ピクシブ百科事典

アトミックバズーカ

あとみっくばずーか

OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する報復兵器。

概要

戦術核の弾頭の発射を目的としてガンダム試作2号機用に専用設計された大型のバズーカ。
背面からアームによって保持された基部と、バレル部に分割して携帯する。バレル部はシールド裏に収納される。
戦略核であることを秘匿するためかニュークではなくアトミックと付いているほか、書類上では戦術核扱いで処理されているが、使用されるMk-82型弾頭は戦略核以上の威力を有しており、劇中ではコンペイ島(かつてのソロモン要塞)に集結した地球連邦軍の艦隊の大半を一撃で葬り去った。
(ちなみに、現実の戦術核と戦略核の違いは射程距離であって威力ではない)

弾頭の推進自体は弾頭についているロケットモーターで行うが、アトミックバズーカの射出システムでなければ安全装置の最終解除は不可能であり、砲口のセーフティキャップも発射寸前まで排除できない構造になっている。

この装備に併せて機体を保護・冷却するラジエーターシールドも開発されている。このシールドはあくまでアトミックバズーカのバレルを運搬し、なおかつ核爆発の衝撃と熱から機体を守るための装備であるため、破損すると核攻撃自体が困難になってしまう(よって敵の攻撃から身を守るために使うのは推奨されない)。そのため漫画版に登場した重装備仕様は核攻撃直前に登場した事もあって別のシールドを使っている。

この武装に関し、戦略核にしろ戦術核にしろ、核搭載を前提とした兵器は南極条約違反であるという扱いがされがちで、劇中でもエギーユ・デラーズが演説の中でガンダム試作2号機は南極条約に違反した機体であると明言して連邦を非難しているが、南極条約は連邦とジオン公国の間で締結された協定なので、ジオン共和国成立後の宇宙世紀0083年には失効している。
それ以前に、核兵器の「製造」と「保有」はグレーゾーンなので、実は「使用」さえしなければ条約違反ではない。

なお、核弾頭の運用に変更される以前の計画では「徹甲弾」「炸裂弾」「ビーム攪乱膜散布弾」「プラズマリーダー」などの運用を想定されていたとされる。
デラーズ・フリートは核兵器発射後の再利用策として、アトミックバズーカの基部にスキウレビグロのメガ粒子砲を転用した移動砲台)の砲身を装着したビームバズーカを装備する計画を立てていたが、2号機が失われたため、実際に使用される事はなかった。

ちなみに、MSで核弾頭を運用する構想自体は既にザクⅡC型がザクバズーカで行っていた他、RX-78-2ガンダムハイパーバズーカでも検討されていたが、こちらは廃案になっている。

こんなネタも

同じサンライズ系列のアイドルアニメ、『アイカツスターズ!』。
この作品では自由奔放過ぎてどこに行くのか分からない二階堂ゆずを捕獲するために、お付きの生徒が捕獲ネットを発射するのにハイパーバズーカをぶっ放すというシーンがある。
そして2年目に入り、51話で。ゆずを捕獲するため幼なじみの白銀リリィが持ち出したのはなんとアトミックバズーカだった(もちろん発射するのは捕獲ネット)。

アイカツスターズ!51話


しかもギミックは元ネタ同様のモーション、ご丁寧に使うはずのないシールドまで所持
発射した途端リリィはやはり元ネタ同様その威力で後ろにずり下がってしまう。……一応言っておくと、この子病弱です

関連記事

親記事

ガンダム試作2号機 がんだむしさくにごうきさいさりす

兄弟記事

  • GP02 じーぴーぜろつー

pixivに投稿された作品 pixivで「アトミックバズーカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30525

コメント