ピクシブ百科事典

ウミヘビアマゾン

うみへびあまぞん

『仮面ライダーアマゾンズTHE MOVIE 最後ノ審判』に登場する怪人。
目次[非表示]

「その代わり、食糧を分けてくれませんか?野菜とか・・・最悪・・・”肉”でもいいんですけど」
「施設に帰ろう。『喰うか喰われるか』・・・それだけじゃない生き方があるかもしれないから」
演:鈴木つく詩

概要

海蛇の形をしたアマゾン。ウミヘビをモチーフにした怪人に、青いウミヘビが巻きついたような姿をしている。ウミヘビ様の伸縮自在の右腕や、しなやかな足で敵を絞め殺す柔軟かつ獰猛な戦法と得意としている。

人間態はある目的で運営されている某施設から脱走した少女・ミナ。同じく脱走者のサンゴ・ヨージと共にとある廃屋に潜伏しており、3人のうちのリーダー格。

負傷した水澤美月の治療のために廃屋にて薬を失敬しようとした福田以外の駆除班と遭遇。彼らを喰らうべく鉄パイプで殴打し気絶させ、拘束した後に、薬を必要とする者がまだ拘束されず残っていることを察して外に出、福田のみならず幌に隠れていた美月も手にかけんとする。美月から、ミナを含めた施設のアマゾンに生きていて欲しいこと、人を食べなくても生きているアマゾンがおり、彼にも生きていて欲しいと告げられて心を動かされる。
サンゴたちの下に戻り、施設に戻ってやり直すことを提案。生きることそのものへの肯定感と希望を抱き、志藤たちの拘束を解き、「喰うか喰われるかだけじゃない生き方を模索すべく」全員で廃屋を後にする。











打ち砕かれた希望

札森「黒崎さ~~ん、やぁ~っぱりですよ~~」
黒崎「お前ら(駆除班)こそ何時からアマゾン親衛隊になった?”お互い”アマゾン狩るのが役目だろうが」

その場に表れたのは銃を持って取り囲む4C隊員。これを受けて「嵌められた」と誤認し、絶望からアマゾン態になってしまう。

「嫌ア゛ア゛ア゛ア゛アアアア!!!!!!」

戦闘ではしなやかな身体を活かしての体術で隊員の攻撃をすり抜け、首に両足をかけて絞殺ながら右腕を伸ばしての攻撃を行うというかなり器用な一面を見せた。黒崎を右腕で拘束するも、福田の銃撃を受けて右腕を切断されるが、即座に再生。最終的には駆除班の電気ワイヤーに拘束され、最期は望にナイフで首を斬られ絶命、3体のうち最後の退場となった。

三崎「なんだか・・・やりきれねぇな・・・。」
志藤「いつまで続けんだ・・こんなこと・・・。」

余談

スーツはカマキリアマゾンサイアマゾンなどに使用された、season2にて用いられた流用のためのスーツの再使用と思われる。

関連タグ

仮面ライダーアマゾンズアマゾン(仮面ライダーアマゾンズ) 最後ノ審判

海蛇

海蛇男ゴ・ベミウ・ギサーペントアンデッド…こちらも海蛇の怪人。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウミヘビアマゾン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272

コメント