ピクシブ百科事典

空間認識能力(ガンダムSEED)

くうかんにんしきのうりょく

TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する用語のひとつ。
目次[非表示]

空間認識能力とは

空間内の物体の情報を素早く正確に認識する能力の事。
空間認知能力、空間識、空間知覚とも呼ばれる。

概要

機動戦士ガンダムSEEDシリーズでは、「ニュータイプ(以下NT)は存在しない」ため、こうしたオールレンジ攻撃兵装を運用するガジェットとして『超人的な空間認識力』を持つ人間が用意されている。
そういった面々の描写はメディアによってまちまちだが、脳内で想像するだけで視認していない戦域の状況(具体的な機数とその配置に至るまで)を把握する事ができると示唆されている。ある種の空間把握+未来予知的な技能で、フラガ家元当主アル・ダ・フラガに至ってはこれを生かし「株の値動きを予測して巨万の富を得る」という芸当さえやってのけた。そしてそのクローンであるラウ・ル・クルーゼはMSの操縦に必要な神経接続をこの能力で補い、コーディネイターだらけのザフト内でまんまと素性を隠す事に成功している。

空間上の物体の配置と未来位置を完全に把握できるため、このスキルを用いれば自らが操る個別の端末の位置と、攻撃すべき敵機の位置を平行して感知し攻撃する事が出来る。ドラグーンにせよ、ガンバレルにせよ神経接続を用いた脳波制御を拠り所とするため、常人レベルの空間認識力ではこれらの装備は使えない。しかしながら、外科手術によって三人のパイロットの脳をつなぎ、XYZの三次元における座標軸の空間認識を分割して担当する事でこれを補うという荒業もある。また、超人的な空間認識力はマルチロックオンシステムを完全スペックで使用する際の敵機捕捉にも活用される。

また、この超人的な空間認識力は特定の人間を感知する事も可能なようで、同能力を持つラウ・ル・クルーゼムウ・ラ・フラガネオ・ロアノークレイ・ザ・バレルがお互いの存在を感知し合う他、キラ・ヤマトも前述のネオやレイに対して反応する描写がある。外伝作品に登場するプレア・レヴェリーに至っては幽体になって登場するなど最早ニュータイプとあまり変わらない扱いである。

誤解されやすいが、あくまで『超人的』のレベルの話であり、空間認識能力を持つ事そのものは特別なことではなく、誰しもが持つ。
また、ガンバレルやドラグーンシステムへの適正が高くとも必ずしも相手を感知するまでには至らない事もある。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムSEED きどうせんしがんだむしーど

兄弟記事

コメント