ピクシブ百科事典

ゲルショッカーグリード

げるしょっかーぐりーど

HEROSAGAに登場する人造グリードの一種。

身長:218cm 体重:120kg

概要

HERO SAGA』に掲載された小説「KAMEN RIDER OOO -OOZ-」に登場する歴代の悪の秘密結社(栄光の七人ライダー達までの悪の組織)の力を込めたコアメダルを核にして誕生した人造グリードであるショッカーグリード亜種。本人曰く「鴻上ファウンデーションを配下におさめたゲルショッカーが作り出した」との事。

火野映司が訪れたアメリカ合衆国のブロンクス動物園に置いて突如として出現。動物園を訪れていた人々やその場に居合わせた映司に襲い掛かる。

ショッカーグリードが、ショッカーのシンボルマークであるをモチーフにしているのに対し、こちらはその名の通りゲルショッカーのシンボルマークである“に絡み付いた鷲”をモチーフに右半身が蛇、左半身が鷲になった姿をしている(ちなみにこいつが誕生した影響なのか、同話に登場する再生ショッカーグリードには以前僅かにあった蛇の造形部分が無くなっている)。

飛行能力に優れており、左手が鷲の足と思わせる爪となっており、これを使った急降下からの攻撃を得意としているほか、右手の蛇の口から強力なエネルギー弾を発射する能力を持っており、原作のゲルショッカー怪人同様にショッカーグリードよりも優れた戦闘能力を秘めている。

オーズと激闘を繰り広げるが、ガタキリバコンボにフォームチェンジしたオーズにあと一歩という所まで追い詰められしまうものの、それを見かねて駆けつけたデストロングリードによって救出される。

また、劇中では実験の一環として自身のコアメダルを使って映司をショッカーオーズに変貌させたほか、最終決戦においては満身創痍であったショッカー首領(この時の首領が姿が白骨死体なのは、デストロン首領のオマージュである為)に自身の体を構成するたった1つのコアメダルを他の人造グリードたちと共に捧げ、最強最悪のショッカーライダー(後にヘキサオーズと命名)へと変身させるなど、首領に対する忠誠心は他の5人同様に高く、自身のコアメダルを首領に捧げた後、その体は無数のセルメダルとなって消滅した。

関連項目

グリード(仮面ライダーOOO) 人造グリード 
ショッカーグリード 仮面ライダーオーズ

コメント