ピクシブ百科事典

ツバサ大僧正

つばさだいそうじょう

「仮面ライダーV3」の敵組織デストロンの幹部にしてツバサ一族の長。
目次[非表示]

演:富士乃幸夫

概要

デストロンの3代目幹部であり、翼を持った生物の怪人で構成された「ツバサ一族」の長。チベット出身。
「卍教」なる密教の教祖であり、「大僧正」の称号の通り僧侶のような黒い衣に赤い面を付けている。
たとえ配下の怪人でも失敗した際に死刑を命じる冷酷さと、最後までデストロンと首領への忠義を貫く高い忠誠心を併せ持つ。
また、戦闘員を作戦の実験台にし、成功した際、笑いながら奇妙な踊りをするお茶面な一面を持つ。

自ら率いるツバサ一族の怪人達は、V3を空中戦で苦戦させたが、その能力を過信したため、特訓を積んだV3の前に敗北を重ねてしまい、首領からの信頼を失い、死刑宣告を受けてしまう。
後がなくなった彼は、正体である死人コウモリの姿となって「デストロンの最後の作戦、D作戦」を決行する。

幹部さんたち


人間を操る細菌「ヒマラヤの悪魔」を首都地区中の団地に住む人間に感染させ、暴動を引き起こそうと目論み、阻止しようとしたV3と戦う。
必殺技の「死の高速回転技」によって、仮面ライダーV3を一度は敗退させたが、V3独自の特訓で習得した必殺技「V3マッハキック」で翼を折られて致命傷を負う。
力尽きて元の姿に戻り、死を悟ってか自ら棺の中に入り「デストロン首領永遠なれ!!」と叫んで、棺と共に爆死した。

最終話で死人コウモリは再生怪人として登場している。

余談

元はキリスト教の牧師だったが、200年前、極端な反思想を唱えたためにローマ正教から迫害されて、地中海近くの大寺院に幽閉されたが、1万匹のコウモリと過ごし人間の生き血を啜りながら驚異的に生き延びたとされている。

仮面ライダーSPIRITS』では、他の幹部同様、暗闇大使に操られる魂のない存在として登場。やはり空中戦に不利な仮面ライダーZXを苦しめるが、最終的に、立花との特訓で村雨良が会得した「ZX穿孔キック」で吸血マンモスザリガーナともども貫かれた。

関連タグ

デストロン ドクトルG キバ男爵 ヨロイ元帥
アンク・・・同じ鳥系幹部

pixivに投稿された作品 pixivで「ツバサ大僧正」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1130

コメント