ピクシブ百科事典

ザリガーナ

ざりがーな

ザリガーナとは、仮面ライダーV3に登場する大幹部・ヨロイ元帥の正体である。
目次[非表示]

※仮面ライダーV3最終回のネタバレを含む為、記事の閲覧には注意

詳細

スーツアクター中村文弥/声:沢りつお
ヨロイ一族の長・ヨロイ元帥の正体であるザリガニ怪人。ヨロイ元帥の姿でマントを被り、脱ぎ捨てるといつの間にかザリガーナに変身している(しかも変身解除してヨロイ元帥に戻ると何故かマントを着けている)。
後述する通りネタ的要素も強いが、第51話でライダーマン/結城丈二を始末したり、最終回で再生怪人を率いてV3と少年ライダー隊を抹殺しようと企んだりと他の幹部3人の怪人態よりは長く出演している。

最終回の戦闘で武器の鉄球をV3に千切られたために変身。しかし戦闘では甲羅の爪を殆どもがれたり折られたりした挙げ句、最期は奥の手も通じなかったV3(V3フルパワーを発揮している)に左腕のも折られ、V3フル回転キックを受けて元のヨロイ元帥に戻った(その時に左腕を失ったような描写が成されている)。

外見

頭部がザリガニになった赤い鎧の怪人。左腕が鋏になっており、背中には棘付の甲羅を着けている(甲羅は着脱可能)。他の怪人同様ベルトバックルデストロンのマーク。

能力

地中を高速で移動でき、発火性を持つを攻撃手段に持つ(最終戦では何故か使っていない)。
また、甲羅崩しという奥の手を持っているが、実はライダー史上でも一二を争う情けない技である(外した背中の甲羅を足で粉々に砕き、その破片を手で拾って相手に投げつけるだけ)。これはアメトーーク『仮面ライダー芸人』回でもネタにされている。
漫画『仮面ライダーSPIRITS』では攻撃手段ではなく緊急脱出手段としてアレンジされており、ライダーマンが発射した特殊硬化ムース弾で動きを封じられた際に使用。甲羅を爆破することでムースを除去して拘束から逃れた。パチンコの『CR仮面ライダーV3』では超能力らしき力で砕いた殻を浮遊させ、マシンガンのように飛ばす演出となっている。

これなら頭部のレーザーや左腕の鉄球を武器に持つ変身前の方がまだ強い気がする・・・
が、ブラック将軍など、終盤にかけて登場する幹部怪人は往々にして、変身すると弱そうになるということが多い。

備考

昭和ライダーではよくある事だが、人間態を持つ怪人は大幹部クラスも含めて変身前と変身後で声や口調が変わる事が多い。
また、第51話でザリガーナに襲われた大学生を演じているのは次作仮面ライダーXアポロガイストを演じる打田康比古氏である。

他媒体での活躍

漫画版

仮面ライダーSPIRITS』第三部ではバダンの手での無い状態で蘇生され、他のデストロン怪人とともに四国へと侵攻、愛媛県制圧を一任されていた。ライダーマンが四国へ侵入した際にはヨロイ一族を率いて襲撃したが、結城丈二が対ヨロイ一族用に開発していた特殊硬化ムース弾で動きを封じられてしまい、甲羅崩しを使ってムースから逃れた後、暗闇大使の命令で撤退した。
後に吸血マンモス死人コウモリ共々高知のバダンニウム採掘所でカニレーザーの援護に向かうが、仮面ライダーZXに3人がかりでも手玉に取られた挙句、ZX穿孔キックで3人まとめて粉々に吹き飛ばされた。

ゲーム版

プレイステーション用格闘ゲーム『仮面ライダーV3』では、使用可能キャラの1体として登場している。
オプション設定によりヨロイ元帥の姿から変身させることもできる。件の甲羅崩しも、バッチリ(?)再現されており、1度しか使えないが威力は高い。またを吐く「マーダーバブル」という技も使用できる。

また親衛隊戦闘員でバトルモードを勝ち抜くと、首領から「お前なら良い改造人間の素体になれそうだ」と称えられ、ザリガーナの姿に改造されるというエンディングが待っている。原作を鑑みると、それは光栄なことなのだろうか?

スーパーヒーロー作戦ダイダルの野望では、甲羅崩しは甲羅を割って飛び散った破片で相手にダメージを与える技に変わっている。(しかも連発可能である)

関連タグ

仮面ライダーV3 デストロン ヨロイ一族 部族怪人 結城丈二

pixivに投稿された作品 pixivで「ザリガーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5243

コメント