ピクシブ百科事典

スーパーライジングアルティメット

すーぱーらいじんぐあるてぃめっと

スーパーライジングアルティメットとはS.I.C.HEROSAGAに登場する仮面ライダークウガのさらなる究極形態である。
目次[非表示]

概要

初出は『S.I.C.HEROSAGA MASKED RIDER DECADE EDTION -オーズの世界-』。
仮面ライダークウガライジングアルティメットオーズアーマーシャウタコンボ仮面ライダーディケイド仮面ライダーオーズファイナルフォームライドさせた形態)のウナギアームと、仮面ライダーディエンドが召喚した仮面ライダーストロンガーエレクトロファイヤーによる電撃による凄まじいライジングパワーを浴びたことにより誕生した姿。命名は門矢士である。

その姿は仮面ライダーアギト金の鎧を纏ったヤツのようにも見える。

なお、ライジングアルティメットに変身する際には自力で変身しているのも特徴。
アルティメットフォームのアメイジング版と言ったところか。

ちなみにパンチ力は120t、キック力130t、ジャンプ力は150m、100mを一秒で走れるなどその強さは未知数。

前述の通り、ライジングアルティメット同様外的要因で変身した形態なので設定破壊ではない…はず。
作例ではスーパーライジングアルティメットキック(仮称 公式名称だったらかなり長い!…ライジングアルティメットの必殺技名を基準にすれば更に長いスーパーライジングアルティメットマイティキックとなる)を放っている。

なお、劇中ではスーパーライジングアルティメットピンポイントキックという、本当に長い名前の必殺技を放っている。これも命名は士で、小野寺ユウスケ自身も「(技名が)長い」というツッコミを入れていた。
その威力はショッカー首領の魂が宿るライダーロボのオーズネジバコンボ形態を砕き、一時戦闘不能に追い込むほどであるが、パワー制御が非常に難しく、キックを放ったのちにグローイングフォームに弱体化してしまう。

余談

ちなみに名前がアメイジングアルティメットではない理由は恐らくこの世界が『オーズの世界』であることからあの形態を意識したものと思われる
勿論フィギュア自体も作例が存在している。

また、一段階前のライジングアルティメット自体アルティメットフォームの没デザインをリファインしたものという説も存在する上に、てれびくんに連載された漫画版には全身金のクウガが閣下を倒しているなど他媒体のクウガにはオリジナル形態が多く、スーパーライジングアルティメットもその一つといえよう。

関連タグ

仮面ライダークウガ HEROSAGA  
クウガ 最強フォーム 究極フォーム

サイクロンジョーカーゴールドエクストリームインフィニティードラゴンゴールド・・・ボディが金色で第二の究極形態。
メテオなでしこフュージョンステイツ・・・同じく第二の究極形態。
アクセルブラスターフォーム・・・最強フォームに能力を上乗せした究極フォーム。

仮面ライダーOOO
仮面ライダーディケイド
仮面ライダー3号
ショッカーオーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーライジングアルティメット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10429

コメント