ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エグザス

えぐざす

エグザスとは、「機動戦士ガンダムSEED」シリーズに登場するモビルアーマー。
目次 [非表示]

「なるほどね。これは確かに、俺のミスかな」


概要

地球連合軍の新型MAメビウス・ゼロの後継機として開発されている。


かつて『オールレンジ攻撃を持つモビルアーマー』としてメビウス・ゼロは連合軍から期待を寄せられていたものの、『戦いは数』の方針転換で操縦系統の簡易化と量産体制が整ったメビウスにその座を奪われ、更にMSの普及が重なり陰りを見せた。本来、過去の遺物としてお蔵入りとなる予定だったものの、ムウ・ラ・フラガの活躍により一定の再評価がなされ、メビウス・ゼロの後継機として開発が進められていた。


実弾兵器一辺倒だったメビウス・ゼロの弱点を補う為、ビーム兵器を搭載する形でPS装甲に対応しており、改良型ガンバレルにビームカッターを装備し接近戦にも対処可能。MA飛行による高機動と、あらゆる局面に対応可能な武装を持ち、単機でも多数の敵と渡り合える機体となっている。

しかしながら、相変わらず高度な空間認識能力を持つベテランパイロットが要求される点は変わらず、結局MSによる物量戦が普及したC.E.73では過去の異物感が強く残る結果となった。


劇中での活躍

アーモリーワンでのガンダム強奪の際にネオ・ロアノークが搭乗した。高機動とオールレンジ攻撃によりザフト軍を圧倒したが、その出番は少なく、舞台が地球(地上)に移ってからは姿を消した。

その後部隊が宇宙に上がりはしたが、地球連合がストライクの量産型MSウィンダムやメビウスの後継MAユークリッドを開発したのもあり、完全にお役御免となり再登場はなかった。

漫画『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』では、モーガン・シュバリエの乗る紺色のエグザスが登場している。


武装

機種の2連装リニアガンや38.5mm機関砲、胴体上部のアーチャー4連装ミサイル、ビームカッターが搭載されている4基の有線式ガンバレルなど。


立体物

ガンプラはEXモデルで『モビルアーマーエグザス』名義でリリースされている。

差し替えでガンバレルの展開が可能となっており、ミサイルの展開も再現されている。

色分けは2連装リニアガンを除いてマゼンタ一色、ホーニッドムーンのビーム刃は無色クリアーとなっているため、劇中のカラーリングを再現する場合は最低限の塗装(白色、薄桃色、クリアーレッド)は必須。

接着剤の仕様箇所はガンバレルのジョイント部分のみ。


余談

ゲーム『SDガンダムGジェネレーション3D』に本機が出た際、『アーチャー4連装ミサイル』の武装名が『アチャー4連装ミサイル』と誤記されていた。

まさに「(ノ∀`)アチャー」である。


同じく『Gジェネレーション』シリーズの『CROSSRAYS』でも登場するが、機体サイズの増大化によりアビリティの『小型機乗り(回避率+与ダメージの上昇)』の対象外になり、実質的にメビウス・ゼロの劣化となっている……再び「(ノ∀`)アチャー」である。


関連動画

関連イラスト

エグザス子ちゃん


関連タグ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

地球連合軍 ファントムペイン

ネオ・ロアノーク モーガン・シュバリエ

メビウス・ゼロ

モビルアーマー


本田茂治:恐らくエグザスの本編での活躍が少なかった原因。詳しくはリンク先参照。

関連記事

親記事

メビウスゼロ めびうすぜろ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3837

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました