ピクシブ百科事典

武者頑駄無爆熱丸

むしゃがんだむばくねつまる

SDガンダムフォースに登場するキャラクター。天宮の武者ガンダム。
目次[非表示]

声優:千葉進歩
モチーフ:シャイニングガンダム

概要

天宮において武里天丸軍の武人として戦っていた武者頑駄無。炎の武人を名乗る。
次元転移装置の暴走による事故でネオトピアに召喚されてしまい、最初は故郷に帰ることだけを考えていた。

しかし、仲間になって欲しいと願うシュウト達の熱心な思いや、その思いがありながら自分を故郷を帰そうとしてくれた彼等の行動に感服し、ガンダムフォースの一員として助力を誓う。
他のメンバーに比べて頭が悪く、涙脆く、お化け嫌いで、泳げない(騎士ガンダムも泳げないが彼の方が泳げないことを何かと強調される)などコミカルな要素をふんだんに詰め込んだ武者頑駄無らしいキャラ。

だがその義理と人情に熱い性格は本物で、ゼロの故郷に対する思いを侮辱し、後でそれが自分の浅慮だったこと知ると土下座に近い姿勢で謝罪したり、敵である嵐の騎士トールギスが満身創痍で現れた際は肩を貸すなどしている。
しかし修行仲間だった阿修羅丸との斬り合いにおいては、トドメを刺さず情けをかけてしまったことが仇となり、阿修羅丸が騎馬王丸軍入りするキッカケを作った。

ゼロとは性格の不一致から仲が悪く、口喧嘩をしたり張り合ったりしているが、お互いの実力はよく認め合っており、戦闘中はなかなか息のあったコンビネーションを見せることも。

昔は覇王丸(劇中未登場)の元で修行していた。愛刀である『五聖剣』はこの時に師匠から授かった刀で、『新天地武道刀』と呼ばれる五本の刀の内の二振りである(爆熱丸は『武』と『道』を所有)。
その後浪々の日々を送っていたところで武里天丸を出会い、「乱れた世を正す」という誓いをしてその軍門に入った。

決戦後は元気丸とともに戦乱を鎮めるため、諸国を巡る度に同行したが、すぐ後で次元パトロールに勧誘され、それを受けた。

強火剣嵐 爆心丸

モチーフ:シャイニングガンダムゴッドガンダム(爆心の鎧)


爆熱丸が爆心の鎧に身を包んだ姿。装着時は元の鎧が全て自動的に離脱する。
力を使い果たすと気が抜けるため、連続着用は不可能だが、使用中はそれまで受けていた傷が癒え、爆発的な力を装着者に与える。
武器は変わらないが、鎧を変更したことでかなりのパワーアップを果たしており、虚武羅忍群を4人相手にしながらもそれを軽々と退け、騎馬王丸との決戦もこの力を受けて勝利した。

4クール目から登場したことや、軽々と装備出来ない制約から、装着シーンは2回しか出てこない。
騎馬王丸戦後、そのままジェネラルジオング戦に突入したため、後半はほとんどこの姿で過ごしている。
必殺技は、自分を爆心地として荒れ狂う豪炎を爆発させる『爆界天昇』。本来これを一度使うとかなりの気が抜けてしまうらしく、爆熱丸はこれをそこまで乱用出来なかった。ちなみにこれをかつて着ていた武里天丸は、『爆界天昇』を連続使用しながら何日も戦っていたらしい。

劇中では、キャプテンやゼロはパワーアップ後も名前の呼び方が変わらなかったが、爆心丸は出世扱いのためかちゃんと呼び分けられていた。
モチーフは一応ゴッドガンダムだが、厳密にはゴッドガンダムの鎧を着たシャイニングガンダムである(ゴッドガンダムモチーフなのは「爆心の鎧のみ」ということ)。

小ネタ

当時の番宣用CMに、シュウトがガンダムフォースメンバーそれぞれの名前を呼び、それに応えて決め台詞を言うという内容のものがあったのだが。
シュウト「キャプテン!」
キャプテン「速やかに撤収せよ!」
シュウト「ゼロ!」
ゼロ「美しくないぞ!」
シュウト「爆熱丸!」
爆熱丸「今、おにぎり食ってる!


と、彼だけが何故か爽やかな口調で、他のメンバーとギャップのありすぎる台詞で答えたことから、ファンの間では結構ネタにされた。
(ちなみにその時の映像も笑顔でおにぎりを食べてるシーンだった)

関連項目

SDガンダムフォース

pixivに投稿された作品 pixivで「武者頑駄無爆熱丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 529

コメント