ピクシブ百科事典

木霊ムササビ

こだまむささび

木霊ムササビとは、仮面ライダーV3に登場する改造人間の名称である。
目次[非表示]

「木霊ムササビが殺してやる!」
CV/沢りつお

概要

仮面ライダーV3』第37話「怪しの寺ムササビ族の呪い!」に登場するツバサ一族の1人にしてムササビ型改造人間

劇中ではあまり触れられていないが、人間森林開発により住み家を奪われたムササビ一族の怨念を背負っている為に人間に対して激しい増悪を抱いており、ベースとなっているのは実に300歳のムササビである。
火山噴火に見せかけて人間をムササビに変身させて殺害してしまう猛毒ガスを噴煙に混ぜ込み日本中にばら撒く『ムササビ作戦』の実行を使命とする。鳴き声は「キァーッ!」

能力解説

先から人間をムササビに変えて殺害してしまう特殊な液をたらし、それを利用して生成した『毒ミサイル』を使って敵を攻撃する。
また、ムササビ型改造人間だけは在り、空中を滑空する能力を持つ。

活動歴

『ムササビの森』と呼ばれる森で自身の能力テストを行った後、戦闘員たちを使って実験の再現をツバサ大僧正に披露した木霊ムササビは、大喜びする大僧正から怪人の毒を火山の噴火と共に街中へばら撒き、大量殺戮を行う『ムササビ作戦』の指揮を任される。

丁度そのころ、『ムササビの森』で不可解なムササビの死骸が発見されるという調査を行っていた風見志郎=仮面ライダーV3に作戦の要となる爆破の起爆装置のスイッチを押させようと目論むが、V3の卓越した聴力の為に計画は失敗してしまい最後の決戦と突入。

激しい攻防戦の末、最後は『V3トリプルパンチ』を受け絶命し、黒い噴煙と共に白骨死体へと成り果てた。

派生作品

仮面ライダーSPIRITS』では徳島県制圧に参加していた。他のツバサ一族と共に鳴門大橋(1985年に開通したばかり)付近で村雨良を襲い、暗雲のおかげで実力の1/5しか出せないのをいいことに海豹を捕まえたシャチのように4人がかりで甚振って圧倒する。しかし再戦時には特訓の果てに更なる強さを得たZXの敵ではなく、ZX穿孔キックで4人まとめてあっけなく突き破られて全滅した。

関連項目

ツバサ一族 部族怪人 デストロン ムササビ 仮面ライダーV3

pixivに投稿された作品 pixivで「木霊ムササビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 711

コメント