と同型のものといった特徴の初期型が存在していたと設定され、MSV-R版はそこから更に改修されたものとされている。

ガンプラ

MSDシリーズとして1/144スケールのHGブランドで上述の初期型が発売。

なお、余談だが『ガンダムビルドダイバーズ』の「ナデシコアスロン」にてMSV-R版のガンプラが登場している。

関連イラスト

RGM-79HC ジム・ガードカスタム
<ここはまかせろ!>


関連項目

機動戦士ガンダム MSV-R MSD
ジム ジム・スナイパーカスタム ジム・インターセプトカスタム

pixivに投稿された作品 pixivで「ジム・ガードカスタム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8095

コメント