ピクシブ百科事典

パニック(神話怪人)

ぱにっく

パニックとは、『仮面ライダーX』第2話「走れクルーザー!Xライダー‼」に登場する改造人間の名称である。
目次[非表示]

「GOD総指令…ご安心ください。作戦は上々。やがて人間どもは笛の力によらずとも、殺人を犯してくれるでしょう!」
CV/ 山下啓介
人間態(八百吉)/佐藤京一

概要

家畜の半獣神パンをモチーフとしたGOD機関所属のサイボーグ

普段は街で八百屋を営む人の良い八百吉という名の男性の姿を隠れ蓑として潜伏しており、を吹いてその音色を聴いたものを催眠状態にして自在に操る能力を使って人間を操り暴徒へと仕立て上げて日本国民を殺人鬼に変えてしまう『1億総殺人鬼計画』の実行を総司令より言い渡されている。

その手始めに実験を兼ねてとある町の住人を操り、親を亡くし1人寂しくフルートを吹いていたススム少年の回りで事を起こし、その罪を彼に擦り付けて住人達に彼を殺害させようと企てていた下衆野郎(ただし、彼の作戦通り人々が疑心暗鬼に陥っていた状況とはいえ、催眠が解けた状態になっている住人達の「ススム少年をリンチして殺す」という発言には、さすがにドン引きしていた)。

しかし、計画は偶然現場に立ち寄った神敬介ことXライダーの存在によって破たんし始め、焦ったのか住人達のすぐ近くで笛を使うという作戦ミスを犯し、そこを神敬介に妨害されたことで、一連の真相を衆目に晒す最悪の結果を招いた。
住人達にバレたため、衆目の前で怪人としての姿を現し、変身したXライダーと戦う。

最期は『クルーザーアタック』を受け青色の液体と化して消滅した。

能力

パンフルートに似た形状の笛の音色で集団催眠をかける事ができ、この能力を使って住人を殺人鬼に変えることが出来る。

また、頭部の2本のから人間を消滅させるミサイルを発射して攻撃するほか、笛に仕込まれた毒針を飛ばして敵を攻撃することも可能。

余談

登場した第2話と同時に撮影されたエンディング映像の出だしで、ネプチューンと一緒にトンネルから出現しているので、1話に限り本編に先行して登場した事になる。

派生作品

映画『五人ライダー対キングダーク』でも18大怪人軍団の一人として復活を遂げたものの、大人しく笛でも吹いていればいいものを混戦に我先に向かっていったのが命取りとなり、仮面ライダー1号により鉄腕アトラスの小地球でメタクソに殴られてしまう。その後形勢逆転とばかりに1号ライダーを絞め殺そうとしたが、駆け付けたXライダーに妨害され、最後は1号にブン投げられて倒され、上から落下してきたコウモリフランケン自爆に巻き込まれ消し飛んだ。

関連項目

神話怪人 GOD機関 パーン サテュロス 仮面ライダーX

pixivに投稿された作品 pixivで「パニック(神話怪人)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96

コメント