ピクシブ百科事典

アルミューレリュミエール

あるみゅーれりゅみえーる

機動戦士ガンダムSEEDシリーズに登場する架空の技術。
目次[非表示]

概要

ハイペリオンガンダムに搭載された特殊なシールド。軍事要塞アルテミスの光波防御帯をMSに搭載できるレベルまで小型化したもので、実弾・ビームを問わず防御できるほどのパワーを誇る。また、シールドの位相がモノフェーズ化しており、展開中であっても展開した内側の機体からの攻撃はすり抜ける。さらにエネルギーを発生機に集中させ対象物に接触させることで、ビームサーベルのような攻撃にも使用できるまさに万能の兵器と言えるものである。

弱点としてビームコーティングされた武装の貫通を許してしまうこと、シールドの発生器そのものを一点に集中攻撃されると耐えきれず、発生器が損傷すれば維持できなくなることなど問題も多少はあった(もっとも、そんな装備や戦法は滅多に無かったためこの装備の優位性は変わらない)。

だが、そんな弱点の問題も軽くふっ飛んでしまう難題を抱えている。
この装備、ハイぺリオンに搭載した時点でのエネルギー消費が激しく、全基を展開した状態での連続稼働時間はわずか5分となる。そのため、通常では腕部のシールドのみを展開して戦闘を行う。このシールドに電力を回すため、ハイペリオンの兵装類は基本的に外付け式のパワーセル(バッテリー)でドライブされる。

後にこの技術は多方面に流出した他、地球連合軍には陽電子リフレクター、ザフトやオーブなどではビームシールドと言った形で各陣営において発展していく事になる。ただし、モノフェーズ化した装備はこの『アルミューレ・リュミエール』以外では確認されていない。

モノフェーズ

本来、物質の位相(フェーズ)は表と裏の両側で対になっているのだが、このシールドでは単位相化されているので裏面が存在しない。このおかげで自分からの攻撃は一方的に行えるのである

関連タグ

ハイペリオンガンダム

関連記事

親記事

ハイペリオンガンダム はいぺりおんがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルミューレリュミエール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント