2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

本気になったには何人たりとも勝つことなどできはしない。

あまりにも印象的なセリフだったので、企画もできた。

キラが嫌いという人の大半がこの一件を口にする事が多い。

このシーンでキラ・ヤマトは沢山の視聴者に悪いイメージが定着し友人の許嫁寝取り名人(この場面ではサイの恋人のフレイ、その後はアスランの婚約者のラクスと関係を持っている)、上っ面だけの外道、最悪のキャラと現在までにガンダムキャラで嫌われる原因となりネット上に沢山否定的なページを立ち上げられ悪いイメージを払拭出来ないものとなってしまった。




備考

このセリフ自体はあくまでも皮肉的な表現であり、このあとの「フレイは優しかったんだ。(略)僕がどんな思いで戦ってきたか、誰も気にもしないくせに」という一連の発言を踏まえて解釈する必要がある。
経緯を補足すると、彼らが乗る母艦アークエンジェルで、ザフトのMSに対抗しうる戦力はストライクガンダムのみであり、それを操縦できるのはコーディネーターであるキラのみであった。
アークエンジェルの乗員たちは、キラが友人たちのために命がけで戦闘することも、(知らぬこととはいえ親友さえいる)コーディネーターらを殺害することも、「キラがコーディネーターであるのだから当然」と認識するようになっており、そもそもつい先日まで喧嘩すら出来ない(弱いという意味ではなく誰かを傷つけようとする事ができなかった)ような優男だったにもかかわらず望まぬ戦いに身を投じるしかなく苦しむキラを気にかけ、感謝の言葉を伝えたのは唯一(元から反コーディネイター的思想であった上、とある出来事からキラを憎悪しており、自分に都合のいい道具として籠絡しようとしていた)フレイ・アルスターのみであった。
キラにとって、フレイは新たな「アークエンジェルを守る理由」であり、裏を返せばフレイを引き離されればもはやアークエンジェルを守る理由はないという精神状態に追い込まれていたのである。
そのような状況を全く理解せず(出来る状況ではなかったが)、フレイを引き離そうとして殴りかかってきたサイに対して「戦うだけの超人だと思っているのなら、当然そんな超人にかなうはずないだろ」という皮肉がこのセリフの真意である。

SEEDの基本描写として「口にしなければ伝わらない、口にしたら伝わってしまう」があり
彼の負荷を軽減できるであろう立ち位置にいた先輩MA(モビルアーマー、この時点では戦闘機の事)パイロットのムウ・ラ・フラガは敵を殺すことに悩むキラに「(変に悩まず)何をすべきかに集中しろ(悩むのは後からでもできる)」と先輩軍人として叱咤しているが、キラは「そういう思考転換法」としてのアドバイスを言葉通りに真に受け(カッコの中身は伝わっていない)てしまい、キラが「自己主張せず敵が来たら殺す(やるべきことだけをやる)機械」と化し、一時期寝る時も休む時も何もしてない時もコックピットから降りなくなる等する遠因を作ってしまうなど、SEED序盤はこういったとことんまですれ違った挙句キラも周りも精神衛生が悪化していく描写ばかりがされている。
また、捕虜となっていたラクスが暇潰しに歌っていた歌に対してサイが呟いた「やっぱりアレも遺伝子弄った結果なのかな」という(暫定敵高官に対して)の何気ない軽口をキラは「サイもコーディネーターにそういう印象を抱いている、自分がこの艦で居場所を貰うには嫌でも戦うしかない」と受け取ってしまい思い詰めるなど、そう言った積み重ねがこの台詞が放たれる現状を作ってしまった事は留意しなければ、キラはおろかこの台詞に対しても正しい評価は出来ない。(ブライト艦長の「殴ってなぜ悪いか!?」を初代ガンダム放送当時の時代背景も作中の背景も考えず体罰肯定の発言と非難するのと同じである)

その後

この後、サイはコンプレックスの爆発からストライクを操縦してorzとなったり、キラもフレイと別に拠り所となってくれる少女が現れ、更にフレイが自分を利用していたことを察してしまうなどで、三人の溝はより大きくなっていく。
しかしイージスとの死闘の末にトールKIA、その後立て続けに今度はキラがMIA(しかし誰もがKIAと判断した)となり、サイは自分がキラを大切な友人だと思っていたことに改めて気付き、身勝手にもよりを戻そうとするフレイを拒絶する。
更にその後、キラが新たなる剣を駆ってアークエンジェルの危機を救うと、サイはキラが生きていたことを心から喜ぶと同時に、これまで抱えていたキラへの劣等感を共に吐き出す。キラはそれに対し、「君に出来ないこと、僕は出来るかも知れない。でも、僕に出来ないこと、君は出来るんだ」と優しく告げる。
そして、キラの言った通り友情と死の恐怖の板挟みになる友人を、サイは優しい言葉で送り出すことに成功する。それを物陰から見ていたキラは、優しく、そして何処か誇らしげな表情をするのであった。

関連タグ

ガンダムSEED キラ・ヤマト フレイ・アルスター サイ・アーガイル
三角関係 アームロック それ以上いけない

関連記事

親記事

キラ・ヤマト きらやまと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「やめてよね」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「やめてよね」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 600763

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました