ピクシブ百科事典

天条隆顕

てんじょうたかあき

天条隆顕とは、仮面ライダーアマゾンズに登場する人物の名称である。

「もの喰わぬ生命体など最弱にして下劣‼」
演:藤木孝

概要

野座間製薬会長を務める初老の男。72歳。

一癖も二癖もある会社の幹部たちを一手に纏め上げてひれ伏せる程の圧力を兼ね備えた人物で、水澤令華橘雄悟とは別次元で、アマゾン細胞の魅力に取りつかれており、社会に解き放たれてしまったアマゾンたちを駆除することこそが自社の躍進の要だと考えている。

その為に現実が見えていない幹部たちに敢えて駆除の様子を中継して見せ付ける事で現状の把握を迫るなどの行動を見せている。

また、アマゾンを極秘裏に処分している理由をコストの問題や不祥事の隠蔽ではなく、アマゾン細胞の存在を他社から隠すためといい切ったり、橘雄悟の自信作であるアマゾンシグマ“最弱にして下劣”と批判し、特殊研究開発本部が打ち出した“対アマゾンガス”を利用して街中に散布しアマゾンを一網打尽にするアマゾン駆除作戦トラロックをそこから生き残るアマゾンの選別をする行為として評価するなどあくまでも自分の欲求のみで行動するその姿は鷹山仁から「一番おかしいのはアンタ」と批難される程にどこか狂気じみたものを感じさせるが…?

以下ネタバレ

























「人を喰らうアマゾン、それを喰らう鷹山仁、そしてその双方を喰らう水澤悠。この街に新しい生態系が生まれたのだ‼」

如何やら二年前に起きたアマゾン流出事件の真相は意図的な物で、それを支持した人物とは他ならぬ天条隆顕自身であることがシーズン1の最終回で仄めかされているが、その真意は不明。

少なくとも完全な生命体(?)を求めているといっている事から、人間の手でそれを生み出すための下準備として人間社会に新たな生態系を持ち込むことが彼の目的の1つであるようだが…?

そういう点ではバイオハザードオズウェル・E・スペンサーと共通している部分が認められるが詳細は不明。

シーズン2では衰弱が進んだ事で病床に臥せっており、寝たきりの状態となっている。しかしアマゾンに対する執着は相変わらずで、令華と共に旧駆除班を裏から支援している。

余談

モデルは黒幕全ての元凶のような雰囲気を漂わせている事から、真の支配者/真のゼロ大帝だと思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「天条隆顕」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 598

コメント