ピクシブ百科事典

ジェネラルジオング

じゃねらるじおんぐ

『SDガンダムフォース』のラスボスにして敵対組織ダークアクシズの総統。 メイン画像後ろの存在。

概要

ダークアクシズの支配者で、ダークアクシズ要塞内の最深部に存在している。
頭部には三つのモノアイが存在しており、それが一連になり一つ目になることもある。
超巨大なソウルドライブユニットがコアである。

武器は中に浮かぶ巨大な手の指の先端から撃つビーム、そして頭部の口に当たる部分から撃ち放つ「デスレイン」という強力なエネルギー砲で、特にこのデスレインは本体が完全な状態でかつ最大出力で放てば全次元を一撃で吹き飛ばしてしまうとされる。
他にも宣戦の角と呼ばれる小型の誘導ミサイルのようなものを無限に生成し、それを飛ばして攻撃する。

作中喋ることはなく獣の様な雄たけびを上げるだけで、その意思は幹部であるガーベラにしか理解できないが、世界を滅ぼそうとする悪意に溢れている。さらに他者を精神的に苦しめる狡猾な知能をも兼ね備えており、キャプテンガンダムの力の源がシュウトと看破すれば、彼を捉えて人とロボットが敵対する世界の幻影を見せ、苦しむ彼の映像を周りに投影することで周囲の焦燥を大いに煽ったり、未来に存在するキャプテンガンダムの後続でもあるガーベラことマドナックを捕え彼を洗脳し、人間への強い憎悪を植え付けることにより自らの手駒としていたりする。

作中は最終決戦までの間は頭部以外の肉体が破損しており、修復のためにガンダムの身体を構成するガンダミュウムを部下に集めさせており、ラクロア及び天宮で捕えたガンダム達を溶鉱炉で溶かし、自らの身体に取り込んでいた。そしてアニメ版、コミック版ともに経緯は違うがマドナッグを吸収することで完全に復活する。

復活後は天宮、ラクロア、そしてネオトピアの空間からエネルギーを吸収してデスレインを放つ準備に入り、それを防ごうしたガンダムフォースやその場にいた天宮の武者たちを圧倒していたが、増援として天宮に駆け付けた仲間たちの声援を受けて限界上の力を発揮したガンダムフォースと希望を取り戻したシュウトによって修復した肉体を破壊され再び頭部のみになってしまう。

そのまま頭部のみで逃亡しようとするがガンダムフォースと自分達を見捨てたことを恨み復讐の機会を伺っていたザッパーザクとそれに促られる形で武装を放ったグラップラーグフとデストロイヤードムによって撃墜され、滅び去った。

関連項目

SDガンダムフォース
プロフェッサーガーベラマドナッグ) 闇の騎士デスサイズ 騎馬王丸
コマンダーサザビー

ジオング

関連記事

親記事

SDガンダムフォース えすでぃーがんだむふぉーす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェネラルジオング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント