ピクシブ百科事典

スーパーハイペリオン

むげんぱわーをてにいれたはいぺりおん

スーパーハイペリオンは、漫画『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』に登場するハイペリオンガンダムの核動力仕様である。命名はカナード・パルス。

詳細はハイペリオンガンダムを参照。

概要

月面プトレマイオス基地から強奪したNジャマーキャンセラーと、小型艦船用の核エンジンを外付けのユニットに搭載したハイペリオンガンダムの1号機。
命名は1号機のパイロットでもあるカナード・パルス本人で、彼曰く「ハハハハハ 無限パワーを手に入れた スーパーハイペリオンは無敵だッ!!」とのこと。
ほぼ無制限にエネルギーの供給を得られることで、膨大な電力を消費するアルミューレ・リュミエールの制限時間は無くなり、さらに各ビーム兵装も核エンジンから繋がるケーブルを直結することで無制限に使用できる、まさにチートのような機体となった。

その圧倒的なパワーを得たスーパーハイペリオンでドレッドノートの改修機Xアストレイに再戦を挑む。
だが、アルミューレ・リュミエールを突破できないXアストレイはドラグーンを展開、フィールドによってリュミエールのモノフェーズ化を無力化されてしまい、これを突破するべく核エンジンを直結させたフォルファントリーを発射して自滅する。
その後、核エンジンも暴走を始めて機体は爆散したが、パイロットのカナードはプレアによって助かっている。
本機やその武装の残骸はドレッドノートイータの改修に使われている。

ちなみに、メサイア戦役後に開発された量産型ハイペリオンの無人型に、本機のように核エンジンを外付けして運用しているものもある。

ゲーム作品では「ハイペリオン(NJC)」と表記される事もあった。

関連タグ

ハイペリオンガンダム

関連記事

親記事

ハイペリオンガンダム はいぺりおんがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーハイペリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1664

コメント