ピクシブ百科事典

それが、大人の特権だ

おとなのとっけん

「機動戦士ガンダムUC」第二話のフル・フロンタルのセリフより。
目次[非表示]

概要

機動戦士ガンダムUC、第二話のフル・フロンタルのセリフの一部。
「過ちを気に病むことはない。ただ認めて、次の糧にすればいい。それが、大人の特権だ。

意味

若さ故の過ちを認めて、次の糧にする事。
つまり、シャア・アズナブルとは逆のことを言っているのである。

青臭さを持っていたシャアと違い、「したたかな大人」であるフル・フロンタルを象徴する台詞の一つ。
一見すると至極もっともに聞こえる言葉だが、一方でこの台詞は過ちをただ割り切ることで、そこから何かを感じ取ろうとするという「感性」を放棄することも示しており、シャアというニュータイプの象徴的人物の映し身である筈のフロンタルがニュータイプの根源的な素質といえる「感性」を否定するという構図を示唆しているのがミソである。
シャアに非常に良く似通った声や容姿、技術やカリスマを持つ彼の本質が「シャアの負の鏡像」である事を明確に表現していることが読み取れる。

詳しくはこちら→「フル・フロンタル

関連タグ

機動戦士ガンダムUC フル・フロンタル 若さ故の過ち

コメント