ピクシブ百科事典

バルサム・アーレンド

ばるさむあーれんど

『機動戦士ガンダムSEEDASTRAY』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

性別男性・ナチュラル
所属地球連合軍、ユーラシア連邦
搭乗機ハイペリオン2号機


経歴

ユーラシア連邦が開発したハイペリオン2号機のパイロットであり、「アルテミスの荒鷲」を名乗っている。カナード・パルスがオルテュギアでアルテミスから脱走した際に追撃を行う。ハイペリオンのアルミューレ・リュミエールに頼りすぎた故に、それをカナードに破られた直後、コクピットを潰され戦死した。

2号機の左肩には計7個の撃墜マークがあるが、これらは全てシミュレーション上の撃墜数であり、実際にはこれがハイペリオンでの初陣で、「アルテミスの荒鷲」という異名もムウ・ラ・フラガの「エンデュミオンの鷹」を真似た自称である。半壊した同性能機を相手にして戦死したように(カナードが本物のエースだったとはいえ)、実際の実力はムウとは月とスッポン、平凡でしかない。カナードとの戦闘後、ハイペリオン2号機はハイペリオン1号機の修理用パーツとなった。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY 機動戦士ガンダムSEED

コメント