ピクシブ百科事典

レッドフレーム改

れっどふれーむかい

ガンダムアストレイ レッドフレーム 改とは、機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAYに登場する機体である。
目次[非表示]

概要

機体名ガンダムアストレイ レッドフレーム改 (Astray Red Frame Kai )
型式番号MBF-P02KAI
全高18.00m
重量62.0t
装甲材質発泡金属装甲
武装
特殊装備
搭乗者


性能、機能

ロウ自身が関わったあらゆる技術を詰め込んでロウが制作したレッドフレームの集大成とも言える機体。いわゆる「全部載せ」をコンセプトとした機体ではあるが、「全部載せ」と言ってもデスティニーガンダムやパーフェクトストライクガンダムのように、ある程度性能、機能の方針が決まっている(戦闘用等の目的を持って作られている)のに対し、この機体は「持てる技術をとりあえず積みこむ」こと自体を目的として作られている。
そのため、この時代では破格とも言える性能を秘めた強力な装備を多数装備しているが、その多くは強力すぎて本人が使う気が無かったり(そもそもロウ自身、戦闘等の破壊行為が嫌い)高性能だがそもそもバッテリー駆動のレッドフレームでは使うのに無理がある物(強力だが消費エネルギーが膨大)まで、「とりあえず」搭載している。

例をあげるなら、
相手に量子コンピュータウイルスを送り込んで意のままに操る「ミラージュコロイドウイルス」(ロウ曰く「使う気がない」)

DSSDとの関わりで得た「ヴォワチュール・リュミエール」(エネルギーが足りないので一瞬しかフル稼働できない)

MSが携行できるサイズまで小型化した「ローエングリンランチャー」(エネルギーがry)

頭部コンピュータにドラグーンシステム(そもそも連動する子機がタクティカルアームズⅡLしかない+ロウが空間認識能力者ではないため使えない)

等、とにかく「何に使うか」よりも「搭載する」事を優先して装備されていることが解る。
また、これら機能の多くがタクティカルアームズⅡLに依存しているため、これを破壊、もしくは
制御不能な状態になると機能の殆どが使えなくなるという弱点もある。


関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY
アストレイ
レッドフレーム ブルーフレームセカンドL
ガーベラ・ストレート タイガー・ピアス タクティカルアームズIIL
ロウ・ギュール

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドフレーム改」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3710

コメント