ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

「神啓介君ようこそ。俺はGOD先鋭隊・一つ目怪人キクロプスだ」
 “一つ目怪人キクロプス”ともいわれるキュクロプスをモチーフとした神話怪人の1人。身長:188cm。体重:145kg。
 人間態ゼ…ではなく中田博久が、CVは八代駿が務めている。

 骨の形をした棍棒を武器としており、自慢の怪力で敵を叩き潰し、棍棒を投擲して遠くの敵を攻撃する。顔の中央の一つ眼から発射する消滅光線『一ツ目レーザー』が最大の必殺技。ただし、目を潰されると発射出来なくってしまう弱点を持つ(当たり前だと思うかもしれないが、ギリシャ神話でユリシーズが人食いサイクロプスに捕まった時も同様の方法で脱出に成功しているのでその故事が由来かもしれない)。

作中での活躍

 第5話「一つ目怪人の人さらい作戦!」で初登場。
 バスの運転手に成り済まし、GOD機関の未来の労働力員確保の為に子ども達の乗っているバスをとあるトンネル内部に作り上げた秘密基地へと連行して攫ってきた人間を冷凍して保存、加えて子どもを持つ市民達を恐慌状態に陥れる『アルファ作戦』の任務を帯び、次々とバスを襲撃していたが、事件を追っていた神敬介=Xライダーおやっさんが介入したことで計画は破綻。

 隻眼の靴磨きに化けて立花藤兵衛のコーヒーショップ『COL』の様子を監視していたりもしていた。

 Xライダーとの最終決戦では自慢の怪力と『一ツ目レーザー』で追い詰めるが、最後は『ライドルスティック』で一つ眼を潰され『一ツ眼レーザー』を封じられてのた打ち回っている所へ『Xキック』を受け消滅した。

 なお、おやっさんは本作ではこの回が初登場。ラジオで事件を聞いて独り言を言っていたのを敬介に聞かれて「お前、まさかデストロンじゃあるまいな!?」と問い返し、違うとわかると「どうもまだデストロンノイローゼ気味だな~」と述べている。

 『仮面ライダーSPIRITS』では山口県でSPIRITS第十分隊を襲撃するも、ゴードンの捕鯨砲で後ろにいたユリシーズ共々櫛刺しにされた。ユリシーズに杭で目を潰された故事からだろうか(←しつこい)。

関連項目

仮面ライダーX

関連記事

親記事

神話怪人 しんわかいじん

兄弟記事

コメント