ピクシブ百科事典

カニレーザー

かにれーざー

「仮面ライダーV3」第30話に登場する怪人。ドクトルGの正体である。
目次[非表示]

沢りつお/細井治(ゲーム版)

ドクトル・ゲー!悪魔の正体は?

仮面ライダーV3」第30話に登場する怪人。
悪魔の聖霊の儀式により力を得たデストロン大幹部ドクトルGのもう一つの姿である。
(因みに、すがやみつる版の漫画だと「レーザーガニ」)。
どう見てもサソリレーザーだが、誰が何といおうと蟹の怪人である。

前半にも怪人として登場予定だった為か(特写が存在する)、V3がドクトルGがカニレーザーだったのかと驚くシーンがある。
後半パートをほぼドクトルG対風見志郎の一騎打ちに割いた戦闘パートは圧巻。長時間の戦いの末、盾をかざしV3キックを受け止めたドクトルGが盾の陰から変身した。
変身しても服装は変わらず、斧や盾などの装備もそのままだが、魔法的な力で周囲の空間を暗闇にしたり、頭部からレーザー光線を発射して敵を焼き払う等、多彩な攻撃方法を持つ(1回も命中しなかったけど)。蟹の怪人らしく、かなりタフ。
V3と壮絶な戦いの末に斧と盾を奪い取られ、V3の必殺技の一つ「V3きりもみ反転キック」により、Gの姿に戻り壮烈な爆死を遂げた。
デストロン首領(ショッカー首領)すら、その戦いぶりに「デストロンの勇者」と呼んだほど。

おのれディケイド!お前がいる限り、私の旅は終わらない!

スーパーヒーロー大戦大ショッカー副首領、ドクトルGが変身した蟹怪人。
いわゆるリ・イマジネーション(?)。オリジナルがシャープなデザインであるのに対して、こちらはボリュームが増している。少なくともサソリには見えない。
(登場人物が多過ぎて)戦闘シーンは少なかったが、歴代のライダー(下記の三人に加え、1号・V3スーパー1RXZOクウガファイズ電王計11人という壮絶なイジ…無双)をレーザー光線で退ける。
しかしゴセイジャーのカード「リフレクト」で仮面ライダーディケイド仮面ライダー龍騎仮面ライダー剣にレーザーを反射されて自分が喰らってしまい、その隙を突かれてトリプルライダーキックを食らい爆発
鳴滝の正体を現し、灰色のオーロラに消えていった。
余談だが、龍騎とブレイドは「ディケイド完結編」でディケイドに殺す気マンマンで襲い掛かって二人とも封印されたという描写があり、そのことを水に流し三人とも仲良くコンビネーションを組む一連の動きはなかなか感慨深いものがある。

鳴滝「全てを破壊し、また新しい何かを作り上げたか、ディケイド…!」


明確に死亡していないためか、後のお祭り映画等に出演することは今のところない。
ネット版『仮面ライダーウィザードinマジか!?ランド』ではデストロンの最後の生き残りとして着ぐるみが流用されて登場しており、何とあのボルキャンサー体型で器用に自転車に乗っていた

仮面戦隊ゴライダー』ではトーテマが作り出した怪人の一体として登場。
スペース蜘蛛男と多数のショッカー戦隊員を引き連れ、仮面ライダーブレイドアナザーアギトに襲いかかるが、ブレイドのライトニングスラッシュを喰らい、爆散した。
しかし他の怪人と同様に倒されても直ぐに復活を果たし、トーテマがアナザーアギト、マリカバロンレーザーを吹き飛ばした先で待ち構え、徐々に追い詰めていく。

派生作品

仮面ライダーSPIRITS

漫画仮面ライダーSPIRITS』では、アマテラス爆発で月の牢獄をこじ開けようとしていたドクトルGがV3と戦うために変身した。機械合成怪人を差し向けてV3を抹殺しようと試みるが、V3が放ったレッドボーンリングで部下の怪人は全滅。憤激したカニレーザーはV3をレーザー光線で射殺しようとするが、レッドボーンリングで押しのけられてしまい(回ればなんとかなるの法則である)、なすすべもなくV3に轢き潰されて粉々にされてしまった。

ゲーム版

プレイステーション用格闘ゲーム『仮面ライダーV3』では、使用可能キャラの1体として登場する。
オプション設定によって、ドクトルGの姿から変身させることもできる。
手に持った斧は、対戦相手が叩き落として奪い取ることも可能。

余談

仮面ライダー1号も序盤で光速のデンジャーライトをあっさり発射後に回避している。

お笑いコンビ『メイプル超合金』のボケ担当、カズレーザー氏の芸名の語源でもある。

関連タグ

仮面ライダーV3 デストロン ドクトルG カニ

蟹光線

pixivに投稿された作品 pixivで「カニレーザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5847

コメント