ピクシブ百科事典

目次[非表示]

津上翔一「………」

概要

 大地の力を宿した、仮面ライダーアギトの基本形態。
 武器は使用せず徒手空拳で戦う、パワーとスピードのバランスがとれたフォームである。
 『小説仮面ライダーアギト』ではフォームチェンジを行わないため、実質アギト=グランドフォームである。

 放送終了後に発売された書籍では「超越肉体の金」という異名で呼ばれている。

外見

 ダイヤモンド並みの硬度がありながらしなやかなアンダースーツ「アーマースキン」は黒で、アーマースキンの5倍の硬度を持つ胸部アーマー「パワーシェルアーマー」とアーマースキンの10倍の硬度を持つ腕アーマー「アームブロックシールド」は金色。複眼「コンパウンドアイズ」の色は赤く、クラッシャーが銀色で、五感をコントロールする角「クロスホーン」は普段は2本。
 胸部に力を制御する「ワイズマン・モノリス」が存在する。
 変身ベルトオルタリングはバックルの中央が金、右が赤、左が青。
 必殺技を放つ時のみクロスホーンが展開され、6本になる。

 なお氷川誠はこの形態を「第4号とよく似た戦士」と表現した。

スペック

身長195cm
体重95kg
パンチ力7t(通常時)/15t(クロスホーン開放時)
キック力15t(通常時)/30t(クロスホーン開放時)
ジャンプ力30m(一跳び)
走力5秒(100m)
聴力人間の数十倍(調整も可能)
視野200度(上下)、225度(左右)


(※)視力は10km先の人間の顔がわかるほどで、アギトの覚醒前が超能力者とされる事もあってか、厚さ5mの鋼鉄の壁も見通せる。夜間ではコンパウンドアイズが「スターライトモード」に移行する為、視力に困ることはない。


必殺技

ライダーキック

 クロスホーンが展開した後、足元にアギトの紋章が出現する。それが右足に収束され、跳び蹴りを放つ。書籍では「大地のエネルギーを吸収して放つ」とある。
 ピスキス・アラパイマとの戦いではサマーソルトキックバージョンを使用してG3-Xのケルベロスに繋げた。
テオスに対して放とうとした際には紋章から発火させられ、全身を焼き尽くされそうになるが、葦原によって全焼する前に救出された。

ダブルライダーキック

 『仮面ライダー龍騎』のハイパーバトルビデオで使用。
 アギトのライダーキックと、それを見よう見まねした仮面ライダー龍騎のキックによる同時攻撃。

ライダーアタック

『正義の系譜』で初登場。
クロスホーンを展開せずに放つ技で、やっていることはまんまV3反転キックである。

ライダーシュート

本来はトリニティフォームの技だが、『正義の系譜』ではこの姿で使用。
クロスホーンを展開し、両足でライダーキックを放つ。

ライダーブレイク

 マシントルネイダースライダーモードから繰り出されるライダーキック。スライダーによる加速で威力が増大、防御力の高い敵をも粉砕する。

ライダーパンチ

 本来はライダーキック同様にクロスホーンを展開して放つが、オウルロード戦では展開しないままだった。『正義の系譜』ではクロスホーンを展開して放っている。

ライダーチョップ

 設定のみの必殺技で、『正義の系譜』で初使用。クロスホーンを展開させ、黄金に輝く手刀で敵を切り裂く。『シティウォーズ』でも通常技として採用されている。
 『平成ジェネレーションズforever』ではクロスホーンを展開せずに使用。手刀そのもので攻撃するというより、腕から伸びた光の刃で切り裂く技として描かれている。

ショルダータックル

肩の「ショルダーアームズシールド」の鋭さを生かした体当たり。
造形物を痛めるというメタ的な事情で使用されず(肩の鋭い他のライダーでもよくある事である)。

クラッシャー

顔に備わった牙。怪音波を放つとされる他、アマゾンライダーのように噛みつきも可能…なのだが、イメージ的に合わないためか未使用に終わる。

関連タグ

仮面ライダーアギト
ランドドラゴン(グランドフォームと同じく「がモチーフで土属性」の形態)

基本フォーム ゴールドヒーロー

マイティフォームグランドフォームノーマルファイズ

関連記事

親記事

AGITΩ かめんらいだーあぎと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グランドフォーム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「グランドフォーム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 397855

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました