ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ダァ~ハッハ~ッ!やっと見つけたぜ!よくもこれまで俺たちをコケにしてくれたなァ!」

CV:柳沢栄治


野郎共、概要を用意しろ!

敵組織「ダークアクシズ」に所属するネオトピア侵攻部隊司令コマンダーサザビー配下の三人の部隊長の一人。

ガンダムおなじみの赤いザクだがスピードに長けてるというわけではなくマシンガンによる乱射を得意とするトリガーハッピーである。


俺様がいかにすばらしい人物か見ておけよ!

  • 優しい乱暴者

非常に粗暴かつ短気な性格をしており、一度ぶちギレるとすぐにマシンガンをぶっ放す危なっかしい一面を多く見せているが、その一方で「部下の面倒を見ない奴は偉くも何ともない」というポリシーを掲げる面倒見のいい憎めない面も併せ持っており、荒々しいながらも部下であるザコソルジャー達の面倒はしっかり見ている。

同僚のグラップラーグフデストロイヤードムとは合体技を持っているのだがお互いの性格の不一致から仲がいいとは言えず喧嘩ばかりしている。

外伝の漫画作品によると昔は卑怯なことができない真面目な性格をしていたが、部隊長を任命する際の選考大会で敵の卑劣な手に苦しんだ結果にトリガーハッピーに覚醒。現在の粗野な性格になっていったという。


  • 戦闘スタイル

主に2丁のマシンガン・FZマシンガンとガトリングガンを用いた一斉掃射を好むが、時にはヒートホークを使った接近戦を行うこともある。また、右肩のシールドにはミサイルランチャーや頭部にはメガキャノンも搭載されている。


俺様の輝かしい武勇伝を見せてやるぜ!

  • ネオトピア侵攻~強敵出現!

ネオトピアの発見に際し最初の侵攻部隊隊長として出撃。侵攻先で偶然出くわした自分たちの苦手とする有機物であるシュウトを攻撃しようとした矢先、S.D.G.のモビルディフェンダー・キャプテンガンダムに遭遇する。一度はザコソルジャーによる圧倒的兵力や洗脳兵器・コントロールホーンを用いてキャプテンを窮地に追い込むが、彼の危機に駆けつけたシュウトの応援によってソウルドライブを発動させたキャプテンに逆転され、敗北を喫する。

その後も仲の悪いグラップラーグフとデストロイヤードムとの共同でネオトピア侵攻作戦に赴くも、別次元からのガンダムであるゼロ爆熱丸の介入もあり、ことごとく彼らによって煮え湯を飲まされる事となる。


  • まさかの転落人生…

コマンダーから先の戦闘で大破したコムサイの改修機・コムサイIIと飛行・水中ユニットを送られるが、そこでザコソルジャーたちの不祥事でコムサイが暴走してしまい、それを追うために追走劇を繰り広げるが、その道中で遭遇したガンダムフォースとS.D.G.が投入したガンイーグルガンダイバーとの戦闘の末、結局はコムサイを破壊される。

これが元で遂にコマンダーから「もう貴様らは当てにならん!」と騎馬王丸軍からスカウトした阿修羅丸と交代させられる形で見限られてしまう。

阿修羅丸が敗れた後はコマンダーから許しが来たようで、最後のチャンスとしてビグ・ザムを与えられ、ブランベース攻略に乗り込む。一度はその圧倒的パワーでガンダムフォースを苦しめ、ブランベースを陥落寸前に追い込むが、ガンダムフォースの総力戦により地上に落とされ、道連れになる形で墜落したブランベースの下敷きになるが、結果的にブランベースの陥落を成功させる。

…しかし、彼らの前に待っていたものは、あまりにも残酷な展開だった…


ザッパー「あれ?(脱出装置が)ロックされてる…」

グフ「俺たちって、捨て駒…!?」


実はコマンダーはザッパーたちがビグ・ザムに乗り込む際、密かに脱出装置を作動できないように細工し、彼らの作戦の結果に関係なく彼らを見殺しにしようと目論んでいたのである。

拠点攻略が失敗すれば処刑は免れないと踏んでいた3人は、装置が細工されていたことで自分たちが既に見捨てられていた事実に気付きショックを受けるのだった…


「コマンダー様ぁぁぁぁっ、そんなぁぁぁぁっ!!」


  • その後の動向

コマンダーに見捨てられ、コマンダーがガンダムフォースとの戦いで戦死したことで侵攻部隊も壊滅してからはビグ・ザムの中で退屈そうにザコソルジャーたちの救援を待っていたが、先にS.D.G.に拿捕され自身はロボクリニックに連れていかれる。

そこで彼はネオトピアの平和の素晴らしさを教えられ、いつしかモップを手に清掃に取り組み、花を愛する人物にキャラ崩壊…もとい更正した

ラクロアに向かう道中で子供の武者頑駄無・元気丸に出会い、紆余曲折を経て彼の部下になった。


…かと思われた。





グフ「ああっ、ジェネラル様ぁ!!」

ドム「行かないでぇ!!」

ザッパー「逃がしゃしねぇ!!」

グフ&ドム「え!?」


ガンダムフォースに敗れ逃げようとしたジェネラルジオングに対しザッパーザクは何を血迷ったかグフとドムと共にガンダムフォースに続いて必殺技を放ち、ジェネラルにトドメを刺したのである。(ただしザッパーザクの頭部内蔵のビームはジョウロに換装されていたため、ジョウロがすっ飛んだだけである)

彼に乗せられてジェネラルに必殺技を放ってしまい大慌ての二人に対し、彼はこういい放った!


「(コマンダーやジェネラルみたいな)下のモンの面倒を見ねぇ奴は偉くもなんともねーんだぁ!」

と言い切り、同僚と手下達を感動させた。さらにSDGのバッジを外していることを突っ込まれると。

「隊員なんてウソっぱち!本当はジェネラルに復讐する機会を狙ってたんだぁ!」


と暴露。実は彼、コマンダーを始めとする上層部に見捨てられたことを根に持っており、更正したフリをしてダークアクシズへの復讐の機会をうかがっていたのである。

ジェネラル討伐後は組織のしがらみを全て捨てて「さあ、またどーんどん悪いことをするぞ」と意気込むが、武者たちに「悪いことだと?」と発言を突っ込まれて包囲されてしまい、流石に分が悪かったため断念する。

その後、修復したビグ・ザムを駆り、渋々元気丸の世直しの旅に赴いた。


くぉらぁー、お前ら!余談の準備まだ終わってないぞー!!

・モチーフ関連

モチーフとなったのは言わずもがなザク。

ただし、上半身の形状やガッシリとした風貌からザクⅡ改ドズル専用ザクⅡにのモチーフも取り入れられている。


また容姿のモデルは『SDコマンド戦記G-ARMS』のブラッディザク。

当初は名前もブラッディ名義で登場させようと検討していたが、アメリカのTV局から「ブラッディ(血まみれ)は控えてほしい」とNGを喰らってしまい、ブラッディに代わる名前としてザクの頭文字に合うネーミングとしてザッパーという名前に決定したという。

性格こそ似ても似つかないが、最後の最後で見事に視聴者の度肝を抜くなど最初の敵役にしてかなり印象深い存在となっている。


・中の人関連

ザッパーザクの役を担当した柳沢栄治は『特別版 機動戦士ガンダム』のジオンのスレンダーや『機動戦士ガンダムSEED』のキラ・ヤマトカガリ・ユラ・アスハの実父であるユーレン・ヒビキの声を担当していたが、前者が初めての主要キャラでの出演となった。


また、柳沢は本作でガンバイカーの声も兼任しており、奇しくもブラッディがモデルのザッパーと彼のライバルであるコマンドがモデルのガンバイカーという別次元のSDガンダム作品のライバル同士の声を担当することとなった。


関連タグ、オープン!

SDガンダムフォース ザク 憎めない悪役 愛すべき馬鹿 理想の上司


ダークアクシズ コマンダーサザビー グラップラーグフ デストロイヤードム ザコソルジャー


ブラッディザク・・・ザッパーザクのモデルである赤いザクだが、『性格』『終盤での行動』『その後の動向』などザッパーとは似ても似つかない点が多い。

殺駆頭・・・こちらもザッパーと同じく部下想いなザクモチーフの敵役だが、こちらは『』『性格』『終盤の敵との関わり』などザッパーとは違う道筋を辿っている。

パトリック・コーラサワーオーガ・・・ガンダムシリーズにおける無能で憎めない悪役繋がり。


ダーブラ・・・主人公関係者によって改心させられ花好きになった悪役繋がり。


総長ガイナモ・・・暴れん坊だがお馬鹿な敵組織の上司繋がり。

ホーンガイスト・・・同じサンライズ作品に登場する悪の組織のメンバーで、「粗暴なパワーファイター」「頭脳派とは犬猿の仲」という点が共通している。ちなみに中の人ガンダムシリーズ出演者だったりする。

関連記事

親記事

ダークアクシズ だーくあくしず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1370

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました