ピクシブ百科事典

閻魔大王(ドラゴンボール)

えんまだいおう

『ドラゴンボール』の登場人物。

概要

CV郷里大輔

漫画『ドラゴンボール』に登場するキャラクター。初登場はサイヤ人編

赤い肌をした髭を蓄えた大男で閻魔帳にある情報を基に天国行きか地獄行きかの判決を下す。
死者の魂への絶対の権力とあの世を司る力を持ち地球の神など各惑星の神々の上の立場に立つ。

戦闘力はラディッツより強いが北の界王よりは劣る。しかし彼の持つ死者への絶対の権力によりセルなど力では格上の存在でも地獄送りする事が可能。また逆になんらかの理由でその力が発揮できなくなると世界の法則が狂い、地獄の死者があの世から蘇るなどの現象が起こる。

厳つい外見とは裏腹に性格は状況に応じて対応を変える融通の利く人物。生前に多大な善行を行ったものには死後も肉体を提供、極悪人のダーブラを「地獄に行くと逆に喜ぶ」という理由で天国行きにする、ブウの騒動を察しベジータの判決を保留にする、悟空の願いを聞きブウを地獄行きではなく転生させるなどの描写が見られた。

かつて蛇の道を渡り切り北の界王の弟子だったという過去を持つ。
悟空が蛇の道を渡り切るまで一億年の間で蛇の道を渡り切った唯一の人物。

北の界王の他に占いババとも知り合いであり、ベジータを地球に送り出す際には彼女の力を借りている。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ

コメント