ピクシブ百科事典

カメラモスキート

かめらもすきーと

カメンラモスキートとは、仮面ライダーV3に登場するドクトルGが総力を挙げて生み出した最後の一般機械合成怪人の名称である。
目次[非表示]

「ドクトルゲー、実験は成功だ、見ているか?」
「とうとう尻尾を現したな、スパイの正体を…」
「マイクロフィルムを奪われるくらいなら、俺が始末する‼」
CV/八代駿

概要

仮面ライダーV3』第29話「ドクトル・ゲー最後の挑戦!」に登場。
前回の毒ガス『キラードガンマー』を使った『日本全滅作戦』の失敗及び、作戦の補佐役として再生復活させたゾル大佐死神博士地獄大使ショッカー三大幹部ゲルショッカーの大幹部・ブラック将軍犬死させた責任を取るべくドクトルG自らが持てる技術を全て注ぎ込み、総力を上げて再作したカメラの能力を持つ機械合成怪人。鳴き声は「ブルルルルー!」

…の割には下記に示す通り、戦闘向きというよりは諜報活動向きの能力を兼ね備えた改造人間であるが故に戦闘能力は低いという印象が強いため、とても対V3用の怪人には見えないがどうやって名誉挽回する気だったんだろうか?

能力

飛行能力に長けており、左に装備されたカメラで写し取った人間を奪い、その人物に成り済ます能力を持っている。なお、顔を奪われた人間は顔が無くなって(おそらく) 半死半生の状態になってしまう。また、には本来の姿が映ってしまうという(お約束の)欠点を持つ。
その他、カメラから映像(虚像)を投影して相手を惑わす能力も持つほか、超小型の盗聴機を備えた本物の蚊にそっくりなスパイ機『ミニモスキート』で諜報活動を行う。

活動歴

自身の能力テスト直後にインターポールの特別組織員『デストロンハンター』に奪われた日本における改造人間製造工場の場所を記した機密書類が納められたマイクロフィルムを取り返す事を命じられるが、たまたまライダー隊本部が『デストロンハンター』の電波を受信していた為、V3たちの介入を許してしまう。

その後、何とかマイクロフィルムを奪い返すことに成功するもそうはさせじと駆けつけた風見志郎=V3との激しい攻防戦の末『V3キック』を受け瀕死の重傷を負った為、最早苔までと相手に渡すぐらいならマイクロフィルム諸共自爆を試みるが、最後は『V3ボディアタック』を受け爆死した。

関連項目

機械合成怪人 デストロン怪人 デストロン  カメラ 仮面ライダーV3

pixivに投稿された作品 pixivで「カメラモスキート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント