ピクシブ百科事典

地獄(ドラゴンボール)

じごく

漫画『ドラゴンボール』に登場する架空の死後の世界。
目次[非表示]

概要

漫画『ドラゴンボール』に登場する悪人が死後送られる世界。原作では名前のみの登場。

ピッコロ曰く魂が洗われ記憶も無くなり新しい生命体に変えられる世界。
蛇の道の下に位置し、間は不思議な黄色い雲で仕切られ地獄から蛇の道へと脱出することは不可能。しかし蛇の道から地獄へと行くことは可能で誤って落下すると問答無用で地獄行きとなってしまう。

地獄に落ちた者は魂だけの存在になり肉体を失ってしまう。何かの事情で肉体を得られた場合も、もう一度死んでしまうとこの世からもあの世からも存在しなくなると悟空によって語られている。

地獄行きの明確な基準はなく閻魔大王に生前に大きな悪事を働いたと判断されたものが送られる。その為、ピッコロは悪人のピッコロ大魔王生まれ変わりであるが、彼自身は大きな悪行は働いておらず地球を守る戦いにも参加していたため肉体を持ったまま界王星に行くことができている。

占いババの戦士の一人で悪魔族であるアックマンは地獄生まれ。
また暗黒魔界出身であるダーブラは「地獄に行くと喜ぶ」と考えられ、天国送りとなっており暗黒魔界と似たような環境なのだと思われる。

原作以外の地獄

ドラゴンボールZ』&『ドラゴンボールGT

原作では描かれなかった地獄そのものが登場。『Z』で描かれた地獄の様子の一部は、原作者である鳥山明のアイディアメモに記されたものが反映されている。

血の池地獄や針山地獄、火の谷などがありそれらを使った刑が執行され、それが終わると悪人たちは鬼によって檻に閉じ込められ次の刑まで待つ。そしてその行程が何度も繰り返され、それが終わると魂を浄化する装置「スピリッツロンダリング装置」に入れられ魂を浄化させられ転生する。

拷問器具以外には巨大なモニターのようなものがあり、そこから現世を見ることが可能。

また魂同士が公園でデートをしたり、針の山の隣で元祖針まんじゅうを売っている茶屋、針の山を遠足で登ったりと他とは異なった環境で比較的平和な地獄の1丁目という場所もある。ここは主に三途の川出張所に勤める地獄の番人ゴズ、メズが担当している。ここには地獄からの唯一の脱出場所である閻魔の引き出しなるものも存在しそこを通ると文字通り閻魔大王の机の中へと出ることが出来る。

『GT』では常に薄暗く、岩山ばかりの地域が登場。そこにある鬼の顔のような形の山の洞窟でドクター・ミュードクター・ゲロが隠れて悪巧みをしていた。
また『GT』では地獄のさらに下層の地獄が登場しそこでは案内役の老婆による釜茹で地獄、冷凍地獄、灼熱地獄、くすぐり地獄などの刑が待っている。

この様に地獄はとても苦しい場所であり、それにより悪人が地獄で暴れまわることが多々あり、悟空やパイクーハンなどあの世の武道家が地獄で暴れる悪人を退治しに行く事もある。『Z』の劇場版で地獄を体験したベジータは「地獄での苦しみを思えば、どんなことでも辛抱できる」と表現している。

また権力が閻魔大王と鬼達へと集中し過ぎているため彼らが何らかの事件に巻き込まれ管理できなくなると地獄はすぐに荒れてしまう。劇場版では「スピリッツロンダリング装置」担当者であるサイケ鬼が装置が集めた悪の気の管理ミスをしたことなどが原因でジャネンバという化け物を誕生させてしまい、閻魔大王達は閉じ込められその影響で現世に悪人が復活してしまう自体となってしまった。

『GT』に至ってはドラゴンボールの乱用も一因としてあるとはいえ、鬼達がやられてしまった事によりドクター・ゲロ達の現世と地獄を接続する計画を許してしまい、前述したジャネンバ騒動に近い状況を作ってしまっている。

復活の「F」』&『フリーザ復活編

原作者である鳥山明が1から考えた「地球の地獄」が登場。

ぬいぐるみと妖精が常に踊りを繰り広げている。外観は一面花畑でその中に大木が一本ある感じでパッと見は地獄というより天国。
悪人はこの場所でミノムシのように体を包まれる事で力を奪われ大木に吊るされる。そして終わる事のないぬいぐるみと妖精のパレードを永久的に見せ続けられるという苦痛を味わうことになる。

この地獄に落ちた者は肉体は存在する物の死ぬ直前までの姿でこの地に送られる。そのためフリーザは地球でメカフリーザとしてサイボーグ化していたためその姿でこの地獄へと送られた。

またフリーザは地球が無くなればこの地球の地獄も無くなるという趣旨の発言をしている。

関連イラスト

アウトレイジ・ビヨンド。
【新刊】地獄の一丁目・伍【委託開始】


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール超
地獄 閻魔大王

pixivに投稿された作品 pixivで「地獄(ドラゴンボール)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 554

コメント