ピクシブ百科事典

火炎コンドル

かえんこんどる

火炎コンドルとは、仮面ライダーV3に登場するツバサ一族第一の戦士の名称である。

CV/倉口佳三

概要

仮面ライダーV3』第36話「空の魔人ツバサ軍団」に登場。
キバ一族』が全滅した後、東京一面に出現した“結託部族”第2陣・『ツバサ軍団』の先陣を切って登場した南米ペルーにあるインカ帝国遺跡より飛来したコンドル型改造人間

不気味な怪僧の姿で街を練り歩き、デストロンに必要な施設の提供を強要し、それに応じない者を次々にその手に掛けていった。鳴き声は「トゥーラァー」

自信家で戦闘の際は鋭いを使いに襲い掛かるほか、から強力な火炎を吐き出し相手を焼き殺し、人間一人分を軽々と空中へと持ち上げる程の怪力を誇る。
さらにの両脇部分には相手を捕まえて空中に連れ去る際のみに使われる腕が隠されている。
また、空中を自在に飛び回る事もでき、相手を掴まえて高所から突き落とす戦法を得意としており、一度は飛行能力を持たないV3を空高くへと持ち上げて地上へ突き落として勝利をもぎ取った。

最後はおやっさんとの猛特訓の末にV3が習得した新技『ビックスカイパンチ』でバランスを崩した所へ『ビックスカイキック』を受け爆死した。

関連項目

部族怪人 ツバサ一族 デストロン怪人 デストロン コンドル 仮面ライダーV3

pixivに投稿された作品 pixivで「火炎コンドル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80

コメント